エンジニア エンジニア転職 就職・転職

エンジニア系イベントってどんなの?IT企業が集まるイベントに参加してみたin 東京都内

※2019年12月に話した内容を記事にしています。

エンジニア系イベント

てぃかしです。

今回は、エンジニアやプログラマが集まるイベントに参加してみます。

エンジニアにとって、イベントに参加することは、とても重要なことだと思います。

特に、フリーランスエンジニアは、自分で案件や仕事を取ってこないといけないので、日々人脈を広げていく必要があり、そのために、イベントに参加する人もいます。

普通に勉強になるので、サラリーマンの方が参加するのも、すごく良いことだと思います。(築いた人脈が、転職するときに有利に働くこともあります。)

平成Ruby会議の趣旨

平成Ruby会議

今回参加するイベントは、「平成Ruby会議」です。

どのようなイベントかを簡単に説明すると、「Rubyに関する知見や普段やられている等身大の取り組みを共有し、Rubyをより深く学ぶ」というイベントです。

具体的には、発表者の方々が登壇して、自分が学んだことなどを発表します。

そして、発表の後には懇親会があります。

懇親会とは、いろいろな方と話したり、名刺交換したりして、人脈を広げていく集まりです。(ちなみに、今回はスポンサー企業がついているので、無料で飲食できます。)

僕自身は、エンジニアのイベントに参加するのが初めてなので、どのような感じになるのかと思っています。

もしかしたら、この記事は、お蔵入りになるかもしれないです。

どうなるか分からないですが、とりあえず行ってみて、また感想を書きます。

それでは行ってきます。

目黒のビル

平成Ruby会議の受付

平成Ruby会議アイテム

平成Ruby会議の会場

平成Ruby会議名札

平成Ruby会議の懇親会

平成Ruby会議に参加してみた結果

ということで、帰ってきました。

イベントに行ってきましたが、収穫は…

エンジニア系イベントの収穫

ありました。

滞在時間は、8時間(13時~21時)くらいでした。

6時間くらい発表を聴きましたが、内容は難しく、初心者向けではなかったです。

中級者や上級者向けだったので、実務経験が1年以上の方は、面白かったと思います。

肝心の懇親会には、9社のスポンサー企業の方々が来られていました。

全ての企業の方とお話ししたかったのですが、懇親会はわちゃわちゃしていて、自分は社交的な方ではなく、さっとアプローチができなかったので、3人の方とだけお話しをさせていただきました。

1社、興味のある企業があったので、連絡を取って、お話を聞いてみようかなと思っています。

エンジニア系イベントに参加してみた感想

やはりリアルなイベントに行った方が良いです。

まず、良いこととしては、レスポンスがすぐに返ってくることです。

ネットでは、Wantedlyなどでアプローチしても、返信が来なかったりしがちです。(それは興味を持たれていないだけかも?)

また、リアルでお話をすることで、いろいろなことが分かりましたし、懇親会はお酒の席なので、普通の面接で聞きにくいことも、結構ズバッと聞けました。

その辺が良かったなと思いました。

今後も、リアルなイベントもアンテナを張って、参加していこうかなと思います。

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, エンジニア転職, 就職・転職
-, , , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5