動画編集

iMovieの書き出しできないエラーでフリーズする原因は?【Macパソコン】

iMovieの書き出しできないエラーでフリーズする原因は?

  • iMovieで編集した動画を書き出しするとエラーが出る…
  • 書き出ししたらフリーズする…
  • iMovieのエラー原因や対処法を知りたい…

今回はこのような悩みを持っている方向けの記事です。

どうも!動画編集歴5年の てぃかし です。

iMovieは、Appleのビデオ編集ソフトです。

Macパソコン、iPhoneで標準で搭載されているソフト・アプリです。

iMovieは無料で使えるので、MacやiPhoneユーザーはよく利用しているかと思います。

しかし、初めて使う人やまだ馴染みのない人は、iMovieのエラーに悩まされている人は多いのではないでしょうか?

僕もiMovieを使い始めた当初は、エラーに悩まされていたので、同じような境遇の人はいると思います。

特に動画を編集し終わって、いざ書き出す(出力する)時に、途中でフリーズして、エラーになってしまうなんてことは結構聞きます。

今回は、そんな人のために、iMovieを使ってYouTubeの動画を作ったこともある僕が

iMovieの書き出しエラーについて原因や対処法などを解説します。

iMovieの動画書き出し手順

動画を作成する過程で最もエラーが出る工程は、「書き出し」をする時です。

書き出しとは、ソフトで編集した動画を1つのファイルとして、出力をすることです。

書き出しエラーを解決したいなら、本来はどのような工程で書き出しをするのかを知っておきましょう。

iMovieに動画データを取り込む

iMovieを初めて起動すると、下記のような画面になります。

iMovie動画取り込み

「新規作成」をクリックし、ムービーを選択します。

ムービー

「iMovieライブラリ」で右クリックし「新規イベント」をクリックします。

メディアを読み込む

「メディアを読み込む」をクリックして、動画ファイルを読み込ませてもいいですが、

パソコン上の動画ファイルをドラック&ドロップでiMovie上に移動するのが簡単です。

動画取込

動画が読み込まれると上記のようになります。

編集するには、上にある動画を下のスペースにドラック&ドロップします。

ファイルを書き出す

編集が終わったら、右上のiMovie書き出しをクリックし、「ファイルを書き出す」をクリックします。

ファイル書き出し

解像度、品質、圧縮の種類を選択できますが、基本的にデフォルトのままでOKです。

書き出し設定

「次へ」をクリックし、動画の名前を入力します。

書き出しテスト

保存場所を選択し、「保存」をクリックします。

すると、動画の書き出しが始まり、しばらくすると、下記のメッセージが表示されます。

共有は正常に完了しました。

保存先に選んだフォルダを見ると、動画ファイルがあるはずです。

これがiMovieの動画書き出し手順です。

iMovieの書き出しできないエラーのよくある原因

iMovieの書き出しできないエラーの原因はいくつかありますが、実は他の動画編集ソフトと原因はほぼ同じです。

本ブログでは、以前、Final Cut Pro Xの書き出しエラーについて解説しましたが、その対処法とほぼ同じです。

Final Cut Pro X  iMovie は同じAppleが開発しているものなので、使い方も似ています。

書き出しできないエラーの原因は、以下のことが挙げられます。

  • 保存先の容量不足
  • ファイルの容量が大きすぎる
  • パソコン上でブラウザやソフトをたくさん稼働させている
  • iMovieの何らかの不具合

それぞれの対処法を解説します。

保存先の容量不足

保存先は、書き出すときに選択できます。

基本的にパソコンか、SDカードなどを保存先にするかと思います。

書き出しエラーが出たら、パソコンまたはSDカードの残量を確認しましょう。

Macパソコン画面の左上のりんごマークをクリックし、「このMacについて」をクリックします。

Mac保存容量確認

「ストレージ」をクリックすると、下記のようにHD、USBの容量が確認できます。

容量

動画の長さにもよりますが、数GBの容量が必要です。

容量が足りない場合は、整理をしましょう。

ファイルの容量が大きすぎる

ファイルの容量が大きすぎると、書き出しエラーになることがあります。

それだけ大きいファイルになると、普通のパソコンでは扱いにくくなるからだと思います。

そもそも書き出ししているファイルの容量が大きすぎると、書き出しに膨大な時間がかかるので、その間にパソコンがバグるといったことも考えられます。

馬鹿正直に100GBほどのファイルを書き出していたことがあったのですが、書き出しに時間はかかるし、途中でエラーが起こるし、大変でした。

書き出す時に、想定の容量が数値で表示されるので、その容量があまりにも大きすぎる場合は、書き出しの設定に問題があるので、設定を見直しましょう。

書き出し時の設定では「解像度」や「品質」を落とすことができます。

この設定が原因で異様に大きいデータを書き出ししようとしていることもあります。

容量確認

上記の画面は、数秒の動画の書き出しなので、7.4MBしかありません。

僕の経験上ですが、10分の動画なら、容量は2GB程度が相場です。

パソコン上でブラウザやソフトをたくさん稼働させている

パソコン上でブラウザのウインドウを複数開いていたり、ソフトを複数立ち上げていると、処理が重くなり、動画の書き出し中にエラーを起こすことがあります。

これはパソコンの「メモリ」が関係しています。

ここでいうメモリは、保存容量のことではなく、処理に使われるメモリのことです。

「このMacについて」の「概要」からメモリを確認できます。

メモリ

動画編集をするなら、最低でもメモリは16GB必要です。

iMovieの何らかの不具合

原因がわからない場合は、一旦iMovieのソフトを終了してみましょう。

iMovie起因のエラーであれば、ソフトを一度終了することで解消される場合があります。

iMovieのエラーコード10008の対処法

iMovieでエラーが起きた時、エラーコードが表示されることがあります。

