思考法

仕掛けられる側と仕掛ける側と実はもう一つあるって話~起業家に会ってきたパート1~

投稿日:

先日、とある起業家に会って、話をする機会がありました。

知り合いに紹介されたのですが、話していてとても共感するところがある方でした。

話をして、改めて思ったことを書きます。

セルフイメージが高いっていいね

セルフイメージ

 

その起業家曰く、

ビジネスを1から立ち上げるのは簡単。

今、文無しになっても1週間以内で100万円稼ぐことができます。

とのことです

「ずいぶんな自信家だなあ」と思いましたが、でも、それくらいのセルフイメージはあるのは、稼いでいる起業家ならではなんでしょう。

やっぱり、セルフイメージが高い人と会うとパワーもらえますね。

仕掛ける側と仕掛けられる側

その起業家は、こんなことも言っていました。

ビジネスは、仕掛ける側と仕掛けられる側で大別することができます。

そして、実はもう一つ存在します。

と。

それは、

プロモーターです。

と。

プロモーターって、一般的な意味としては、「販売活動を促進する人」です。

例えば、音楽のCDのプロモーターとか、化粧品のプロモーターとか。

そういうプロモーターさんは、CMとか、イベントとかを企画してものを売れるようにしていきます。

ここでいうプロモーターっていうのは、「仕掛ける人の裏にいる仕掛ける人」ってことにします。

仕掛けていると思っていても、実は仕掛けられているってことってあるんです。

仕掛ける人を仕掛けている人がいるんです。

それが、プロモーター。

悪い言い方で言えば、「黒幕」です。

ネットビジネスの業界の悲惨なイメージについて

お金

 

わかりやすいのが、ネットビジネスの業界。

「ワンクリックで百万円!」

「数秒で億を稼ぐ!」

「現金自動製造機!」

「サルでも稼げる!」

そんな怪しげなことを言っているページを見たことありませんか?

そんな怪しげなページには、決まってその方法で稼いだとされる人が笑顔で(誰のものかよくわからない)札束を持って出ていたり、(誰のものかよくわからない)スーパーカー?に乗っていたりします。

この人は、稼いでいて、仕掛ける側だと気づける人は気づけるでしょう。

でも、その裏にはプロモーターって人たちがいるんですよね。

顔を出さずに裏で動いている人が。

プロモーターは、何か武器を持っている人に近づいて、その武器を世に売り出します。

あるいは、自分が武器を持っていき、その武器を使って、世に広めてくれと提案します。

実は世の中すべてといっていいほどそんなプロモーターのような人が裏にいるんです。

注意しないとプロモーターにやられる?

このプロモーターって概念を意識していないと、ひどい目に合うこともあります。

実は自分は仕掛ける側だと思って、「よし稼ぐぞ!」と奮起しても、その稼ぐために「これが必要、あれが必要」とか言って、何か色々買ってしまい、気づいたら借金を負っているとか。

それは、仕掛けているのではなく、もはや仕掛けられているのです。

でも、ネットで売っている情報商材や塾には、まっとうなものも多くあるのも事実です。

結論

で、結論としては、みなさん、真の仕掛ける側になっていきましょう!ということを書きたいです。

「どうやって真の仕掛ける側になるの?」

自分で考えるのが一番ですが、

それについては、また機会があれば書いていきたいと思います。

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-思考法
-, , ,

Copyright© てぃかしのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.