IT 資格 スマホ 副業

スマホ相談員・講師になるには?どんな資格がある?

スマホ相談員・講師になるには?どんな資格がある?

  • スマホ相談員に必要な資格とは具体的にどのようなものがあるか?
  • スマホ相談員として活躍するために必要なスキルや知識にはどのようなものがあるか?
  • スマホマイスターの資格を取得するプロセスやその後の活動内容にはどのようなものがあるか?

今回はこのような疑問を持っている人向けの記事です。

スマホの使い方に困っている人を助けたいと思ったことはありますか?

日々進化するデジタル社会では、スマホが私たちの生活に欠かせないものとなっています。しかし、その便利さの裏で、操作方法や料金プランに悩む人も多くいます。そんな時、彼らの力になれるのが「スマホ相談員」です。

この記事では、スマホ相談員として活躍するために必要な資格や、その取得方法について詳しく解説しています。スマホ相談員は、ただの問題解決者ではなく、利用者一人ひとりのデジタルライフを豊かにするための提案者です。

スマホに関する幅広い知識を身につけ、回線を取次ことで収入も得られる「スマホマイスター」の資格についても紹介します。

スマホ相談員とは?

スマホ相談員とは、スマートフォン利用に関する悩みや質問に答え、個々のニーズに合わせたプランやサービスを提案する専門家です。

日々の生活に欠かせないスマホですが、その利用方法や選択肢の多さは時に圧倒的です。

ここでは、スマホ相談員がどのようにして利用者のデジタルライフをサポートし、どのスキルを身につけているべきかをお伝えします。操作方法の指導から料金プランの提案まで、スマホ相談員がどのように利用者の問題を解決に導くのか、そのプロセスを深堀りしていきましょう。

スマホ相談員の役割

スマホ相談員の役割は、スマートフォンに関する幅広い知識と技能を活用し、利用者のニーズに合わせた最適なサポートを提供することです。具体的には以下のような活動を行います。

  1. プランの提案
    • 相談者の利用状況や意向を詳しく聞き取り
    • 利用者に最適な携帯電話のプランや関連サービスを提案する
  2. 操作サポート
    • 特にデジタル機器に不慣れな高齢者などへの操作方法の指導
    • スマホの基本的な使い方からアプリの利用方法まで、幅広いサポートを提供
  3. 地域活動
    • 公民館など地域の施設でスマホの使い方を教えるボランティア活動
    • 地方自治体が主催するスマホ関連の相談会や講座の講師として参加

スマホ相談員のスキル

スマホ相談員は、スマートフォン利用者の疑問や悩みに対応し、解決策を提案する役割を担います。スマホ相談員は以下のスキルが必要です。

  1. 通信知識
    • 携帯電話の料金プラン、データプランの詳細理解
    • 各キャリアのサービスやプロモーション活動に関する最新情報の把握
  2. 技術的なスキル
    • スマートフォンの基本操作から複雑な設定までの指導能力
    • トラブルシューティングのための基本的な技術知識
  3. コミュニケーションスキル
    • 相談者のニーズを正確に理解するための聞き取り能力
    • 分かりやすい言葉で説明する能力

スマホ相談員は、これらのスキルを駆使して、利用者一人ひとりに合わせたサポートを提供します。特に、デジタルデバイスの普及に伴い、高齢者などデジタル機器に不慣れな層からの相談が増えています。そのため、優れたコミュニケーション能力と教育的なアプローチが特に重要となります。スマホ相談員を目指す方は、これらのスキルを磨き、常に最新の情報を学び続けることが成功の鍵となります。

スマホ相談員になる方法

スマホの相談員になる方法は、まずスマホの知識を習得できる資格の講座を受講することです。

それによって、体系的に知識を学ぶことができます。

ここでは、スマホ相談員にぴったりの資格を紹介し、その資格の取得や講習内容についてお伝えします。

スマホの相談員になれる「スマホマイスター」とは

スマホ相談員になれる資格として、スマホマイスターがあります。

この資格を持つ専門家は、スマートフォンの料金プランの診断や見直しを専門としており、消費者が最適な料金プランを見つけられるように支援します。彼らは、様々な通信会社のプランを公平な視点で比較し、個々のニーズに合わせた最良の選択肢を提案する役割を担います。

これら資格は、総務省から特別な番号が付与され、資格保有者はその番号を名刺や履歴書に記載できます。これにより、どこでもその知識を活かして働くことが可能になります。

スマホマイスターは、デバイスの操作方法ではなく、契約や料金に関するアドバイスを行うことができ、特にMVNO(格安SIM提供事業者)の普及に伴い、その需要が高まっています。この資格は、スマホ利用者にとってより良い選択をもたらし、専門家として活躍する道を開くものです。

