IT スマホ 副業

スマホドクターとは?フランチャイズ店舗が儲かる理由、収益源や料金等も解説

※本ページ内で使用している画像は、スマホドクター公式サイト等から引用しているものです。

スマホドクター フランチャイズ どれくらい儲かる? 収益源や仕組みを どこよりも詳しく解説

スマホドクターのフランチャイズで、未来のビジネスリーダーへの一歩を踏み出しませんか?

スマホを使っていな人は最近ではほぼいないといっていいでしょう。

スマホの回線料金を毎月支払うのは当たり前のことですが、そこから収益が見込めるとしたら、良いですよね。

スマホドクターは、そんな固い収益が見込めます。

リーズナブルな初期投資で始められるスマホドクターのフランチャイズは、研修から販促物、車両リースまで全面的なサポートを提供。

地域社会に根ざしたサービスで、顧客と直接つながり、信頼を築きます。詳細はお問合せボタンから。あなたの起業家精神を、スマホドクターで花開かせましょう。

本記事では、スマホドクターのフランチャイズについて詳しく説明します。

内容は以下の目次の通りです。

スマホドクターフランチャイズの概要

スマートフォンの故障やトラブルは日常生活で頻繁に起こります。そんな時、信頼できるスマホのプロがいれば心強いですよね。

スマホの料金が高すぎる…

格安スマホの申し込み方がわからない

設定ができない…

スマホが故障した…

そんな人を救うためにスマホドクターというサービスがあります。

スマホドクターのフランチャイズは、そんなニーズに応えるサービスを提供しています。では、スマホドクターの具体的な役割と評判について、専門家の視点から見ていきましょう。

スマホドクターとは何か?

スマホドクターは、JCN株式会社(ジャパンコミュニケーションネットワークス)が主催するフランチャイズ事業です。

スマホドクターとJCN

スマートフォンの修理・メンテナンスを専門に行うサービス提供者です。

スマホドクターでは、画面の割れやバッテリーの交換など、日常的に起こるスマートフォンの問題を迅速に解決します。

スマホドクターでは、ご自宅にある家電機器や住宅設備機器に故障が発生した際に、お電話1本でお客様に代わって、修理を手配しています。

スマホドクターの概要は以下のとおりです。

JCN株式会社は、2022年3月28日に設立され、資本金は900万円です。代表者は岩崎裕成氏で、福岡市城南区に所在しています。

フランチャイズ情報

フランチャイズに関連する情報は以下の通りです。

  • フランチャイザー: JCN株式会社
  • フランチャイジー: 法人及び店舗経営者のみ(個人不可)
  • 加盟金: 330,000円(税込)- 研修費、販促物、初月度ロイヤリティ含む
  • ロイヤリティ: 月額19,800円(税込)- システム利用料含む
  • 条件: ノルマなし、指定エリアなし
  • 店舗形態: 移動式店舗、固定店舗、仮設店舗など

提供サービス一覧

スマホドクターでは以下の独自サービスを提供しています。

  1. 独自回線販売
  2. つながる修理サポート(M)取次
  3. 独自スマホ診断
  4. SoftBank光・Air 取次
  5. 独自スクール開校
  6. 独自買取サービス(要古物商)
  7. 独自端末販売

企業情報

スマホドクターを主催するJCN株式会社の企業情報は下記の通りです。

  • 会社名: JCN株式会社
  • 設立日: 2022年3月28日
  • 資本金: 900万円
  • 代表者: 岩崎裕成
  • 所在地: 〒814-0104 福岡市城南区別府1-21-24-1F
  • 電話番号: 092-600-1120
  • 事業内容: MVNO事業、フランチャイズ事業
  • 電気通信事業届出番号: H-04-01765

スマホドクターは、多様なサービスと柔軟なフランチャイズシステムを通じて、加盟店に多方面からのサポートを提供しています。

現状の携帯電話市場

日本の携帯電話市場は2億回線という巨大市場を誇りながらも、その風景は大きく変化しています。NTTドコモが示した約3割にあたる700店舗のドコモショップ閉店の決定は、市場の飽和状態と新規顧客獲得の難しさを象徴しています。

