プログラミング エンジニア 就職・転職 エンジニア転職 プログラミングスクール

最大料金195万円!CODEGYM はなぜ高い?【コードジム ISA / Monthly】

CODEGYM

エンジニアの てぃかしです。

今回は、プログラミングスクール業界で話題になっているCODEGYM(コードジム)について書いていきます。

CODEGYM公式サイトはコチラ

2021年5月頃、エンジニア系YouTuberであり、「雑食系サロン」というエンジニアのコミュニティも運営している、勝又健太さんがこのCODEGYMについて取り上げて、話題になっています。

勝又健太さんは、動画でどんなことを言っているかというと

「とにかく値段が高い。」

「ぼったくりなんじゃないか。」

という事を仰っています。

そういった批判的な動画を出したものですから、CODEGYMの代表者(鶴田 浩之氏)から訴状が届き、裁判沙汰になる可能性があるという事です。

結構、騒ぎになっているみたいです。

CODEGYMの批判的な動画を見たい方は勝又さんの動画をご覧ください。

今回の記事では、プログラミングスクールも経験して、エンジニア経験もしている僕がCODEGYMについて解説します。

コードジムはどんなプログラミングスクールなのか?

コードジムはなぜ高額なのか?

その理由を知りたい人やプログラミングスクールのお金事情などについて知りたい人はぜひ参考にしてください。

できるだけ中立を維持していきます。

内容は下記の目次の通りです。

CODEGYMとは?

こちらがCODEGYM(コードジム)の公式サイトです。

CODEGYM(コードジム)

CODEGYMとは、ここにも記載の通り、

パーソナル・コーチングを主体としたオンラインによるプログラミング学習サービス

です。

CODEGYMはアメリカ、ハーバード大学のコンピュータサイエンス入門講座「CS50」を日本語化、無償公開したという実績があるとのことです。

コントリビュータとして専用サイト CS50.jp を設立しています。

つまり、CODEGYMはハーバード大学の入門講座を日本語化、無償公開するほど、素晴らしいスクールであるということですね。

CODEGYMには、3つコースがあります。

  • CODEGYM Academy

CODEGYM Academy

  • CODEGYM Monthly
  • CODEGYM ISA

CODEGYM Monthly ISA

しかし、CODEGYM ISAがかなり高額だということで、勝又さんが批判されています。

CODEGYM Academy とは?

まずCODEGYM Academy(コードジムアカデミー)について見ていきましょう。

CODEGYM Academyは新卒ITエンジニアを目指す方向けのコースです。

40を超えるスポンサー企業の協力で無償提供により開校されています。

スポンサーがいるので、受講生は無償で受講できます。

有名な企業がスポンサーになっています。

コードジムのスポンサー

あのGoogleもスポンサーになっているみたいですね。

これを見ると「信頼のあるプログラミングスクール」というイメージを持ちますね。

しかし、CODEGYM Academyは募集は2021年春入校分は終了しました。

秋入学はまた別途あるみたいですね。

無償提供は、実は最大1000名までということらしいです。

最初だけみたいですね。

これが終われば有料になっていくのではないかと思います。

料金は今のところ(2021年現在)最大1000名までは0円という形で始められているそうですね。(参考価格は66万円と表記があります。)

みんながみんな受けられるわけではなくてWebテスト(適性検査)、初回授業があります。

全体のスケジュールは、下記のような流れになっています。(下記の画像は2021年のものです。)

コードジム スケジュール

2021年現在、無償で提供しているということなので、CODEGYM Academyに関しては、炎上の要素はないと思います。

それでは、有料のコースを見ていきましょうか。

CODEGYM Monthly とは?

