ビジネス IT スマホ

センターモバイル代理店のFCやOEMの仕組みを解説!業務停止処分の理由とは?

センターモバイル代理店のFCやOEMの仕組みを解説!業務停止処分の理由とは?

  • センターモバイル代理店について知りたい。
  • フランチャイズシステムやOEMの仕組みについて知りたい。
  • 業務停止処分を受けたって本当?なんで?
  • 他の格安SIMの代理店ビジネスはどんなものがある?

これらの疑問に応えるため、本記事では、センターモバイルの独自のビジネスモデル、提供されるサポートやサービス、そして過去に受けた業務停止処分の詳細まで、幅広く深く掘り下げています。

この記事を通じて、センターモバイル代理店事業の全貌を明らかにし、格安SIM事業の参入を検討している方へ有益な情報をお届けします。

記事の終盤部では、加盟金が安価、または必要ない格安SIM代理店(フランチャイズ)や資格の情報も紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

センターモバイル代理店について

センターモバイル(CENTER MOBILE)の代理店事業について、フランチャイズシステムや特許出願中のビジネスモデルの詳細を解説します。提供されるサポートやサービスの具体性、ならびに通信環境の品質に焦点を当てた分析を行い、その実態に迫ります。

代理店事業の概要

センターモバイルの代理店事業では、フランチャイズ加盟店が独立した経営者として活動し、本部はその経営を全面的にサポートする体制を取っています。

代理店として加盟することで、センターモバイルの提供する新世代格安スマホの販売により、事業の立ち上げから早期の収入獲得が見込め、高いリピート率による持続的な収益も期待できます。

<代理店事業の特長>

センターモバイルの代理店事業の特長としては以下の点が挙げられます。

  • フランチャイズシステム
    • 加盟店は独立経営者として活動。
    • 本部による経営の全面支援。
  • 共同成長の志向
    • 加盟店と本部が共に成長するパートナーシップの実現。
  • 収益性
    • 新世代格安スマホの販売を通じた早期の収入獲得。
    • 高リピート率による安定した収益モデル。

<サービスの特徴>

センターモバイルは、docomo回線を基に、ストレスフリーな通信環境を提供しており、独自帯域の活用により快適な格安SIMサービスを実現しています。

サービス提供の具体的なアプローチには以下のような特色があります。

  • 通信環境
    • Docomo回線による信頼性の高いサービス。
    • 独自帯域の利用で快適な格安SIMを提供。
  • 料金体系
    • 携帯料金を最大で0円にする割引技術。
    • 特許出願中のビジネスモデルによる独自性。

<コミュニティ>

代理店オーナーとのコミュニケーションも重視されており、意見交換会や加盟店訪問を通じて、加盟店の課題や要望を直接本部が受け、具体的な戦略や対策に反映させるシステムを構築しています。これにより、加盟店と本部が同じ方向を向いて進めることが可能です。

加盟店とのコミュニケーションでは以下の点に重きを置いています。

  • 意見交換会
    • 加盟店からのフィードバックを直接受ける。
    • 本部との直接対話を通じた戦略策定。
  • 訪問とサポート
    • 加盟店への定期的な訪問。
    • 課題解決へのコミットメント。

<OEM>

また、OEMパートナーとしての機会も提供されており、センターモバイルのサービスを自社ブランドとして再販売することが可能です。これには販売方法、価格設定、資金の自由度があり、各企業のビジネスモデルに合わせた柔軟な運営ができます。

OEMパートナーシップに関しては、次のような利点があります。

  • 再販売の自由
    • センターモバイルのサービスを自社ブランドで展開。
    • 販売方法、価格、資金に関する高い自由度。
  • 全関係者の利益
    • 事業運営において、全関係者がメリットを享受。
    • 「関わった人全てを幸せにする」という企業理念の具現化。