3大キャリアショップ数

特に、人口減少が進む地方ではキャリアショップの維持が困難になっており、新規顧客層とされる小学生をターゲットにした従来のビジネスモデルの限界が露わになっています。

市区町村の約半数は、キャリアショップがまったくない「空白地域」

引用元:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/mca/1337109.html

このような状況は、スマホドクターのような新しい形のフランチャイズビジネスにとって、大きなチャンスを意味しています。伝統的な店舗に依存せず、移動式店舗やオンラインサービスを駆使することで、顧客に直接アプローチし、より柔軟かつ効率的にサービスを提供することが可能です。スマホドクターのフランチャイズに興味があるなら、この新しい機会を活かし、地域コミュニティに密着したサービスを提供することで、事業の成功を築いていくことができるでしょう。

現代の携帯電話市場において求められるのは、革新的なアプローチと顧客との直接的な関係構築です。スマホドクターのフランチャイズは、そんな時代のニーズに応え、持続可能なビジネスモデルを提供します。今こそ、新しいビジネスの舵を取り、市場の変化をチャンスに変える時です。興味を持たれた方は、今すぐお問い合わせください。

スマホドクターの収益源7種類

スマホドクター事業を展開する際、多様な収益源を活用することが可能です。以下の7つの収益源は、スマホドクターを成功させる鍵となります。

  1. 独自回線販売
    JCN株式会社がdocomo社から調達したMVNO回線、d-mobileの販売を通じて、30%(1,458円)の継続報酬が得られます。
  2. ドクターパッドの販売
    専用のタブレットデバイス「ドクターパッド」の販売により、同様に30%(1,458円)の継続報酬が可能です。
  3. ドクターデータの販売
    データサービス「ドクターデータ」を販売することで、30%(858円)の継続報酬を得られます。
  4. つながる修理サポート(M)取次
    月額550円(税込)で提供される端末修理サポートサービスの取次ぎを行うことで、100円の継続報酬を得ることができます。
  5. SoftBank光・Air 取次
    SoftBankの光回線やAirサービスの取次ぎを行い、申し込みごとに報酬単価36,000円を得ることが可能です。
  6. 独自スマホ診断
    不要なサブスクサービスの無料診断と削除代行を行い、削減額の3ヶ月分を収益として得ます。
  7. 独自スクール開校 & 独自買取サービス & 独自端末販売
    スマホの無料スクールを開講し、30分を超えると有料(30分1,000円)になります。また、お客様からスマホを買い取り、JCNへ郵送することで利益を得ることができます。さらに、メモリ8Gの高性能スマホを2万円で仕入れ、3万円以上で販売することも収益源となります。

これらの多様な収益源は、スマホドクター事業を魅力的な選択肢にします。初期投資や維持コストを考慮しても、これらのサービスを通じて安定した収益を生み出すことが可能です。スマホドクターを始めることで、地域社会のニーズに応えるだけでなく、独立したビジネスオーナーとして成功の道を歩むことができるでしょう。

収益源①独自回線販売サービス比較

スマホドクターのビジネスモデルは、独自のMVNO回線を通じて顧客に価値を提供することにあります。提供されるサービスは、「ドクターモバイル™」「ドクターパッド™」「ドクターデータ™」の3つのプランがあります。これらは、それぞれ異なるニーズに応える設計となっており、選択肢の幅広さが顧客満足を高める要因となっています。

サービス名ドクターモバイルドクターノーパックドクターデータ
月額基本料4,860円(税込5,346円)4,860円(税込5,346円)2,860円(税込3,146円)
継続報酬額1,458円(30%)1,458円(30%)858円(30%)
番号通話新規・MNP 24時間かけ放題なしなし
データ通信1G/日(月間30G相当)2.5G/日(月間75G相当)1G/日(月間30G相当)
SMS可能(課金あり)可能(課金あり)可能(課金あり)
端末なしタブレット付与なし
回線種別docomo MVNO回線docomo MVNO回線docomo MVNO回線
契約期間12ヶ月12ヶ月(撤退事業3ヶ月)12ヶ月

「ドクターモバイル™」は月額4,860円で、30%の継続報酬(1,458円)があり、MNP(他社からの番号移行)を24時間以内に対応するサービスです。データ量は1Gと必要十分で、特にシンプルなモバイルライフを求めるユーザーに適しています。

