IT スマホ

JCN主催「スマホドクター」FCの評判は?芸能人のヒロミとの関係

JCN主催「スマホドクター」のFCとしての評判は?芸能人のヒロミとの関係

スマホドクターでは、芸能人ヒロミさんがイメージモデルとして起用されており、利用者からの高い評判、そしてJCN株式会社の強力な運営という三つの柱があります。

この記事では、スマホドクターとヒロミさんとの関係、スマホドクター関連の評判、そしてJCN株式会社による戦略的な運営が同社の成功にどう貢献しているのかを深掘りします。

スマホドクターの全貌を明らかにし、その魅力を初心者から通に至るまで、すべての人が理解できるように解説します。

スマホドクターのフランチャイズに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

スマホドクターとは?サービスと事業概要

スマホドクターは、JCN株式会社(Japan Communication Networks)が展開するフランチャイズビジネスです。

このサービスは、スマートフォンの修理やメンテナンスを専門としており、画面の損傷やバッテリーの交換といった一般的なスマートフォンのトラブルに素早く対応しています。

また、スマホドクターは、家電製品や住宅設備の故障にも対応しており、電話一本で修理の手配を代行するサービスも提供しています。

スマホドクターを運営するJCN株式会社は、2022年3月28日に設立された会社で、資本金は900万円です。

代表取締役は岩崎裕成氏が務め、本社は福岡市城南区に位置しています。

スマホドクターの基本的な事業内容

スマホドクターは、スマートフォンの修理やサポートに加え、独自回線販売やドクターパッドの販売、データサービス提供など複数の収益源を持つビジネスモデルを展開しています。

JCN株式会社が提供するMVNO回線「d-mobile」をはじめ、独自のタブレット「ドクターパッド」やデータプラン「ドクターデータ」の販売を通じ、顧客に多様な選択肢を提供し、各サービスから継続的な報酬を得ることが可能です。

また、端末修理サポートサービスやSoftBank光・Airの取次ぎ、不要なスマホやサブスクリプションの診断と削除代行などを通じて、顧客のニーズに応えるだけでなく、地域社会に貢献するサービスを提供しています。

これらのサービスは、スマホドクター事業の収益性を高め、独立したビジネスオーナーとして成功を収めるための鍵となります。

JCN株式会社による運営と企業情報

JCN株式会社は、2022年3月28日に設立された企業で、資本金は900万円です。

岩崎裕成を代表者とし、福岡市城南区に所在地を構えるこの会社は、MVNO事業やフランチャイズ事業を主な事業内容としています。

スマホドクターの運営を通じて、加盟店に対して多様なサービスと柔軟なフランチャイズシステムを提供し、加盟店の成長をサポートしています。

フランチャイズシステムでは、法人及び店舗経営者が対象となり、加盟金は330,000円(税込)で、これには研修費や販促物、初月度のロイヤリティが含まれます。

月額のロイヤリティは19,800円(税込)で、システム利用料が含まれており、ノルマや指定エリアは設けられていません。店舗形態は移動式、固定式、仮設店舗など多岐にわたります。

スマホドクターのフランチャイズシステム

スマホドクターはフランチャイズシステムを採用しており、全国規模でサービスを展開しています。

フランチャイズシステムにより、統一されたサービス品質を全国各地で提供することが可能です。

フランチャイズ加盟店は、継続的な研修とサポートを受けることもできます。

北海道から沖縄まで、フランチャイズ店が存在し、地域に密着したサービスを提供。

スマホドクターのフランチャイズシステムは、全国的なネットワークを活用し、地域に根差したサービスを展開しています。

スマホドクターは、専門性と信頼性を兼ね備えたスマートフォンの修理サービスを全国規模で提供し、スマホユーザーの日常生活をサポートしています。

スマホドクターの評判

スマホドクターは、スマートフォンの修理サービスを提供するフランチャイズとして、展開していますが、全国各地で開業をする方が出てきています。

スマホドクターを出店している方の評判(ポスト)には、下記のようなものがあります。

これらのポストはスマホドクターのフランチャイズ店舗からのもので、顧客への積極的なアプローチとサービスが提供されていることがわかりますね。

無料診断や相談、シニア向けのスマホ教室の開催など、地域社会に密着した活動を行っていることが伺えます。

これらの取り組みは、顧客のニーズに応え、スマートフォンの使用に関するあらゆる問題や疑問を解決しようとするポジティブな姿勢を感じます。

スマホドクターと芸能人「ヒロミ」との関連性

スマホドクターとヒロミ

スマホドクターのパンフレットや看板には、芸能人のヒロミさんの写真が掲載されています。

ヒロミさんが出演しているPR動画もあります。

これを見ると、ヒロミさんがスマホドクターを支持していると思う人もいるかもしれませんが、実はそういうわけではなさそうです。

ヒロミさんは、「ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)」のアンバサダーを務めています。

ACCEL JAPANは、企業が著名タレントの写真や動画を使用してブランディングやPR活動を低コストで行えるプロモーションツールと、経営者の学びと交流を深めるプラットフォームを提供します。高額な広告契約料不要で、月額のみで利用可能です。