これらの要素を組み合わせることで、センターモバイルは代理店、OEMパートナー、顧客、そして企業自身が共に利益を享受するビジネスモデルを構築しています。

センターモバイル代理店に加盟するメリットとビジョン

続いて、センターモバイルに加盟するメリットとビジョンについて詳しく見ていきましょう。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

<メリット>

  • 初期投資回収期間の短縮:新世代格安スマホの提供により、市場での競争力を持てるため、加盟店は事業を始めてすぐに利益を出しやすくなっています。
  • 継続的な収入源:高いリピート率により、一度獲得した顧客からの定期的な収入が期待でき、ビジネスの持続性が高まります。
  • 技術的優位性:他社が容易に模倣できない特許出願中の割引技術を用いて、携帯料金を0円まで下げることが可能です。

さらに、OEMパートナーとしてのチャンスも提供されており、センターモバイルのサービスを自社ブランドで展開する自由があります。これにより、各企業は以下のメリットを享受することができます。

  • 販売の自由:オンラインやオフライン訪問販売など、多様な販売チャネルから最適な方法を選ぶことが可能。
  • 価格の自由:市場戦略に応じて、価格設定を自由に行うことができ、自社の商品価値を最大化。
  • 資金の自由:高額な通信インフラの設備投資が不要で、小規模資金からのビジネス開始が可能。

代理店及びOEMパートナーにとって、センターモバイルはただのサプライヤーではなく、ビジネスを通じて「関わった人全てを幸せにする」という理念を実現するパートナーです。

これは、新しい通信サービスの提供だけでなく、社会に新たな価値を生み出す企業としての使命感から来ています。当社と共に、革新的なビジネスモデルで市場に新風を吹き込み、共に成長していきましょう。

センターモバイル代理店のデメリット

センターモバイルの代理店としての活動は、確かに一定のメリットはありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。ここでは、それらのデメリットを具体的に挙げ、潜在的な加盟者が直面するかもしれない課題について説明します。

<デメリット>

  1. ポイント制度の依存
    • スマホ料金が0円になるシステムは魅力的ですが、ポイントを貯めるためには多くの時間を動画視聴などに費やす必要があり、これは労力と時間の面で大きな負担となり得ます。
  2. 業務停止の影響
    • 2023年の業務停止は、代理店の信頼性に影響を及ぼし、新規顧客の獲得や既存顧客の維持においてネガティブな影響を与える可能性があります。
  3. 市場の不確実性
    • 業界内での激しい競争と、法的・市場的な変動は、代理店の安定性と長期的な事業の継続性を損なう恐れがあります。
  4. 複雑なポイントシステム
    • ポイントシステムは一見シンプルなように思えますが、実際には利用者にとって複雑で、理解しにくい側面があるかもしれません。これは、顧客満足度に悪影響を及ぼし得ます。
  5. 長期的なビジョンの欠如
    • OEMサービス提供の終了や業務停止など、会社の将来に対する不確かな展望は、代理店としての長期的な計画を立てる上での障壁となります。

以上の点を考慮に入れたうえで、センターモバイルの代理店としての活動を検討することが重要です。ポイントを効率よく稼ぐ方法や、業務停止時のリスク管理、市場変動への対応策など、具体的な戦略を立てる必要があります。

特許出願中のビジネスモデルとは?

センターモバイルが特許出願しているビジネスモデルは、携帯電話料金を大幅に割り引く、画期的なサービスを中心に据えています。このサービスは、広告収益を活用して実現されており、ユーザーに広告を視聴してもらうことで発生する収益を電波や回線の提供コストに充てることができます。

このモデルのポイントは以下の通りです。

  1. 広告収益の活用
    • ユーザーに広告を見せることで料金割引を可能にする。
    • 広告モデルを通信業界に導入し、ユーザーのスマホ利用料金を毎月最大0円まで割引。
  2. 高品質な通信回線の提供
    • 広告収益によって得られる余剰を回線コストに投入。
    • 通信速度や回線品質を落とさず、低価格でサービスを提供。
  3. ターゲットに合わせた広告配信
    • プライバシーを尊重しつつ、ユーザーのアプリ使用状況等を分析。
    • ビッグデータを活用して、ユーザーの興味に基づいた広告を提供。
  4. 本部による全面サポート
    • フランチャイズ加盟店に対し、ビジネス運営における徹底したサポートを実施。