「ドクターパッド™」も同様の月額と報酬構造を持ち、タブレットユーザーに最適化されたプランです。データ量は2.5Gと余裕を持たせており、家庭やビジネスの多様な用途に対応します。

最も手頃な「ドクターデータ™」は月額2,860円で、30%の報酬(858円)を提供し、1Gのデータプランです。このプランはコストを重視するユーザーに最適です。

これらのプランは、docomoのMVNO回線を利用しているため、信頼性の高い通信品質が期待でき、12ヶ月の契約期間で顧客との継続的な関係を構築できます。

回線販売シミュレーション

スマホドクター事業において、独自回線の販売から得られる収益をシミュレートすることは、事業の潜在的な利益を理解する上で重要です。例えば、月間の契約数が増えるにつれ、30%の報酬は著しい増加を見せます。月に50契約を達成すれば、継続報酬は約72,900円になり、年間で約874,800円の収益となります。これを月間500契約にまで拡大すれば、継続報酬は月額729,000円、年間で約8,748,000円の収益を見込むことができます。

回線販売シミュレーション
月間50回線を3年間獲得した場合のシミュレーション

さらに、このシミュレーションは、時間とともに契約数が増加することで、3年間での総収益がいかに大きく変わるかを示しています。3年目には、月間50契約から36,000円の継続報酬があり、このペースで契約を獲得し続ければ、3年目の総収益は3,000,000円を超える見込みです。

スマホドクターを始めることで、努力と成長に応じた報酬を得ることができるという事実は、起業家精神に富んだあなたにとって、非常に魅力的な機会です。独自のビジネスを立ち上げ、継続的な収益を生み出し、お客様の満足を追求することができるのですから、これほどやりがいのある事業はそうありません。スマホドクターとして独自の回線を販売し、成功への道を歩んでみませんか?

なぜdocomo回線の販売ができる?

docomoなどの大手キャリアは、MNO(Mobile Network Operator)として自社の携帯電話網を保有しています。これに対し、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)は、これら大手キャリアのネットワークを借りて自社ブランドでサービスを提供します。

MNOとMVNO

スマホドクターが販売する「d-mobile」は、JCN株式会社がdocomoから調達したMVNO回線であり、そのためdocomo回線の販売が可能となっています。

スマホドクターとしてMVNO事業に参入することの魅力は、docomoなどの信頼性の高いネットワークを背景に、柔軟なサービス展開ができる点です。顧客は大手キャリアと同等の通信品質を期待しつつ、より個性的でカスタマイズされたサービスを受けることができます。

3大キャリアとMVNO

そして、スマホドクターとしては、継続報酬を含む収益のチャンスと、顧客に寄り添ったサービス提供が可能になります。

さらに、スマホドクターは、顧客により近い位置で対応できるため、地域社会に根差したビジネスを展開することができます。これは、特に地方においては大きな強みとなり得ます。通信サービスは日々の生活に不可欠なものであり、その提供者として地域に貢献することは、大きなやりがいにつながるでしょう。

スマホドクターとして活動することで、技術的な支援はもちろんのこと、人々のコミュニケーションライフを支えるサポーターとなることができます。

収益源②つながる修理サポート(M)取次とは?

「つながる修理サポート(M)」は、家庭内で使用されている複数のデバイスを保護するサービスです。月額550円(税込)で家族全員の端末が保護の対象となり、これによりスマホドクターとしては、100円の継続報酬を得ることが可能です。

つながる修理サポート(M)

このサービスは、日常生活で起こり得る様々なトラブルから端末を守り、安心してデバイスを利用できるようにすることを目的としています。

取り扱う修理対象は幅広く、画面割れや水没、充電不良、電源故障、音声不明瞭など、端末に関する一般的なトラブルをカバーしています。さらに、スマートフォンに限らず、タブレットやノートパソコン、さらにはワイヤレスイヤホンなどのアクセサリーもサポートの範囲内です。これにより、修理の際に発生する予期せぬ出費を抑えることができます。