多くの人が悩んでいるエラーコードは10008です。

エラーコード10008は、ビデオレンタリングエラーが原因です。

編集しているプロジェクト内で、ある部分が破損している場合に起こることがあるようです。

動画データを取り込んだ後に、パソコンから大元のその動画データを削除して、書き出しを行なった場合にも起こることがあります。

エラーコード10008の対処法としては、破損部分を削除するか、破損部分のデータを修正するか、という対処があります。

0バイトで書き出しされる原因

動画は書き出しできたけど、肝心のファイルが「0バイト」になっていて、ファイルが空ということで困っている人もいます。

QuickTime Playerでファイルを開こうとしても、

「QuickTime Player can't open〜」

といったメッセージが表示され、再生できないのです。

ファイルは、0バイト、0KBなどになっていたりします。

対処法としては、「保存先を変えてみる」ことです。

iMovieのエラーでフリーズする原因

iMovieを使っていると、画面がカクカクして固まる時があります。

一時的ならそれは単なるメモリ不足です。

しかし、画面が固まったまま、一向に動かなくなったということなら、それは大問題ですよね。

「画面がフリーズした」と言ったりしますが、書き出し中にもそれは起こり得ます。

書き出し時は高い負荷をかけてしまう処理なので、このフリーズが起こりやすい状況になります。

やはりメモリ不足のパソコンを使っていると、それだけフリーズのリスクは高くなりやすいです。

対処法としては、

  • しばらく待つ
  • 待ってダメならソフトを強制終了する
  • ソフトが強制終了できないなら、パソコンを再起動する

といったことをしてみましょう。

iMovie書き出し中に強制終了する原因

iMovieを使っているときに、急にソフトが落ちてしまうことがあります。

編集中の時にソフトの画面が消えたり、書き出し中に固まってしまい、最終的に強制終了してしまったり…

こういった現象も高い負荷がかかる処理を行ったことで起こります。

基本的には、再度ソフトを立ち上げれば問題なく動くことが多いですが、一度パソコンやiMovieに入っているデータを整理することをお勧めします。

iMovieに動画をたくさん取り込んだ状態で作業を続けていると、動きが鈍くなり、最終的に強制終了することがあります。

不要なファイルやアップロード済みの不要なプロジェクトがあれば、削除してみましょう。

まとめ

今回は、iMovieの書き出しできないエラーの原因や対処法について解説しました。

書き出し時にエラーが出たら、まず正しい手順で書き出しを行っているか、書き出しの設定に問題はないか、確認しましょう。

設定に問題がなければ、本記事で紹介したよくあるエラーの原因に陥っていないかチェックしましょう。

本記事はiMovieの書き出しエラーについての話ですが、Final Cut Pro Xでも同様の原因、対処法となります。

下記のFinal Cut Pro Xの書き出しエラー対処法についての記事もご参考ください。

FINAL CUT PRO 書き出し エラー
Final Cut Pro Xで動画データの書き出しができない時・エラー対処方法【ファイナルカットプロ 使い方記録】

僕は、日頃、動画編集してYouTubeにアップしてますが、動画を編集する時は、Final Cut Pro Xで編集してます。 Final Cut Pro Xは有料のソフトで、色んなことができるので、重 ...

続きを見る

他の動画編集ソフトのエラー原因と対処法

本ブログでは、他の動画編集ソフトのエラー原因と対処法も解説しています。

エラーに悩んでいる人は、そちらも解決のヒントになる場合もあるので、そちらも参考にしていただけたらと思います。

フィモーラエラー書き出し原因
フィモーラで書き出しできないエラー原因と動画編集時の不具合(Filmora)

フィモーラの書き出しでエラーが発生してしまう… 動画を書き出しができない時の対処の方法を知りたい。 ソフトが強制終了してしまう…なぜ? フィモーラの不具合をとにかく改善したい! 今回はこのようなことを ...

続きを見る

PowerDirectorで書き出しできないエラー原因と出力時の画質調整方法【パワーディレクター】
PowerDirectorで書き出しできないエラー原因と出力時の画質調整方法【パワーディレクター】

パワーディレクターの書き出しでエラーが発生してしまう… 動画を書き出しができない時の対処法を教えてほしい。 書き出し前のプレビューで動画がカクカクするのはなぜ? パワーディレクターで出力する動画の画質 ...

続きを見る

Premiere Pro 書き出しできないエラー&遅い原因まとめ
Premiere Pro 書き出しできないエラー&遅い原因まとめ【プレミアプロ】

Premiere Proの書き出し方がよくわからない。 Premiere Proの書き出しエラーの原因・対処法を知りたい。 Premiere Proの書き出しが異常に遅い原因を知りたい。 今回はこのよ ...

続きを見る

動画編集を学びたいならスクールへ

エラーに悩んでいても、動画編集に詳しい人が教えてくれたら、すぐに解決できます。

1人で悩んでいる時間は、勿体無いです。

エラーで先に進めない人や、効率よく動画編集スキルを身につけたい人は、動画編集スクールに通うのもおすすめです。

下記の記事で、信頼できる動画編集スクールをまとめていますので、そちらもご覧ください。

動画編集スクールおすすめ
動画編集スクールはどこが安い?おすすめ比較【副業・オンライン可】

動画編集のスキルを身に付けたい! 動画編集のスクールはどこがいい? オンラインで学べて、安いところがいいなぁ。 今回はこのようなことを考えている人必見です。 どうも!動画編集歴4年の てぃかし です。 ...

続きを見る

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-動画編集
-, , , , , , , , ,

© 2023 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5