センターモバイルは、これらの強みをフランチャイズオーナーやOEMパートナーに提供することで、継続的な収益と事業の拡大を図っています。

特に、このモデルは携帯料金の高い日本市場において、消費者の節約意識と利便性を高めることに貢献し、新しい通信業界の価値を創出することを目指しています。フランチャイズ制度を通じて、同社は継続的な収益が見込めるビジネスモデルを拡張し、日本全国での事業展開を進めているのです。

センターモバイル代理店加盟の流れ

センターモバイルのフランチャイズ加盟を検討を考えている人なら、加盟前の準備から加盟後のサポート体制まで、各段階で何が必要なのか理解することが重要です。

加盟金やライセンス使用料、店舗の確保など初期投資の詳細から、必要な書類や条件の具体例、そしてビジネスを成功に導くための充実したサポート体制に至るまで、センターモバイルとのパートナーシップを検討するうえで必要な情報を網羅的にお伝えします。

加盟までの手順

センターモバイルのフランチャイズ加盟までの手順と詳細には以下のステップが含まれます。

  1. 加盟金
    • 加盟に必要な金額は88万円。
  2. ライセンス使用料
    • 毎月5万5000円が必要。
  3. 店舗の確保
    • 既存の事業で利用している場所や新たに物件を借りる場合の費用が発生。
    • 推奨される店舗の大きさは5坪から15坪。
  4. 内装工事費
    • 15坪の店舗で約100万円、5坪で約50万円未満の予算を見込む。
  5. 事業計画の確認と立地選定
    • センターモバイル本部が事業計画と物件の立地を評価。
  6. 収益性の見込み
    • 初期費用の回収期間は最長1年半とされている。
    • 短期的な収益源としてスマホ修理があり、長期的にはSIM契約数の増加が重要。

センターモバイルのビジネスモデルは、広告収益を活用してユーザーに携帯料金を実質無料で提供するというもの。このビジョン実現に向けて、フランチャイズ店舗はセンターモバイルSIMの販売基地として、そしてブランドの認知度向上のために重要な役割を果たします。加盟を検討する際は、これらの初期費用や運営コスト、そして本部からのサポート体制を十分に理解した上で、長期的な事業展開の可能性を見極める必要があります。

必要な書類や条件

センターモバイル加盟を検討する際、必要な書類や条件についての具体的な情報は以下の通りです。これらは、加盟前に準備する必要がある主な要件を概説しています。

  1. 個人確認書類
    • 運転免許証、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなどが必要です。
    • 1点で受付可能な書類は、例えば運転免許証やマイナンバーカードです。
    • 両面提出が必須、または表面のみの提出が可能な書類もあります。
  2. 法人の場合の確認書類
    • 個人確認書類に加えて、法人確認書類(登記簿謄本など)が必要。
    • 法人確認書類も発行から3ヶ月以内のものが求められます。
  3. ご注意点
    • 提出される書類は、加工や修正がない、読み取れる状態のものでなければなりません。
    • 書類の両面提出が必須の場合があるため、指示に従ってください。

このプロセスは、センターモバイルのサービスを安全かつ効率的に提供するためのものであり、加盟者が正当に識別され、不正契約を防止することを目的としています。

特に、法人として加盟を検討している場合は、個人確認書類に加えて、法人としての正式な確認書類が求められるため、事前に準備しておくことが重要です。全体的に、加盟までの手順としては、88万円の加盟金や、毎月5万5000円のライセンス使用料、そして店舗の確保から内装工事までのコストを考慮した上で、これらの資格や条件をクリアする必要があります。