スマホドクターとしてこのサービスを取り次ぐことで、顧客に対して追加価値を提供することができます。顧客が修理サポートサービスを利用することで、日々のデバイス利用において安心感を持ってもらうことができるため、顧客満足度の向上が見込めます。また、サービスの取り次ぎを通じて安定した副収入を得ることが可能となり、ビジネスの継続性と成長を支える強力な柱の一つとなり得ます。

スマホドクター事業を検討する際には、このような付加価値の高いサービスを提供することが、事業の差別化と顧客ロイヤリティの構築に繋がる重要な要素であると言えます。さらに、提供するサービスが実生活で直接的に役立つものであるため、顧客からの信頼を得やすく、地域社会への貢献も実感しやすいビジネスモデルです。安定した収益を生み出しながら、人々の生活を支えるサービスを提供することのできるスマホドクターは、まさに価値ある事業を求める方にとって理想的な選択かもしれません。

収益源③独自スマホ診断とは?

独自スマホ診断サービスは、顧客の携帯電話使用状況を分析し、不要な支出を削減することを目的としたコンサルティングです。多くのユーザーが、無意識のうちに多くのサブスクリプションや追加サービスに加入しており、その結果として月々の通信費が不必要に高くなっていることがあります。独自スマホ診断を通じて、これらの費用を見直し、顧客が実際に必要としているサービスだけに絞ることで、無駄な出費を削減し、経済的なスマートフォン利用を促進します。

スマホドクターのフランチャイズオーナーとして、この診断サービスを提供することで、顧客に対して直接的な節約効果をもたらすことができます。これは、顧客にとって明確なメリットがあり、同時に継続的な顧客関係を構築する機会を提供します。診断を通じて削減できた金額の一部を報酬として受け取ることができるため、フランチャイズオーナーにとっても持続可能な収益源となります。

収益源④Softbank光・Air取次とは?

Softbank光・Air取次サービスは、ソフトバンクの提供する光回線およびAirの無線通信サービスを顧客に紹介し、契約に成功した場合に報酬を得られる仕組みです。光回線やAirは、インターネットへの接続サービスとして広く普及しており、多くの家庭や事業所で必要とされています。スマホドクターとして、これらのサービスの取次ぎを行うことで、顧客が求める高速で安定したインターネット環境を提供することができます。

取次ぎを通じて、ソフトバンク光・Airの申し込みを斡旋すると、フランチャイズオーナーは高額な報酬を得ることができ、この報酬はフランチャイズの重要な収益の柱となり得ます。このような取次ぎサービスは、フランチャイズを運営する上での大きなインセンティブとなり、顧客に対しても信頼できるサービスを提供することができるため、フランチャイズのブランド価値を高めることにも繋がります。

スマホドクターのフランチャイズオーナーとしてこれらのサービスを提供することは、顧客の生活を豊かにするだけでなく、オーナー自身にとっても報酬と満足感の両方をもたらす魅力的なビジネスチャンスです。顧客のニーズに応えるサービスを提供することで、地域社会に貢献し、同時に安定した事業基盤を築くことができるのです。

収益源⑤独自スクール開校とは?

独自スクール開校は、スマホドクターのフランチャイズとして提供することができるサービスの一つです。このスクールでは、スマートフォンの基本的な使用方法から応用技術、安全なオンライン行動に至るまで、様々な知識とスキルを顧客に教えることができます。

学生が高齢者にスマホの使い方を教える

特に、テクノロジーに不慣れな高齢者や初心者が多い現代において、スマートフォンの操作を丁寧に教えることで、顧客のデジタルライフを豊かにし、技術的な障壁を取り除く助けとなります。

スマホの使い方 高齢者が市南

このスクールの開講は、地域コミュニティに対して大きな価値を提供することができるため、フランチャイズオーナーにとっては顧客との強い絆を築く絶好の機会をもたらします。最初の30分無料とすることで気軽に参加を促し、その後は有料のクラスを設定することで、継続的な収益源にもなり得ます。

独自スクール開校は、教育を通じて地域社会への貢献と、フランチャイズ事業の収益性の両立を目指せるサービスです。フランチャイズオーナーとして独自スクールを開講することは、教育者としてのやりがいと経済的なメリットを同時に享受できる、非常に魅力的な事業モデルです。地域のニーズに応えるサービスを提供することで、スマホドクターのフランチャイズは、顧客からの信頼と感謝を得ることができ、長期的なビジネスの成功に繋がるでしょう。

収益源⑥独自買取サービスとは?