もちろん、審査はありますが、ACCEL JAPANに利用料を支払えば、ヒロミさんなど、様々な芸能人の写真や動画をPR活動で使用できるということです。

その審査を通過したということですから、スマホドクターはその面では信頼度はあると言えるでしょう。

スマホドクターのビジネスモデルと市場展開

スマホドクターのビジネスモデルと市場展開は、スマートフォン修理業界におけるその地位と成功を理解する上で重要です。このセクションでは、スマホドクターのマーケット戦略、携帯電話市場におけるスマホドクターの位置付け、そしてフランチャイズ事業の収益モデルについて詳しく見ていきます。

スマホドクターのマーケット戦略

スマホドクターの最適なマーケット戦略は、NTTドコモのような大手キャリアの撤退と市場の変化を活用することです。

ドコモショップの閉店計画を背景に、サービス提供が不足している地域や、新規回線獲得が難しい小規模市場に焦点を当てるべきです。

ドコモショップの閉店計画

これらのエリアにおいて、修理やメンテナンス、地域に根ざしたカスタマイズされたサービスを提供することで、市区町村レベルでのニーズを満たし、顧客基盤を拡大することが可能です。

また、少子化の影響を受ける地方の市場では、シニア層など新たな顧客セグメントの開拓が有効となるでしょう。

携帯電話市場におけるスマホドクターの位置付け

MNOとMVNO

スマホドクターは、携帯電話市場において、主要なモバイルネットワークオペレーター(MNO)とは異なる位置にあります。

スマホドクターが販売するd-mobileはJCN株式会社がdocomo社から調達したMVNO回線です。

3大キャリアとMVNO

MNOが直接的な通信サービスを提供するのに対し、スマホドクターは、サービスやメンテナンスを専門とする第三者として機能します。

また、スマホドクターはモバイル仮想ネットワークオペレーター(MVNO)と連携しています。

これにより、端末の修理やメンテナンスサービスを提供しつつ、MVNOを通じて通信サービスも顧客に提供できる独自の市場ニッチを確立していると考えられます。

スマホドクターのフランチャイズ事業としての収益モデル

スマホドクターのフランチャイズ事業は、独自の収益源を活用して多角的なビジネスモデルを実現しています。このモデルは6種類の収益源に基づき、地域社会のニーズに応えつつ、フランチャイズオーナーに安定した収入を提供することを目的としています。

スマホドクター6種類の収益源

まず、独自のMVNO回線「d-mobile」の販売を通じて、顧客に高品質な通信サービスを提供しながら、売上の30%を継続的な報酬として得ることができます。加えて、専用デバイス「ドクターパッド」やデータサービス「ドクターデータ」の販売も、同様に30%の報酬を生み出します。

修理サポートサービスの取次ぎによる小額ながら安定した収入や、SoftBank光・Airの高額報酬もフランチャイズの魅力的な収益源です。さらに、不要なサブスクサービスの削減代行や、独自のスマホスクール開校による教育サービス提供、およびスマートフォンの買取・販売を通じた利益も見込めます。

これらの収益源は、初期投資や維持コストを考慮しても、フランチャイズオーナーにとって魅力的な選択肢となります。特に、独自のサービス展開を通じて地域社会に根差したビジネスを行うことで、顧客からの信頼を獲得し、長期的な関係を築くことが可能です。

加盟金やロイヤリティといったコストも明確で、これらを支払うことでブランドの使用権や初期のトレーニング、販促物の提供など、事業開始に必要なサポートを受けることができます。拠点を追加することにより、さらなる成長と収益の増加も見込めるでしょう。

スマホドクターのフランチャイズ事業は、技術的な支援だけでなく、顧客のコミュニケーションライフを支えるサポーターとして、独立したビジネスオーナーとして成功の道を歩むための理想的なプラットフォームを提供します。

スマホドクターの「d-mobile」「ドクターパッド」コースの概要とその継続報酬

スマホドクターは、自社ブランドである「d-mobile™」と「ドクターパッド™」を展開し、docomoのMVNO回線を活用した通信サービスを提供しています。サービスの選択肢は、個人のニーズに応じた柔軟なオプションを含んでおり、利用者は自分に適したプランを選ぶことができます。

「d-mobile™」プランでは、月額4,860円(税込5,346円)で、音声通信に加えて、1G/日のデータ通信(月間30G相当)が利用可能です。また、SMS機能も搭載しており、端末は別途用意する必要があります。このプランは、新規または他社からの乗り換え(MNP)ユーザーに24時間通話かけ放題を提供し、12ヶ月の契約期間が定められています。

一方、「ドクターパッド™」プランでは、月額費用は「d-mobile™」と同じく4,860円(税込5,346円)で、音声通信は提供されず、データ通信量は2.5G/日(月間75G相当)となっています。SMS機能はこちらにも含まれ、特典としてタブレットが提供されます。このプランの契約期間も12ヶ月ですが、タブレットの割賦期間は36ヶ月となっています。

どちらのプランも、継続報酬として月額費用の30%に相当する1,458円が提供されるため、長期にわたって安定した収入源となり得ます。これらのプランは、スマホドクターが顧客の多様な要望に応えるために工夫を凝らしたサービスであり、各々のニーズに合わせて柔軟に選択できる点が特徴です。

スマホドクターに関するよくある質問

以下、スマホドクターに関するよくある質問とその答えを5つ作成しました。

スマホドクターのフランチャイズで提供される主なサービスは何ですか?