CODEGYM Monthly(コードジムマンスリー)は、一人ひとりの目標達成にコミットし、コーチング主体の月額制プログラミング学習を提供しているサービスです。

CODEGYM Monthly

月額制のプログラミングスクールですね。

よくあるプログラミングスクールだと思います。

詳細を見ていきましょう。

コードジム マンスリー

学習可能なプログラミング言語数は50種類以上あります。

その中から自分に合ったオーダーメイド型のプログラミング支援サービスを受けることができます。完全個別ですね。

コーチの実務経験年数は平均10.7年です。

経験値が高いベテランのエンジニアがいらっしゃるようですね。

挫折による解約率は今のところ0%と記載があります。

特徴としては、学習目的に合わせて0から学習カリキュラムを設計するというものとなっています。

なので、一人一人カリキュラムの内容は変わってくるということです。

CODEGYMはオンラインで受けることができて、現役エンジニアが専属コーチとなります。

そして、一人一人に合わせた学習ロードマップが用意されます。

さらに、チャットサポート、オンラインコーチングもあって、オンラインコミュニティもあります。

プログラミングスクールとしての役割はちゃんと果たしているというスクールだと見受けられます。

こちらは他スクールとの比較表です。

プログラミングスクール比較

料金プランに関しては、ライトプラン、スタンダードプラン、スタンダードWプランというのがあります。

コードジム マンスリー 料金プラン

この内容を見る限り、ちょっと趣味程度に勉強したいという人なら、ライトプランでしょうね。

絶対転職をしたいんだ!という本気の方はスタンダードWプランになるのでしょう。

スタンダードWプランは、月65,780円です。

エンジニア転職しようと思ったら、だいたい3ヶ月は勉強しなければいけません。

3ヶ月利用するとしたら、だいたい65000円×3ヶ月で、20万円程度になります。

エンジニア転職するためのプログラミングスクールで20万円。

金額だけ見れば、結構リーズナブルな方だと思います。

例えば、テックキャンプであれば、今(2021年現在)は80万円ほどかかりますから、それと比べると20万円は安い方だと思います。(テックキャンプの転職コースのカリキュラムは10週間)

テックキャンプについては、下記の記事で解説しています。

TECH CAMP(テックキャンプ)
【卒業生が語る】テックキャンプのコース・料金・言語・割引・特徴を徹底解説

エンジニア志望の人 テックキャンプについて知りたい!何が学べるのか? 転職先企業はどんなところがあるか?実際どうなの?実際の卒業生の感想も聞いてみたい。割引はないかな? 今回はそんな疑問にお答えする記 ...

続きを見る

ここだけを見ていると、炎上の要素は、あまりないと思います。

CODEGYM Monthlyコチラ

CODEGYM ISA とは?

それでは、噂のCODEGYM ISA(コードジム アイエスエー)を見ていきましょう。

CODEGYM ISAは、日本初の学費後払い/出世払い、自分の限界を試す6ヶ月のコースです。

コードジム ISA

後払い制はプログラミングスクールに今まで例を見ません。ローンはありますけど、ローンを使わずに後から払うのは日本初とのことです。

では、詳しく見ていきましょうか。

ISAってそもそも何かと言うと、Income Share Agreement(所得分配契約)の略です。

ISAは、あなたが転職に成功した場合に限り、年収の一定割合を後払いで払う契約(所得分配契約)です。CODEGYMは、日本で初めて、唯一ISAを提供しているオンライン教育機関です。ISAには就労可能な年齢である16歳以上29歳以下の方がエントリー可能です。家庭環境、学歴、現在の職種、年収、あるいは出産や介護といった何かしらの理由でキャリアが中断されてしまった方が、新しい可能性にチャレンジできる機会です。6ヶ月~12か月間、フルタイム/夜間・土日いずれかのクラスでの学習を経て、就職に成功するまで、金銭的なリスクを抑えることができます。

これを読むと結構魅力的に感じますよね。

CODEGYM ISAの特徴は下記の通りです。(公式サイトの文言のままです)

  • 転職実現まで支払いなし
  • あなたの成功が学校の成功です
  • 学歴や環境に制限しないチャンスを
  • 1200時間の本格的なカリキュラム

1200時間が多いか少ないかで言うと、プログラミングスクールとしては多い方です。

あのテックキャンプでも600時間のカリキュラムなんですよね。

それに比べて2倍のボリュームがあるのです。

1200時間ということは、CODEGYMではかなりの勉強量が課せられるということがわかります。

また、CODEGYM ISAは希望者全員が受講できるというわけではありません。

入学倍率は、4~5倍です。

継続率は86.5%。選考に通った方の中で継続率が86.5%なので、結構過酷であることが予想されます。

就職率は100%。ちゃんとカリキュラムを終えた人は100%就職しているとのことです。

コードジムISA倍率

年収実績は480万円。最高480万円だそうです。

では、CODEGYM ISAの詳細見ていきましょう。

CODEGYM ISA公式サイト

日本初の「出世払い」エンジニア養成校。

入学金・授業料は0円ですが、就職に成功した後、給与額面の15%を30ヶ月かけて払う契約になっています。

CODEGYM ISA 入学金

例えば、月給が30万円だったとしたらその15%として、4.5万円を支払います。

この4.5万円を30ヶ月に渡って払い続けると、合計135万円になります。

これは結構高いです。これは批判でもなんでもないです。

プログラミングスクールの価格帯は、いろんなプログラミングスクール見てますけど、135万円ほどを払うスクールは今まで僕が見た日本のスクールの中で一番高いです。

ローンを使っても100万円ちょっとというスクールはありますが、100万円を超えてくるスクールは、見たことありません。

これは高額だと誰もが思うと思います。

ただ、先ほども書きましたが、カリキュラムが1200時間なんですよね。

なので、結構基礎から応用までみっちり勉強すると思うんですよね。

あのテックキャンプでも600時間ですから。

その倍ありますから、相当鍛え上げるんじゃないかと思います。

未経験からエンジニア転職するまでの勉強時間については、下記の記事で詳しく解説しているので、こちらもご参考ください。

エンジニア転職の勉強時間
長い道のり?未経験からエンジニア転職までのプログラミング勉強時間

未経験からプログラミング学習&エンジニア転職をした てぃかしです。 この記事を読めば、下記のの内容がわかります。 未経験から転職活動スタートまでのプログラミングの勉強時間とやること 転職活動ス ...