独自買取サービスは、スマホドクターのフランチャイズが提供するプログラムで、顧客が使用しなくなったスマートフォンやタブレットなどのデバイスを買い取るサービスです。このサービスを通じて、顧客は不要になった端末を手軽に現金化でき、フランチャイズオーナーはこれらの端末を市場価値で再販することにより利益を得ることができます。独自買取サービスは、サステナビリティの観点からも注目され、顧客にとっては端末を有効活用する手段を提供し、オーナーにとっては新たなビジネスチャンスをもたらします。

収益源⑦独自端末販売とは?

独自端末販売は、スマホドクターのフランチャイズが独自に選定し仕入れたスマートフォンを、顧客に向けて販売するサービスです。このプログラムでは、高品質ながらも手頃な価格のスマートフォンを提供することができ、特にコストパフォーマンスを求める顧客にとって魅力的な選択肢となります。フランチャイズオーナーは、これらの端末を仕入れ価格以上で販売することにより、利益を得ることが可能です。

これらのサービスをスマホドクターのフランチャイズとして提供することは、顧客に対するサービスの幅を広げるだけでなく、フランチャイズビジネスの収益性を高めることに直結します。端末の買取と販売を一手に担うことで、一つのストップで複数のニーズを満たすことができ、顧客のリピート率を高めることが期待できます。スマホドクターのフランチャイズオーナーとしてこれらのサービスを展開することで、地域における信頼できるデバイスの専門家としての地位を確立し、持続可能な事業成長を目指すことができるでしょう。

1年後に7種の収益源を全て月間50件達成した場合の具体的な収益

スマホドクターのフランチャイズオーナーとして、7つの異なる収益源から安定的に月間50件の契約を達成することは、ビジネスの成功を示す重要なマイルストーンです。1年後にこれを実現した場合、フランチャイズオーナーは以下のような目安の収益を期待できます。

  1. 独自回線販売
    月間72,900円の収益が、年間で約874,800円になります。
  2. 修理サポート取次
    月間5,000円の収益が、年間で約60,000円になります。
  3. 独自スマホ診断
    年間の収益は顧客の節約額により大きく変動しますが、月間の収益が数万円であれば、年間で数百万円になる可能性があります。
  4. SoftBank光・Air取次
    月間1,800,000円の収益が、年間で約21,600,000円になります。
  5. 独自スクール開校
    収益はクラスの継続率によりますが、月間数十万円の収益が見込めれば、年間で数百万円になる可能性があります。
  6. 独自買取サービス
    収益は市場価格と仕入れ価格の差によりますが、月間数十万円の収益が見込めれば、年間で数百万円になる可能性があります。
  7. 独自端末販売
    月間500,000円の収益が、年間で6,000,000円になります。

これらを合計すると、1年後には数千万円の収益を見込むことができるかもしれません。重要なのは、これらの数字が可能性を示しているということであり、実際の成果はフランチャイズオーナーの努力と戦略によって左右されます。

スマホドクターのフランチャイズを運営することで、多角的なビジネスモデルによる収益の安定性と、顧客からの信頼獲得による事業の成長性を享受できます。これは、自身のビジネスを持つことの独立性と自由、そして地域社会への貢献を望む起業家にとって魅力的な選択肢です。自分のビジネスで成功を収めたいと考えるなら、スマホドクターのフランチャイズは、その理想を実現するための素晴らしいステップとなるでしょう。

スマホドクターの加盟金・ロイヤリティについて

スマホドクターのフランチャイズに加盟する際には、初期の投資として加盟金が必要です。この加盟金は、フランチャイズシステムへの入会費であり、具体的には330,000円(税込)が必要となります。これには、ブランドの使用権や初期のトレーニング費用、販促物の提供が含まれており、事業開始に必要な基本的なサポートが得られます。