加盟後のサポート体制

センターモバイルのフランチャイズ加盟後のサポート体制は、加盟者がビジネスを円滑に進め、成功に導くための包括的な支援を提供します。この体制は、加盟者が直面するかもしれない様々な課題に対応し、事業運営の各段階で必要とされる指導やサポートを行います。

加盟後のサポート体制の主な内容

  1. 開業前トレーニング
    • 新規加盟者向けの事業計画立案、マーケティング戦略、販売技術などの基礎から応用までをカバーするトレーニングを実施。
  2. マーケティングサポート
    • 地域特性に応じたプロモーション活動の企画・実施サポート。ブランド認知度向上のための広告物提供やSNS活用方法の指導。
  3. 運営支援
    • 日々の運営において直面するであろう様々な問題に対応するための相談窓口の設置。経営上の問題や顧客対応に関するアドバイス提供。
  4. 技術・製品更新研修
    • 新しいサービスや技術に関する情報提供と研修を定期的に実施。加盟店が常に最新の状態を保ち、顧客に質の高いサービスを提供できるようサポート。
  5. 品質管理
    • サービスの品質保持と向上のためのガイドライン提供。不定期の品質チェックを通じて、加盟店のサービスレベルを維持。
  6. 経営分析
    • 売上や顧客満足度などのデータ分析支援。経営改善のための具体的な提案と戦略策定サポート。

これらのサポート体制は、加盟者がセンターモバイルの一員として成功するための基盤を形成します。事業初期の難易度を下げ、長期的な成長と収益性の向上を目指すために、加盟者にはこれらのリソースを最大限活用することが推奨されます。センターモバイルは、加盟者との強固なパートナーシップを通じて、共に成長し続けることを目指しています。

センターモバイル代理店の収益モデル

格安SIM代理店としてのビジネスを始める際、どのような収益モデルが待っているのでしょうか?

センターモバイルを例に、一度顧客を獲得すれば継続的に収入が得られる、ストック収入モデルの安定性と可能性について掘り下げます。

ストック収入のイメージ

センターモバイルのフランチャイズ代理店制度により、代理店は「新世代格安スマホ」およびオリジナルWi-Fiの販売を通じて、安定したストック収入を得ることが可能です。

具体的に、仮に1年間で1,000枚のSIMと300台のWi-Fiを契約することで、毎月930,000円の収入が見込まれます。

さらに、スマホ修理や端末販売、コーティングなどのアドオンサービスを提供することで、初月から100万円以上の収益を上げることが可能になります。

この収益モデルは携帯電話の99%以上の継続率を背景に、3年間でSIM 3,000件、Wi-Fi 900件の販売を実現することで、毎年3000万円以上の継続収入を得られると予測されています。これにより、フランチャイズ代理店は長期にわたり安定したビジネスを展開することが可能です。

格安SIM代理店ビジネスの収益安定性

センターモバイルに限らず、格安SIM代理店のビジネスの収益は非常に安定性があります。

その鍵を握るのは継続的なストック収入のモデルです。代理店として格安SIMや関連サービスを提供することにより、初期の手数料に加えて、顧客がサービスを利用し続ける限り継続的な収入を得られる仕組みが確立されています。

  1. ショット収入とストック収入
    代理店の収入モデルは、新規顧客獲得時に得られる一時的なショット収入と、顧客が継続してサービスを利用することで毎月得られるストック収入の合計から成り立っています。
  2. 継続的収益の例
    実際の収入事例として、法人Aは保有回線3000回線で月に120万円、法人Bは保有回線1200回線で月に48万円、サラリーマンCは保有回線100回線で月に4万円の収入を得ています。これらは権利収入として毎月自動的に発生します。
  3. 市場の成長性
    格安SIM市場は急速に拡大しており、MVNOの回線契約数は年々増加しています。この市場の成長は、代理店ビジネスの収益安定性に大きく寄与しています。
  4. 解約率の低さ
    格安SIMの代理店ビジネスでは、一般的に解約率が低いため、一度獲得した顧客からの継続収入を長期にわたり見込むことが可能です。

