SEO

ロングテールSEOとは? PV数を稼ぐキーワードの考え方・記事の書き方

投稿日:

前回は、メディアのゴールについて、書きました。

自己(自社)ブランディング、顧客リスト収集、自分(自社)サービス・商品の宣伝、広告で稼ぐ、売却。

5つのゴールを解説しました。

ゴールを決めたら、あとは進むのみ!

あとは記事を書くのみ!書いて書いて書きまくる!

ですが、ただ闇雲に書けばいいってものでもありません。

今回は、PV数を稼ぐキーワードの考え方・記事の書き方についてお伝えします。

※PV=ページビュー

記事が読まれる2つの要素

記事が読まれるには、2つの要素があります。

  • 発見されること
  • 読み続けたいと思うこと

発見されるには、検索エンジンやSNS、メディア媒体の露出が必要です。

SNSで目立つには、単純に、友達(フォロワー)が多くて、投稿内容が惹きつけられるものであれば、良いです。(リストの質も大事)

他サイトやメルマガ等で紹介されるには、人脈やお金(広告費)が必要です。

検索エンジンでヒットするには、ノウハウ・テクニックが必要です。

ノウハウとテクニックの違いについてはコチラ

検索エンジンでヒットするために

検索エンジンでヒットするためには、「キーワード」が重要です。

ただ闇雲に文章を書いてもダメなのは、キーワード選定が適当になるからです。

キーワードが適当になると、的確に検索エンジンにヒットしないのです。

検索エンジンでヒットするには、検索者が検索するワードを記事内にちりばめれば良いです。

ただ、ちりばめてもダメです。

昔は、キーワードがちりばめれていれば、ヒットすることもありましたが、Googleの検索エンジンはそんなおバカさんではないです。

ちゃんとした文章になってなければ、検索順位を著しく押し下げられます。

読み手が納得する文章で、かつ、検索者が検索するワードをちりばめることができていれば、その記事は、読まれやすく、かつ、検索エンジンにとって発見されやすい記事となります。

キーワード選びの考え方

では、その「キーワード」はどのように見つけたら良いのでしょう。

まず、「キーワード選び」の考え方を知りましょう。

キーワード選びの考え方としては、ジャンルは広く、検索数は多いキーワードを考えます。

要は、視野は広くしておきましょうということです。

なぜかというと、そうすることで、多くの人に読まれるからです。(当たり前ですが。)

記事はいっぱい量産するわけですから、別にジャンルを狭めて、訪問者を濃い人ばかりにしようとして、濃いキーワードのみのサイトにしなくても良いのです。

もちろん、濃いキーワードはあった方が良いですが、多くの人が検索するようなキーワードもあって良いのです。

決して濃いキーワードではないけど、そこからアクセスが流れ込み、他の記事も見てくれる可能性はありますから。

ロングテールSEOの考え方

ロングテールという考え方があります。

一般的には、「ロングテール」とは、販売チャンスが少ない商品でも、種類を多く用意することで、顧客の数を増やす概念のことです。

インターネットのショップなんかでよく用いられる手法です。

ネットとという仮想空間で場所も取らないので、あまり人気のない商品でも、バンバン出品することが可能です。

ロングテール右の図の黄色くなっているのが、ロングテールの部分です。

ロングテールは直訳すると、「長い尻尾」。

黄色の部分がちょうどそのようになっていますね。

ロングテールの部分は、個々の売上は少ないけど、全体として見ると、無視できない売上といえます。

これを、SEOの世界では、ロングテールSEOと呼ばれたりしています。

ロングテールSEOは、個々のキーワードでは、アクセスは少ないけど、ターゲット層が検索するキーワードの全体で考慮すると、無視できないアクセスです。

アクセス数が多いキーワードは、よく検索されますが、競合が多いです。

例えば、「美容」というキーワードは、ものすごく競合しています。

誰もがこういったメジャーなワードで検索順位上位を取りたいと思っているからです。

対して、マイナーなワードを狙って、ロングテールSEOを意識すれば、競合が少なく、濃いアクセスを狙うことができます。

その変わり、記事数を増やさなければ、効果は薄いです。

ドラゴンボールの元気玉みたいなもんです。

 

元気玉画像元:https://iidashippe.wordpress.com/2014/05/08/「朝一番の元気玉」/

小さなパワー(アクセス)をかき集め、大きなパワー(アクセス)を作るのです。

オンラインとオフラインのキーワードの探し方

キーワードの選び方、探し方についても触れておきます。

インターネットでキーワードを探しても良いですが、オフラインでも探しにいくと大変参考になります。

オンライン

インターネットでは、それっぽい記事の中からキーワードを拾ってきてもいいですが、効率が良いキーワードの集め方は、Googleのキーワードプランナーを使う方法がおすすめです。

使い方は、また、当ブログで触れようかと思いますが、私に聞いて頂いても良いですよ。

オフライン

 

しかし、オンラインで拾ってきたキーワードは所詮オンラインで拾ってきたキーワードです。

多くの人が容易に見つけることができるキーワードです。

やはり、オフラインで足を使って、キーワードを探しに行くことも重要です。

アフィリエイトで稼ぎたい人で、オフラインで探しに行く場合は、特に広告に意識するようにしましょう。

広告が掲載されているジャンルというのは、やはり、報酬単価が高いです。

アフィリエイトで稼ぐ人は、そういったところを狙うべきです。

広告といっても、色々あります。

街の看板、本屋、電車の中などなど。

本屋で雑誌を買ってきて、家でじっくり研究してみるのも良いですよ。

オフライン

他は、テレビCM、タウンページの広告などなど、意識してみると案外広告というのは多いものです。

直接的に商品の広告をしていなくても、求人広告を出しているジャンルは、儲かっている証拠だし、報酬単価も高い、おいしいジャンルと予想できます。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の報酬単価も参考になります。

単価が高いキーワード

単価が高いキーワードがあることも意識して、サイト更新の計画を立てましょう。

例えば、「●● 申し込み」「■■ 買い方」「▲▲ おすすめ」などの購買意欲のある複合キーワードは単価が高いです。

なぜなら、それで検索した人は、その商品が欲しいと思っている可能性が高いからです。

まとめ

以上がPV数を稼ぐキーワードの考え方・記事の書き方です。

検索エンジンからのアクセス、PVを増やすには、検索エンジンに好かれ、検索者が検索するキーワードの種類を用意できるかがカギとなります。

そう思うとシンプルですね。

キーワードをいっぱい集めて、記事をどんどん更新していけば、PV数もどんどん増えていくので、ぜひ参考にして、取り組んでみてください。

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-SEO
-, , , , , ,

Copyright© てぃかしのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.