スマホマイスターの資格取得の流れ

スマホマイスターとは、スマートフォンの料金プラン見直しやスマホ料金の診断を行う専門家です。2020年に設立されたこの資格は、スマホ相談員として、docomo、au、Softbankなどの回線を取り次ぐことができる権利を取得することが可能です。回線を取り次いだ時に6,800円の単発的な収入を得ることができます。

資格取得までの具体的なステップは以下の通りです。

  1. 講座の予約
    • 講習会は全国で実施されています。予約はオンラインで行え、予約後、担当講師から詳細情報が提供されます。
  2. 講座の受講
    • 講習会には約3時間を要し、講義と実技の両方が含まれます。この段階で、総務省への届け出書類の作成や手続きの方法についても説明されます。
  3. 総務省への届け出
    • 講習会終了後、必要書類を総務省に提出します。約3〜4週間後には有資格者番号が記載された書類が送られてきます。この番号を取得することで、正式にスマホ相談員としての活動を開始できます。

この資格は、スマートフォンを持続的に使用したいがコストを抑えたいと考えている消費者のニーズに応えるために設けられました。資格取得にかかる費用は教材費1,000円と講習費2,000円で、合計3,000円です。18歳以上(学生を除く)であれば誰でも取得可能で、履歴書に記載することもできます。スマホマイスターとしての活動は、将来的に収入につながる可能性があります。

スマホマイスター検定の講習内容

スマホマイスター検定は、スマホ料金プランの適正診断やSIMロック解除方法など、スマホ利用に関する深い知識と技術を習得するための講習です。この検定は、スマホ利用のコスト削減や、通信業界の現状について学びたい方、さらにはスマホビジネスに興味がある方に特におすすめされています。以下は講習の主な内容です。

  1. 通信業界の現状と未来予測
    • 通信業界の最新情報、法改正の影響、格安SIMの普及などについて解説します。
  2. 総務省への届出サポート
    • 通信取次を行うために必要な総務省への届出手続きを、講習中に無料でサポートします。
  3. 携帯料金の適正診断
    • 料金見直しの重要ポイントを学び、携帯料金を適正化する方法を習得します。
  4. SIMロック解除方法
    • SIMロック解除の手順とその重要性について、分かりやすく説明します。
  5. 大手3社の回線取次権利の獲得
    • docomo、au、SoftBankの回線を取り次ぐ権利を贈呈し、携帯電話代を受け取る側になる方法を学びます。
  6. 回線獲得講習
    • 月に30回線以上獲得する方法を公開し、実践的なビジネスモデルを提案します。

この検定を受講することで、スマホ料金の削減、SIMロック解除、そして通信業界の変化に対応できるスキルを身につけ、収入の柱として活用することが可能になります。

スマホマイスターの活動内容

スマホマイスターは、スマートフォンの利用に関する専門知識を持つプロフェッショナルです。彼らは、利用者が抱える様々な問題に対して、中立的な立場からアドバイスを提供し、最適な解決策を提示します。以下は、スマホマイスターが行う主な活動内容です。

  1. 料金プランの診断と見直し
    • 利用者の現在のスマホ料金プランを診断し、より適正な料金プランを提案します。
  2. SIMロック解除のサポート
    • スマホのSIMロック解除方法を教え、より自由に携帯キャリアを選択できるよう支援します。
  3. 携帯電話やポケットWi-Fiの取次
    • 携帯電話やポケットWi-Fiの契約を代行し、利用者にとって最適な通信環境を整えます。
  4. スマホ教室の講師としての活動
    • 初心者から上級者まで、さまざまなレベルに合わせたスマホ教室を開催し、知識の普及に努めます。
  5. シニアITサポート
    • 高齢者向けのスマホ教室を開催し、スマホの基本操作からアプリの利用方法まで、丁寧に指導します。

スマホマイスターは、スマホ料金の適正化だけでなく、利用者のデジタルライフ全般にわたるサポートを提供します。彼らの活動は、全国で需要が高まっており、特にシニア層からの支持を集めています。この資格を通じて、あなたも多くの人々のスマホ利用をサポートし、デジタル社会の理解を深める機会を得ることができます。

スマホ相談員関連の資格って何がある?

スマホ相談員関連の資格についてよくある質問をまとめました。

スマホ相談員関連の資格は、何がある?