項目説明備考
加盟金330,000円(税込)販促物、研修費用、初月ロイヤリティ含む
月額ロイヤリティ19,800円(税込)研修費追加ロイヤリティに加算
拠点追加8,800円(税込)/月同一法人内に限る 車両、店舗等
継続報酬日加盟金に含む1日講習+ウェブラーニング
継続報酬月公認講師が定める研修会参加費、リモート参加、実地体験
申込資格法人・店舗経営者リモート面談あり

また、フランチャイズとしての運営を継続するためには、ロイヤリティが発生します。これは、フランチャイズ本部への継続的な使用料であり、毎月19,800円(税込)を支払うことになります。ロイヤリティは、本部の継続的なサポートや、システムの利用、ブランドの価値維持などに充てられます。

スマホドクターの拠点の追加や料金について

フランチャイズオーナーとして成功を収めた後、さらなる成長を目指す一つの手段として拠点を追加することがあります。初期の拠点を安定させた後、追加の拠点を開設することで、ビジネスのリーチを拡大し、より多くの顧客にサービスを提供することができます。拠点を追加するためのロイヤリティは、初回の加盟金に続き、2ヶ月目から加盟店に毎月8,800円(税込)が加算されます。

スマホドクターの拠点

スマホドクターのフランチャイズを立ち上げ、拠点を増やすことは、起業家精神を持つ方にとって大きなチャレンジです。加盟金とロイヤリティを投資と捉え、これにより得られるブランドの価値、継続的なサポート、そしてビジネスの成長機会を最大限に活用することができます。拠点を追加することで、地域コミュニティにおけるプレゼンスを確立し、顧客基盤を拡大することが可能になります。スマホドクターのフランチャイズは、あなたの起業家としての夢を実現する強力なプラットフォームとなるでしょう。

スマホドクターと他社との比較

スマホドクターのフランチャイズは、他の同様のビジネス機会と比較して、独自の魅力と利点を持っています。加盟金は330,000円(税込)であり、これは他社のA社が3,850,000円(税込)+165,000円(税込)、B社が1,980,000円(税込)+1,430,000円(税込)と比較して大変リーズナブルです。これにより、初期投資を抑えながらビジネスを開始することが可能になります。

項目スマホドクターA社B社
加盟金330,000円(税込)3,850,000円(税込)
+165,000円(税込)
1,980,000円(税込)
+1,430,000円(税込)
月額ロイヤリティ19,800円(税込)46,200円(税込)55,000円(税込)
拠点追加加8,800円(税込)/月不可不可
回線種別継続30%継続15%継続17%
継続報酬日加盟金に含む不可330,000円

月間ロイヤリティも、スマホドクターは19,800円(税込)と他社よりも抑えられており、A社の46,200円(税込)、B社の55,000円(税込)に比べて低コストです。加えて、初期の準備金としての追加費用が不要である点も、スマホドクターのフランチャイズが魅力的な選択肢である理由の一つです。

スマホドクターのフランチャイズでは、毎月発生する回線の売上から毎月30%の収入が見込め、他社と比較しても高い利益率を誇ります。A社は継続収入としての報酬率が15%、B社は17%となっていますが、スマホドクターでは30%と非常に高い報酬率を提供しています。

スマホドクターのフランチャイズは、他社と比較してコストパフォーマンスが高く、起業家がビジネスを始めやすい環境を提供しています。低い初期投資でビジネスを始めることができるため、起業家は資金をより効率的に運用し、ビジネスの拡大に集中できます。スマホドクターは、起業家が自らの手で成功を築き上げるための実現可能なステップを提供し、充実したサポートと高い利益率で、その夢を実現する手助けをしてくれるでしょう。

スマホドクターの店舗の形態と1日の流れ

スマホドクターのフランチャイズでは、様々な店舗形態が提供されており、フランチャイズオーナーに合ったビジネスモデルを選ぶことが可能です。店舗形態は移動式店舗、仮設店舗、または定位置にある正規店舗があります。例えば、移動式店舗では、専用のデザインが施された車両を使用して、顧客の元へ直接出向きサービスを提供することができます。

スマホドクター移動式店舗

これにより、地域のイベントや集客が見込まれる場所で積極的にビジネスを展開することが可能になります。

1日の流れの例としては、朝は店舗の開店準備から始まります。移動式店舗の場合は、その日の訪問スケジュールに基づいてルートを計画し、車両を準備します。昼間は実際に顧客のもとを訪れ、スマートフォンの修理や相談に応じながら、新規の契約や販売も行います。夕方は日々の営業を終えて店舗に戻り、売上の集計、在庫の管理、次の日の準備を行います。