このように、格安SIM代理店ビジネスは、初期の投資を回収しやすく、長期にわたって安定した収入を得ることが可能なビジネスモデルです。市場の成長性と解約率の低さが組み合わさることで、代理店は安定したビジネス運営を行うことができるのです。

センターモバイルの特徴と料金体系

センターモバイルの革新的な料金体系とサービス内容について深堀りするこのセクションでは、格安SIM市場における同社の際立つ特色と利用者にもたらされる利点を詳細に解説します。

センターモバイルの格安SIMの特徴

センターモバイルの格安SIMは、その革新的な料金体系と高品質な通信速度で注目を集めています。特に、月額料金を最大0円にすることが可能な仕組みは、一部の利用者から高評価を受けています。

センターモバイルの格安SIMの特徴を箇条書きでまとめると以下の通りです。

  • 月額料金0円の可能性
    広告スポンサーからの収益を利用者にポイントで還元し、携帯料金の割引に利用可能。
  • 高速通信
    ドコモの回線を使用し、高品質な通信速度を実現。
  • 豊富なプラン
    3GB、20GB、50GBのデータプランを提供。
  • 24時間かけ放題オプション
    データプランとセットで、他社にはないお得な通話オプション。
  • 専用アプリ利用
    広告視聴やアプリダウンロードでポイント獲得、料金割引に利用。
  • ポイント還元システム
    利用者のアクションにより獲得したポイントで、携帯料金を割引。
  • 競争力のある料金設定
    他社と比較してもお得な料金設定で、通話を頻繁にするユーザーに特におすすめ。

これらの特徴から、センターモバイルはコストを抑えつつ、高品質な通信サービスを求める消費者にとって、非常に魅力的な選択肢となっています。

料金体系とサービス内容

センターモバイルの料金体系とサービス内容を具体的に紹介します。この会社は、広告視聴などのアクションを通じて料金を割引できる独自のシステムを提供しており、利用者が最大で月額0円の携帯使用を実現できる可能性を秘めています。以下にその主な特徴をまとめます。

  • 基本プラン
    3GBから50GBまでのデータプランがあり、音声通話付きプランとデータSIMプランの両方を提供。
    • 3GB: 1,408円(音声付き)、1,298円(データのみ)
    • 12GB: 1,958円(音声付き)、1,848円(データのみ)
    • 20GB: 2,728円(音声付き)、2,508円(データのみ)
    • 50GB: 4,378円(音声付き)、4,158円(データのみ)
  • かけ放題プラン
    • 5分かけ放題: 990円
    • 10分かけ放題: 1,100円
    • 通話料金: 11円/30秒(他社比較で低価格)
  • 広告視聴による割引
    専用アプリ「PLAIO」で動画広告の視聴やアプリダウンロードなどのアクションにより、1ポイント=1円のポイントが付与され、これを料金割引に利用可能。
    • 動画視聴: 5〜30秒で1ポイント
    • アプリダウンロード: 100〜300ポイント
    • サービス申し込み: 例として「PLAIOひかり」や「PLAIO Wi-Fi」で毎月300ポイント
  • お得なセットプラン
    • 20GBプラン+5分かけ放題: 2,970円(個別契約より748円/月お得)
    • 20GBプラン+10分かけ放題: 3,300円(個別契約より528円/月お得)

センターモバイルは、広告視聴などの簡単なアクションによって料金が割引される点が最大の特徴であり、ユーザーにとって非常に魅力的なオプションを提供しています。また、通話料金が他社と比べても低価格であること、そしてかけ放題プランが含まれるセットオプションがあることが、利用者にとって大きなメリットです。