続きを見る

未経験からの最大年収実績は480万円。

平均初任給が383万円ということです。

単純に月給でいうと30万円ちょっとですね。

なので卒業生は総額で150万円位は、CODEGYMさんに払うことになるのでしょう。

CODEGYMの目標が、「就職活動に成功するというところではなくて、業界の中で活躍する」ことになっています。

なので、1200時間も勉強するのは納得できます。

CODEGYM ISAは2つのコースがあります。(2021年現在)

コードジムISAのコース

24週間コースと48週間コースがあります。半年か1年のコースですね。

半年の場合は、短期集中で週に50時間勉強することになります。

1年間の場合は、週に20時間勉強することになります。

働きながらでもできるコースになっています。ただ、働きながらは過酷だと思いますけどね。

また、CODEGYM ISAには、ポリシーというものがあります。

CODEGYM ISAのポリシー

給与からの支払い率が15%

卒業後の支払期間は30ヶ月

ISAが有効となる年収下限額270万円

支払いの上限額は195万円

最大でも195万円だということですね。めちゃめちゃ高いですね。

4年制の私立大学の1年の授業料を優に超える金額です。

それだけの価値があるということでこのポリシーを設定しているのだと思います。

CODEGYM ISAはコチラ

CODE GYMのコミュニティサポート

CODEGYM ISA サポート

CODEGYMには、徹底したコミュニティサポートもあります。

月1回のオンラインイベント、オンライン交流会、ライトニングトーク大会もあります。

CODEGYM ISAの費用はなぜ高額なのか?

ということで、CODEGYMの公式サイトを見て僕の個人的な感想を述べさせていただきました。

やはり一番思うのは、最終的に払う金額が高いというところですね。

ただし、後払いなので

リスクが低いこと、

そして1200時間の本格的なカリキュラムが用意されていること、

学習時間に関しては、テックキャンプの倍なので、単純計算をするとテックキャンプの倍の値段でもおかしくないと考える人もいるかもしれません。

テックキャンプ受講費用80万円の倍、160万円くらい払っても、このCODEGYMさんに入校する価値があると思う方もいらっしゃると思います。

そして、ポイントなのが、CODEGYM ISAは選抜制なんですよね。

もしこれがどんな人でも受けられるというルールであれば、情報弱者を騙すビジネスだと批判されても仕方ないと思います。

でも選抜制なんですよね。

なので、このカリキュラムにちゃんと耐えられる人を選抜して、就職成功に導いて、その方からちゃんとお金をもらっているということです。

よって、情報弱者を騙すようなビジネスとはちょっと違うのかなと思います。

実情は、内部に入ってみないとわかりませんが、僕はこの公式サイトを見る限りはそう思いました。

もし、実際に受けた人や内情を知る方がいらっしゃいましたら、公式LINEに情報をご提供いただけたらと思います。

ということで、今回CODEGYMについて書きました。

CODEGYMの現在の情報については、下記の公式サイトをご確認ください。

CODEGYM公式サイトはコチラ

他のプログラミングスクールについても動画や本ブログで解説していますので、興味のある方は、ぜひチェックしてください。

プログラミングスクールまとめ
未経験エンジニアのためのプログラミング&デザインスクールまとめ一覧

プログラミング学習をしたい人プログラミングの勉強を始めたい。 エンジニア転職もしたい。 色んなプログラミングスクールがあるけど、どのスクールが良いのかな?違いはなんだろう? 今回の記事はそんな悩みを持 ...

続きを見る

プログラミングスクールの選び方
プログラミングスクール選び方12のポイント【ITエンジニア・デザイナー】

プログラミングスクール検討中の人 プログラミングスクールに行きたいけど、どのプログラミングスクールが良いのだろう? 何を基準に選んだら良いのかな? 自分に合ったスクールが知りたいな! 今回はそんな疑問 ...

続きを見る

未経験からエンジニア転職を目指している方には、無料のメール講座を用意しています。興味のある方はぜひご購読ください。

未経験エンジニア無料メール講座

本ブログでは、エンジニア関係の記事を他にもアップしていますので、興味のある方は、お気に入り登録をして、またご覧いただけたら嬉しいです。

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-プログラミング, エンジニア, 就職・転職, エンジニア転職, プログラミングスクール
-, , , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5