スマホドクターのフランチャイズを運営することは、単にビジネスを行うだけでなく、顧客に直接的な価値を提供し、彼らのデジタルライフをサポートすることを意味します。顧客のニーズに応えながら成長を実感できるという点で、スマホドクターのフランチャイズは特に魅力的です。オーナーとして自らのビジネスを構築し、多様な店舗形態を通じてサービスの提供方法を選べる自由さは、起業家精神に溢れた人々にとって理想的な環境といえるでしょう。

スマホドクターの研修制度と通信業の届出について

スマホドクターのフランチャイズを始めるにあたり、充実した研修制度が整えられています。新しいフランチャイズオーナーは、専門的な知識と技術を身につけるための研修を受けることができ、これにより事業を成功に導くための準備が整います。研修では、スマートフォンの修理方法、顧客サービス、製品知識、マーケティング戦略など、実際のビジネス運営に不可欠な要素が網羅されています。

また、スマホドクターのフランチャイズ事業は正式な通信業の届出を行っており、これにより信頼性と法的な基盤が保証されています。これは顧客にとっても大きな安心材料となり、法規制を遵守した安全で信頼できるサービスを提供できることを意味します。

フランチャイズオーナーとして、これらの制度を活用することは、ビジネスの確かなスタートを切るために非常に重要です。研修を通じて身につけた知識と技術は、スマホドクターのフランチャイズとしての日々の業務で活かされ、顧客からの信頼を得るための基礎となります。また、公的な届出によって、オーナーとしての事業の正当性を保ちながら、地域社会に対して責任あるサービスを提供することができます。

スマホドクターのフランチャイズは、しっかりとした研修と法的なサポートのもとで、通信サービス業としての質の高いサービスを提供する準備が整っています。これらの支援をバックに、技術革新が進む市場で独自の事業を築き上げたいと考えている方にとって、スマホドクターのフランチャイズは絶好のビジネスチャンスと言えるでしょう。

スマホドクターの販促物について

スマホドクターのフランチャイズを展開する際、効果的な販促物はビジネスの顔とも言える重要な要素です。これらは、ブランド認知の向上、顧客の興味を引き、サービス情報の提供に不可欠です。

スマホドクター販促物
  1. デジタルサイネージ
    技術の進歩を反映したデジタルサイネージは、動的なコンテンツで顧客の注意を引きます。常に最新情報を表示し、興味を持たせるための現代的な手法です。
  2. テント
    イベントや屋外での活動時には、スマホドクターのテントがブランドの存在感を示すだけでなく、作業スペースとしての機能も果たします。
  3. のぼり
    のぼりは、遠くからでも識別できるため、通行人にスマホドクターのサービスを効率よく告知するのに役立ちます。
  4. テーブルクロス
    イベントや店舗でのテーブルクロスは、プロフェッショナルな印象を与え、統一感のあるブランドイメージを強化します。
  5. 公式名刺
    一対一の顧客との接触において、公式名刺はプロフェッショナルな接点を提供し、連絡先やサービス情報を手渡す重要なツールです。
  6. チラシ/リーフレット
    詳細なサービス情報やプロモーションを伝えるために、チラシやリーフレットを配布することで、顧客の理解を深め、興味を促進します。
  7. 車両用ステッカー
    フランチャイズの車両に使用されるステッカーは、移動中も常に宣伝効果を発揮し、移動式店舗としての認知度を高めます。
  8. カーリース
    ブランドのロゴが入った車両をリースすることで、移動するたびにブランドを宣伝し、広範囲にわたるマーケティングが可能になります。
  9. 制服
    従業員が統一された制服を着用することで、チームとしての一体感とプロフェッショナリズムを外部に示します。

これらの販促物を駆使することで、スマホドクターのフランチャイズオーナーは、サービスの質とブランド価値を高めることができます。販促物は、お客様がスマホドクターを身近に感じるための架け橋となり、ビジネスの成長を促進する要素です。これらを活用することで、スマホドクターのフランチャイズは、市場での目立つ存在になり、競争力を高めることができるでしょう。

スマホドクターのフランチャイズに興味のある方へ

スマホドクターのフランチャイズに興味をお持ちの皆さん、あなたのビジネスの夢を現実に変える第一歩を踏み出しませんか?