センターモバイルのOEMパートナーとしての可能性

OEMとは「Original Equipment Manufacturer」の略で、他社ブランドの製品を自社の技術やサービスを用いて生産するビジネスモデルです。

このセクションでは、センターモバイルが提供するOEM事業のメリットとデメリット、そして成功への鍵について紹介します。

センターモバイルOEM事業のメリット

センターモバイルのOEM事業は、独自の格安SIMサービスを提供し、加盟企業に多大なメリットをもたらす革新的なビジネスモデルです。この事業により、加盟企業はセンターモバイルの先進的なサービスを自社ブランドとして展開することが可能になります。以下に、その主なメリットをまとめました。

  1. 販売の自由
    • センターモバイルは加盟企業に商材、システム、経営戦略を提供。
    • 加盟企業はオンラインやオフライン訪問販売など、様々な販売方法から選択可能。
  2. 価格の自由
    • 商品の価格設定は加盟企業の自由。
    • 加盟企業はマーケティング戦略や既存商品との共存を考慮して、価格を自由に設定できる。
  3. 資金の自由
    • 通常、通信事業には大規模な設備投資が必要だが、センターモバイルでは小規模な資金からスタート可能。
    • 加盟企業のリソースに合わせた費用での提案が可能。

このOEM事業の導入により、加盟企業は以下のような具体的なメリットを享受できます:

  • 生活必需品である携帯電話サービスの提供が可能になり、幅広い業種でのビジネスチャンスが拡大。
  • 広告を活用して携帯料金を最大で0円にできるサービスは、加盟企業の強みとして顧客への新たな価値提案が可能。
  • 既存の顧客基盤を持つ企業にとって、センターモバイルのサービスを導入することで、顧客との関係をより強固にし、顧客満足度を高めることが可能。

以上のように、センターモバイルのOEM事業は加盟企業にとって、新しい収益源の創出、顧客サービスの向上、競争力の強化という大きなメリットを提供します。これは、通信業界における新たなビジネスモデルとして、加盟企業の成長と発展を後押しするものと言えるでしょう。

OEM事業のデメリット

センターモバイルのOEM事業が多くのメリットを提供する一方で、慎重に考慮すべきいくつかのデメリットも存在します。これらのデメリットを理解し、準備することで、事業の成功に向けた戦略をより効果的に立てることができます。以下に、OEM事業の主なデメリットをまとめます:

  1. ブランドの独自性の希薄化
    • OEM事業ではセンターモバイルの技術やサービスを基に事業を展開するため、自社ブランドの独自性が希薄化する可能性があります。
  2. 市場の競争激化
    • センターモバイルの技術やサービスを利用する企業が増えることで、同様のサービスを提供する企業間の競争が激化する恐れがあります。
  3. 技術依存のリスク
    • センターモバイルの技術やシステムに依存することで、将来的にセンターモバイル側に問題が生じた際、自社の事業運営にも大きな影響を受けるリスクがあります。
  4. 価格設定の自由度の限界
    • 価格の自由度は提供されますが、市場の競争状況やセンターモバイルの方針によっては、実質的な価格設定の自由度に制約が生じる可能性があります。
  5. 顧客の混乱
    • 顧客がセンターモバイルと加盟企業のサービスの違いを正確に理解できない場合、顧客満足度の低下や信頼性の損失につながることがあります。

これらのデメリットを踏まえ、加盟企業は自社の事業戦略と市場環境を慎重に分析し、センターモバイルのOEM事業が自社の成長戦略に合致しているかを評価する必要があります。OEM事業への参入を検討する際は、これらのリスクを最小限に抑えるための対策を講じ、長期的なパートナーシップ構築に向けた準備を行うことが重要です。

