エンジニア エンジニア転職 就職・転職

30代・40代の未経験エンジニア転職の方法と条件とは?〜ポートフォリオで年齢のハンデを埋めるには〜

30代エンジニア転職

どうも!30代でプログラミング実務未経験からエンジニア転職した てぃかし です。

今回は、エンジニア未経験の30代・40代の人がエンジニア転職をする方法と条件、そしてポートフォリオのポイントについて書いていきます。

30代・40代に向けて書きますが、20代の方も参考になる内容ですので、是非参考にして頂ければと思います。

エンジニアは若い方が採用されやすい?

まず、年齢に関してなんですが、未経験のエンジニア転職市場においては、やはり若い人の方が採用はされやすいです。

20代の人、30代の人、どちらかを採用する場面では、年齢だけを見れば、20代の人の方が採用されやすいです。これは紛れもない事実です。

でも、30代・40代の人はエンジニア転職を諦めなければならないのかというと、そういうわけではないです。

実際に僕は30代でエンジニア転職をしていますし、40代でエンジニア転職をしたという人も実際にいます。

やることやって差別化も図れば、考え方次第では、30代・40代でもエンジニア転職はできます。

今回お伝えする内容としては、条件と心構え、そしてエンジニア転職をする方法についてです。

30代以上のエンジニア転職のポートフォリオの条件

ポートフォリオのレベル

まず、条件として、20代が作るポートフォリオよりレベルの高いものであるべきです。

ポートフォリオについてはYouTubeで「最低限でいいです」とお伝えしていますが、それはあくまで20代・30代前半の人達の話です。

20代であれば、スクールで作ったレベルでもエンジニア転職は可能です。

35歳以上になってくると、普通のポートフォリオではちょっと厳しいです。

一般的な20代の人が作ったポートフォリオより、レベルを1ランク・2ランクぐらい上げていく必要があるのです。

具体的にレベルの高いポートフォリオというのは何かというと、

機能が豊富、APIを活用する、UI/UXを整える、テスト用のコードを書く、AWSやdockerを活用することです。

機能が豊富というのはどういうことかというと、

基本的なCRUD機能に加えて、いいね機能、フォロー機能、CSVダウンロード機能、アップロード機能、時間指定投稿など

色々考えたらキリがないのですが、機能を充実させるということです。

UI/UXを整えるというのは例えばどんなことかというと、

ボタンの位置を見やすい位置に置く

といったことです。

テスト用のコードを書くというのは、Rubyだったら

テスト用のフレームワークであるRspecを使う

といったことができます。

これらによってポートフォリオの差別化は図れると思います。

30代以上のエンジニア転職の心構え

転職活動

勉強時間と転職活動時間について

心構えの部分になるのですが、1年は独学と転職活動をする覚悟をした方がいいです。

やはり30代・40代になってくると、若い人より吸収率が低くなる傾向があります。

勉強する時間も長くなってくると思いますし、転職活動も中々採用がもらえずに長引く傾向にあります。なので1年は見ておいた方がいいです。

応募する企業の分野を広げる

又、自社開発だけではなく、受託開発、SESも視野に入れた方が良いです。希望年収も下げる。30代・40代の人だと年収400万、500万、600万それ以上の人もいると思います。

エンジニア未経験だと最初は年収300万からになります。なので採用されなかったら、300万円以下も検討するという心構えでいた方がいいと思います。

そして、東京に出て活動をした方が東京の方が案件が多いので、それだけ採用はされやすくなってくると思います。

応募できる企業の数を増やすために、こういったことをすると良いでしょう。

技術力以外の強みをアピール

それから、20代にはないコミュニケーション能力や社会人経験をアピールすることも大事になってきます。

以上が、30代以上がエンジニア転職するための条件と心構えです。

特にポートフォリオは、質の高いものを目指しましょう。

エンジニア転職のちょっと変わった方法

最後に、エンジニア転職をする方法について話をしていきます。

まず、普通に転職活動をするという方法。スクールに通って、転職活動をする普通の方法です。

それで無理なら、「アルバイトからスタートしてみる」。アルバイトで経験を積んで、そこでアルバイトをしながら転職活動をするという方法があります。

最後の方法として、人脈を広げてそこから選考につなげるという方法があります。

ブログやツイッターを活用して、人脈を形成するもありですし、もくもく会やイベントに参加して企業との繋がりをどんどん作っていく方法です。

企業が参加しているイベントは結構あるので、そこで企業の担当の方と仲良くなれば「遊びに来ませんか?」という話も出てきたりしますし、やはりイベントに参加して人脈形成するというのは効果的な方法だと思います。

まとめ

まとめると、

  • 30代・40代以上の人は転職活動期間は長くなることを覚悟しておきましょう。(フリーの場合は丸半年、仕事しながらの場合は1年、独学・転職活動をすることを覚悟)
  • ちゃんとポートフォリオで差別化を図れるように、意識してポートフォリオを作っていきましょう。

30代・40代の方は20代の方と比べると少し不利な面もあるのですが、それでもエンジニア転職をしてる方というのはいますので、20代の方にも負けずにポートフォリオを作成して転職活動を頑張って頂けたらと思います。

ということで今回は以上です。

エンジニア転職を目指している方は、エンジニア転職の無料メール講座というのを用意しています。エンジニア転職を目指している方は、是非登録してみてください。

未経験からのエンジニア転職無料メール講座はコチラ

未経験からのエンジニア転職無料メール講座

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, エンジニア転職, 就職・転職
-, , , , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5