革新的なサービス、充実した研修体制、効果的な販促物、そして堅実なビジネスモデルにより、フランチャイズ本部があなたが成功へと進む道をしっかりとサポートしています。詳細について知りたい、またはフランチャイズ加盟に関する具体的な質問がある場合は、お気軽にお問合せボタンからご連絡ください。

上記からご連絡頂ければ、スマホドクターのスーパーバイザー(管理者)にお繋ぎします。

あなたの疑問に答え、起業家としての旅立ちを全力で支援する準備ができています。今すぐアクションを起こし、スマホドクターのフランチャイズコミュニティの一員として、新しいビジネスの可能性を探求しましょう。お待ちしています!

スマホドクターテント

フランチャイズは難しそう…という人は「スマホマイスター」がおすすめ

スマホドクターは、フランチャイズなので、加盟料金がかかります。

どうしても加盟金が出せないという人は、スマホマイスターという資格を取得し、スマホ相談員として活動することも可能です。

スマホマイスターは、一般社団法人 日本電気通信媒介業協会が認定している資格です。

3時間程度の講習を受講した後、資格が発行されます。

講習会費用は3000円で、その他の費用はありません。資格なのでもちろん加盟金といった概念もありません。

興味のある方は、下記の記事をご参考ください。

スマホマイスター検定
スマホマイスター検定は国家資格?総務省との関係と格安SIM副業の稼げる仕組みを調査

今回はこのような疑問を持っている人向けの記事です。 2021年に国は高齢者へのスマートフォンの使用方法などを教える講習会を全国で2000か所近くの場所で開くことを明らかにしました。 内閣府の調査では、 ...

続きを見る

スマホマイスターのお問い合わせも下記ボタンからご連絡ください。

スマホドクターについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。

JCN主催「スマホドクター」のFCとしての評判は?芸能人のヒロミとの関係
JCN主催「スマホドクター」FCの評判は?芸能人のヒロミとの関係

スマホドクターでは、芸能人ヒロミさんがイメージモデルとして起用されており、利用者からの高い評判、そしてJCN株式会社の強力な運営という三つの柱があります。 この記事では、スマホドクターとヒロミさんとの ...

続きを見る

そもそも格安SIMの事業について、一般的なことを知りたい方は下記の記事をご参考ください。

格安SIM副業とは?格安スマホビジネスのモデルや起業方法も解説
格安SIM副業とは?格安スマホビジネスのモデルや起業方法も解説

今、格安SIM副業が注目を集めています。通信費を抑えたいという現代人のニーズに応えるこのビジネスは、代理店としてスマートフォン市場に新たな風を吹き込んでいます。 しかし、ただ参入するだけでは成功は手に ...

続きを見る

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

  • この記事を書いた人
てぃかし プロフィール画像

てぃかし

当ブログの運営責任者。 エンジニア、プログラマー、YouTuber、ブロガー、Webマーケター。 1987年生まれ。 滋賀県出身。 同志社大学 工学部 エネルギー機械工学科 卒業。 滋賀に18年、京都に4年、大阪に3年半、東京に7年ほど移り住む。 その後、滋賀に戻り、これまでの経験をもとにフルリモートで様々な仕事をこなしている。 経験した仕事は、数学の塾講師、マーケティングコンサルタント、エンジニア、SEOコンサルタント。個人では、ブログ運営、YouTubeの企画・撮影・動画編集を1人で行なっている。 YouTubeでは主にプログラミングスクールの体験談やエンジニア転職の方法を実体験をもとに配信することから始め、人生で役立つハウツーを発信。 blogでは、YouTubeでは話さない役立つ内容やお得情報を執筆。 プログラミングスクール「テックキャンプ」のアンバサダーに認定され、テックキャンプアンバサダーとして、テックキャンプ関連の情報発信や相談も行なっている。

-IT, スマホ, 副業
-, , , ,