OEMパートナー成功の秘訣

OEMパートナーとして成功するための秘訣は、以下のようなポイントがあります。

  • ブランドの独自性を保持する
    自社ブランドの特色を維持し、センターモバイルの技術やサービスを基にした事業展開を行うことで、希薄化を防ぐ。
  • 市場競争に対応する
    センターモバイルの技術やサービスを利用する企業が増加する中で、差別化戦略を確立し、競争を勝ち抜く。
  • 技術依存リスクの管理
    センターモバイルの技術やシステムへの依存度を管理し、将来的な問題に備える。
  • 価格設定の戦略
    市場の競争状況やセンターモバイルの方針を考慮しつつ、価格設定における自由度を最大限に活用する。
  • 顧客の混乱を防ぐ
    センターモバイルと加盟企業のサービス差を明確にし、顧客が正確に理解できるように情報提供を行う。

これらのデメリットを最小限に抑え、長期的なパートナーシップの構築に向けて対策を講じることが、OEM事業における成功の鍵となります。

センターモバイル業務停止の経緯と対応

2023年3月、センターモバイルなど複数の組織が、特定商取引法に基づき業務停止命令を受けました。この処分は、移動電気通信サービス提供における不適切な連鎖販売取引が原因です。

ここでは、その業務停止の経緯と対応、センターモバイルとゼロモバイル間の関係、およびその後の展開について解説します。連鎖販売取引への関与、業務停止の詳細な背景、そして対象組織が取るべき再発防止策とコンプライアンス体制構築の要求について見ていきましょう。

業務停止状況の詳細と対応

2023年03月30日、消費者庁は、株式会社センターモバイル、株式会社ゼロモバイル、及び一般社団法人ライフラインプランナー協会に対して、特定商取引法違反に基づく行政処分を下しました。この処分は、移動電気通信サービスの提供における不適切な連鎖販売取引によるもので、以下の詳細が公表されています。

  • 処分内容
    2023年3月29日に、上記三組織は特定商取引法第39条第1項に基づき、連鎖販売取引の一部等(勧誘活動、申し込み受付及び契約締結含む)を2023年3月30日から同年12月29日まで、9か月間停止するよう命じられました。
  • 再発防止策
    同時に、これらの組織には特定商取引法第38条第1項に基づき、再発防止策の講じること、およびコンプライアンス体制の構築が指示されました。
  • 個人への処分
    ゼロモバイルにおいて主導的役割を果たした中越達也と伊勢地一男には、特定商取引法第39条の2第1項に基づき、2023年3月30日から同年12月29日までの9か月間、連鎖販売取引に関わる新たな業務開始を禁じる命令が下されました。

これらの処分は、関連する消費者への影響を考慮し、不正な販売活動の再発を防ぎ、消費者保護を強化するための措置です。対象組織は指示に従い、再発防止策の実施とコンプライアンス体制の確立に努める必要があります。

センターモバイルの業務停止理由

センターモバイルは業務停止処分を受けた背景・理由は、提携先の「ゼロモバイル」が行った不適切な連鎖販売取引に関与したことが原因で行政処分を受けたことによるものでした。

ここで言うOEMサービス、「Original Equipment Manufacturing」を略したものは、センターモバイルが独自に開発した携帯料金を削減する技術や通信サービスを他社に提供し、それを基にオリジナルブランドの格安SIMサービスを提供できるようにする事業モデルです。

このサービスを活用して、ゼロモバイルは設備投資を抑えつつ通信事業を立ち上げ、センターモバイルは携帯料金を削減する技術を広めることができました。この関係は双方にメリットをもたらすものでした。しかしながら、ゼロモバイルが行った過剰な連鎖販売取引が問題視され、結果としてセンターモバイルも処分を受けることとなりました。

センターモバイルは自身が連鎖販売取引に共同で関与していたという事実を否定しており、事実がその通りであれば、不本意ながらも責任を問われた形となります。

センターモバイルとゼロモバイルの関係

センターモバイルの業務停止事由として、センターモバイル公式サイトでは「ゼロモバイル」との提携が挙げられています。

ゼロモバイル、現在はLPモバイルとして事業を展開中です。このゼロモバイルとの連携による連鎖販売取引が問題となったようです。センターモバイルはOEMサービスを通じて、自社開発の携帯料金削減技術や通信サービスをゼロモバイルに提供していました。これにより、ゼロモバイルはオリジナルブランドの格安SIMサービスを低コストで展開でき、センターモバイルはその技術を広めることができました。