スマホに関する専門知識を認定する資格は以下のものがあります。

  • スマホマイスター検定
    これは、一般社団法人日本電気通信媒介業協会(JTIA)が提供する資格で、スマホに関するアドバイスを提供する専門家を対象としています。この検定は、スマホや通信技術に関する広範な知識を持つことを目指し、業界に貢献することを目的としています。
  • スマートフォン・モバイル実務検定
    スマートフォンやその他のモバイル端末の販売に関わる人々が持つべき、実務、法律、技術の各知識を評価する資格です。これは、携帯電話販売員やIT・モバイル関連企業の従業員に推奨される検定です。

スマホの販売員については、以下の記事をご参考ください。

スマホ販売員・携帯ショップ店員の仕事内容や求人選びのポイント
スマホ販売員・携帯ショップ店員の仕事内容や求人選びのポイント

今回はこのような疑問を持っている人向けの記事です。 「スマホの販売員」と聞くと、ただの販売員を想像するかもしれませんが、実はそれ以上の役割を担っています。本記事を通して、スマホの販売員がどのような仕事 ...

続きを見る

スマホ関連の資格取得の費用と取得にかかる時間は?

  • スマホマイスター検定
    講習は、実技+講習で約3時間です。 講習費2,000円、教材費1,000円にて受講できます。
    特に試験はなく、講習を受ければ、修了証が発行されます。
    スマホマイスターは、回線を取り次いだときにだけ報酬が発生します。
  • スマートフォン・モバイル実務検定
    スマートフォン・モバイル実務検定の受験料は、8,800円(10%消費税込)です。
    IT関連の初心者は、基本的な知識や経験を身につけるために約50時間の勉強が推奨されます。一方で、ITパスポートなどの資格を持てるレベルの人は、20時間未満の勉強で済むことが一般的です。試験時間は、60分で60問(4者択一)です。

資格取得後の収入源は?

資格取得後に実際にお金を稼げる資格は、スマホマイスターのみです。

スマホマイスターの資格を取れば、大手3社の回線の取次権利が付与され、1回線を取次ことで6,800円が報酬として支払われます。

資格取得のための講習会の場所と頻度は?

  • スマホマイスター検定
    スマホマイスター検定の講習会は、基本的に全国が対象です。
    認定校がある都道府県なら開催可能です。
    頻度は、月に数回行っている認定校もあれば、要望があり次第、開催する場合があります。
  • スマートフォン・モバイル実務検定
    スマートフォン・モバイル実務検定は、全国のJJSplus認定試験会場でいつでも受験できます。

まとめ

スマホが日常生活に欠かせないデバイスとなる中、その利用方法や料金プランに関する悩みを持つ人は少なくありません。こうした背景から、スマホ相談員という職業が注目されています。スマホ相談員は、利用者のニーズに合わせたサービスを提案し、料金プランの見直しや操作方法の指導を行う専門家です。この業務をするためには、「スマホマイスター」の資格が有効であり、その取得は比較的容易であることが魅力です。資格取得後は、料金プランの診断や見直し、SIMロック解除のサポートなど、多岐にわたる活動が可能となり、特にMVNOの普及に伴い需要が高まっています。

スマホ相談員になることは、デジタル社会への大きな貢献となりますし、個人としても自分の専門知識を生かせるキャリアを築くチャンスを得られます。特に、高齢者などデジタル機器になじみがない人たちから強く求められており、このような人たちをサポートすることで、地域社会全体でデジタルサービスを使えるようにする「デジタルインクルージョン(誰もがデジタル社会に参加できるようにする取り組み)」に貢献できます。自分のスキルを高めたい、人の役に立ちたいと考えている方にとって、スマホ相談員という仕事はとても意義のある選択肢です。

スマホマイスターについては以下の記事でも解説しています。

スマホマイスター検定
スマホマイスター検定は国家資格?総務省との関係と格安SIM副業の稼げる仕組みを調査

今回はこのような疑問を持っている人向けの記事です。 2021年に国は高齢者へのスマートフォンの使用方法などを教える講習会を全国で2000か所近くの場所で開くことを明らかにしました。 内閣府の調査では、 ...

続きを見る

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

  • この記事を書いた人
てぃかし プロフィール画像

てぃかし

当ブログの運営責任者。 エンジニア、プログラマー、YouTuber、ブロガー、Webマーケター。 1987年生まれ。 滋賀県出身。 同志社大学 工学部 エネルギー機械工学科 卒業。 滋賀に18年、京都に4年、大阪に3年半、東京に7年ほど移り住む。 その後、滋賀に戻り、これまでの経験をもとにフルリモートで様々な仕事をこなしている。 経験した仕事は、数学の塾講師、マーケティングコンサルタント、エンジニア、SEOコンサルタント。個人では、ブログ運営、YouTubeの企画・撮影・動画編集を1人で行なっている。 YouTubeでは主にプログラミングスクールの体験談やエンジニア転職の方法を実体験をもとに配信することから始め、人生で役立つハウツーを発信。 blogでは、YouTubeでは話さない役立つ内容やお得情報を執筆。 プログラミングスクール「テックキャンプ」のアンバサダーに認定され、テックキャンプアンバサダーとして、テックキャンプ関連の情報発信や相談も行なっている。

-IT, 資格, スマホ, 副業
-, , , , ,