スマホドクターのフランチャイズでは、独自回線販売、つながる修理サポート、独自スマホ診断、SoftBank光・Air取次、独自スクール開校、独自買取サービス、独自端末販売など、多岐にわたるサービスを提供しています。

スマホドクターのフランチャイズで期待できる収益源はどのようなものがありますか?

スマホドクターでは、独自回線の販売から始まり、修理サポートサービス、光回線の取次ぎ、スマホ診断、スマホの買取と販売など、複数の収益源から利益を得ることができます。これらは継続的な報酬や、一度の取引での報酬など様々です。

スマホドクターのフランチャイズの加盟金とロイヤリティはいくらですか?

加盟金は330,000円(税込)で、これには研修費、販促物、初月度ロイヤリティが含まれます。月額のロイヤリティは19,800円(税込)で、これはシステム利用料を含んでいます。

スマホドクターのフランチャイズにはどのような形態がありますか?

スマホドクターのフランチャイズには、移動式店舗、固定店舗、仮設店舗など、さまざまな形態があります。オーナーは自分のビジネススタイルに合わせて選ぶことができます。

スマホドクターのフランチャイズ事業を始めるために必要な資格や条件はありますか?

スマホドクターのフランチャイズを始めるためには、法人または店舗経営者であることが必要です。また、特定のノルマや指定エリアは設けられておらず、サポートとトレーニングを受けた後、ビジネスを開始できます。

まとめ

スマホドクターのフランチャイズは、JCN株式会社が展開する修理専門サービスとして、顧客から高い評価を受けています。画面の割れやバッテリー交換など、日常的に起こるスマートフォンのトラブルに迅速に対応し、家電製品や住宅設備の故障にも対応する幅広いサービスを提供しています。さらに、芸能人ヒロミさんをイメージモデルに起用するなど、マーケティング戦略にも力を入れており、JCN株式会社の戦略的運営が成功に貢献しています。

フランチャイズシステムの導入により、統一されたサービス品質を全国に提供。独自の通信サービス「d-mobile」や「ドクターパッド」を通じて、地域社会への貢献と顧客満足度の向上を目指しています。これらの通信サービスは、顧客に対する追加価値を提供し、フランチャイズオーナーに対しては、継続報酬を通じた収入源をもたらしています。

スマホドクターのフランチャイズ加盟は、330,000円(税込)の加盟金と19,800円(税込)の月額ロイヤリティで可能。研修や販促物の提供など、加盟店の成長を全面的にサポートする体制が整っており、加盟後は多角的なビジネスモデルからの収益を見込むことができます。顧客の直接的なニーズに応えるサービスを提供し、独立したビジネスオーナーとしての成功を目指す、理想的なプラットフォームと言えるでしょう。

スマホドクターのフランチャイズに興味がある方は、下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

スマホドクターについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。

スマホドクター フランチャイズ どれくらい儲かる? 収益源や仕組みを どこよりも詳しく解説
スマホドクターとは?フランチャイズ店舗が儲かる理由、収益源や料金等も解説

※本ページ内で使用している画像は、スマホドクター公式サイト等から引用しているものです。 スマホドクターのフランチャイズで、未来のビジネスリーダーへの一歩を踏み出しませんか? スマホを使っていな人は最近 ...

続きを見る

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

  • この記事を書いた人
てぃかし プロフィール画像

てぃかし

当ブログの運営責任者。 エンジニア、プログラマー、YouTuber、ブロガー、Webマーケター。 1987年生まれ。 滋賀県出身。 同志社大学 工学部 エネルギー機械工学科 卒業。 滋賀に18年、京都に4年、大阪に3年半、東京に7年ほど移り住む。 その後、滋賀に戻り、これまでの経験をもとにフルリモートで様々な仕事をこなしている。 経験した仕事は、数学の塾講師、マーケティングコンサルタント、エンジニア、SEOコンサルタント。個人では、ブログ運営、YouTubeの企画・撮影・動画編集を1人で行なっている。 YouTubeでは主にプログラミングスクールの体験談やエンジニア転職の方法を実体験をもとに配信することから始め、人生で役立つハウツーを発信。 blogでは、YouTubeでは話さない役立つ内容やお得情報を執筆。 プログラミングスクール「テックキャンプ」のアンバサダーに認定され、テックキャンプアンバサダーとして、テックキャンプ関連の情報発信や相談も行なっている。

-IT, スマホ
-, , , , , ,