しかしながら、ゼロモバイルによる過剰な連鎖販売取引が行政の目に留まり、センターモバイルも含めた行政処分の対象となりました。

他の格安SIMビジネスとの比較

格安SIM代理店業界における主要な選択肢を比較すると、各フランチャイズの提供する条件やビジネスモデルの多様性が明らかになります。以下の表は、初期費用、報酬率、事業形態、研修費用など、重要な要素を基にした競合比較を示しています。

商材名加盟金毎月のロイヤリティ報酬率事業形態研修費
スマホドクター33万円19,800円30%移動型・店舗型加盟金に含む
X-mobile385万円46,200円15%店舗型(法人のみ)不明
Center Mobile165万円55,000円〜17%店舗型33万円
スカイセブンモバイル198万円保有回線売上の1%20%前後店舗型不明
you me mobile110万円198,000円20%店舗型不明
格安SIMビジネスとの比較表

この比較から、初期投資をほとんどまたは全く必要としない「」が、コストを最小限に抑えてビジネスを開始したい個人にとって理想的な選択肢であることがわかります。「スマホドクター」は、比較的低い初期投資で高い報酬率を望む方に適しています。

また、「Center Mobile」や「X-mobile」のような店舗型フランチャイズは、高い加盟金と月額ロイヤリティが必要ですが、それに見合った報酬率とサポートを提供しています。投資可能な資金、ビジネスに対する取り組み方、望む報酬率を基に、最適なフランチャイズ選択を行うことが重要です。

「?」や「スマホドクター」については以下の記事で解説しています。

スマホドクターとは?フランチャイズ店舗が儲かる理由、収益源や料金等も解説
スマホドクターとは?フランチャイズ店舗が儲かる理由、収益源や料金等も解説

※本ページ内で使用している画像は、スマホドクター公式サイト等から引用しているものです。 スマホドクターのフランチャイズで、未来のビジネスリーダーへの一歩を踏み出しませんか? スマホを使っていな人は最近 ...

続きを見る

まとめ

センターモバイルの代理店事業では、高品質な通信サービスを提供し、加盟店がすぐに利益を得て、継続して収入を上げることが目標です。さらに、自分のブランドでサービスを展開するOEMパートナーとして参加することもでき、新しい市場を切り開く機会があります。

センターモバイルだけでなく、低リスクでスタートできる格安SIMビジネスの選択肢も多くあります。

このビジネスのチャンスを生かして、通信業界に新しい価値を生み出していきましょう。

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

  • この記事を書いた人
てぃかし プロフィール画像

てぃかし

当ブログの運営責任者。 エンジニア、プログラマー、YouTuber、ブロガー、Webマーケター。 1987年生まれ。 滋賀県出身。 同志社大学 工学部 エネルギー機械工学科 卒業。 滋賀に18年、京都に4年、大阪に3年半、東京に7年ほど移り住む。 その後、滋賀に戻り、これまでの経験をもとにフルリモートで様々な仕事をこなしている。 経験した仕事は、数学の塾講師、マーケティングコンサルタント、エンジニア、SEOコンサルタント。個人では、ブログ運営、YouTubeの企画・撮影・動画編集を1人で行なっている。 YouTubeでは主にプログラミングスクールの体験談やエンジニア転職の方法を実体験をもとに配信することから始め、人生で役立つハウツーを発信。 blogでは、YouTubeでは話さない役立つ内容やお得情報を執筆。 プログラミングスクール「テックキャンプ」のアンバサダーに認定され、テックキャンプアンバサダーとして、テックキャンプ関連の情報発信や相談も行なっている。

-ビジネス, IT, スマホ
-, , , , , , ,