エンジニア プログラミング 健康

【つらい人へ】新人エンジニアの心のケア3つと嬉しいこと

新人エンジニア心のケア

新人エンジニアのてぃかしです。(※本記事は2020年7月頃、てぃかしがエンジニアとして働き始めて、4ヶ月のタイミングで話した内容を記事にしています。)

以前の記事で新人エンジニア一年目は結構しんどい、つらいという話をさせていただきました。

実務未経験エンジニアの苦悩
実務未経験エンジニア1年目の苦労とストレスの正体5つ

※本記事は、2020年7月に語った内容をもとに書いています。 どうも、実務未経験でエンジニア転職して3ヶ月仕事をした、てぃかし です。 入社してから3ヶ月。色々大変なことがありました。 実務未経験とい ...

続きを見る

その記事を読んで「え?不安だな…」と思った方はいらっしゃると思います。

その気持ちよーくわかります。

よーくわかるんですけど、新人エンジニア1年目でも嬉しい事、楽しい事は、ちゃんとあります。

僕はそれもちゃんと感じながら仕事をやっています。

今回の記事は、簡単に言うと、ちゃんと心のケアをしていきましょうという話です。

ちゃんと心のケアをしていけば、そういった嬉しい事、楽しい事にも目を向けて仕事を続けられる、モチベーションを保つことができるのです。

ということで、新人エンジニアの心のケア3つご紹介します。

心のケア① 貢献できることをやる

まず一つ目。「貢献できることをやる」です。

新人エンジニアって、プログラミングスクールあがりだったりすると思うんですけど、やっぱり技術がまだまだなんです。

開発に携わるにはまだまだレベルが足りないです。中にはなんとか開発で貢献できる人もいますが、普通、なかなかできません。

できたとしても、結構時間がかかってしまいます。

ベテランエンジニア、先輩エンジニアに比べると同じ事するのにも結構時間がかかっちゃいます。そして時間がかかっちゃうと、申し訳なさを感じてしまいます。

例えば先輩エンジニアだったら、二時間でやる仕事なんだけど、自分がやったら4時間、5時間かかっちゃうとか。

そうなると大変申し訳なく感じてしまうんですよね。

俺の給料もっと低いんじゃないかと思ってしまうのです。

それで罪悪感を感じてストレスがたまるということになるんです。

それを防ぐには、とにかくなんでもいいから貢献できることをやりましょう。

開発を任せてもらえるという環境はすごいいい環境です。その環境はすごい感謝すべきです。

ですが、それもやりつつ、ちゃんと自分が確実に貢献できることに目を向けそれをやってみましょう。

雑用でも何でもいいです。とにかく、「貢献させてください。何かやらせてください。」と先輩や上司に言ってみましょう。

どんな仕事でも人のためになっていれば、「ありがとう」と言われます。

その言葉がすごい救いだったりするんですよね。

「あ、俺ここにいていいんだ」と。

なので、貢献できることをちゃんとやりましょう。

それが雑用でもいいですし、できたら開発でもいいですし、なんでもいいんです。とにかくやってみる。

先輩や上司に喜んでもらいましょう。喜んでもらって自分も喜ぶということができると思います。

心のケア② 気分転換に実務以外の好きな勉強をする

楽しい勉強

二つ目、気分転換に実務以外の好きな勉強をやってみる。

実務で開発ができる環境はすごいありがたい環境です。

ですが、自分のレベルに合わないようなレベルの高い業務も仕事ですから振ってきます。

仕事ですから、それに立ち向かっていくわけですが、わからないことがあると、「俺ってバカなのかな」と思ってしまうことがあります。

レベルの高いことをやってると負荷が結構かかっちゃうんで、ときにはレベルの低いことや、自分の好きな勉強もやってみるといいです。

僕が実際やってることは動画教材を見るということです。

実務では、能動的にプログラミングの仕事をしていますが、

能動的仕事しているばかりでは、疲れます。

これは人それぞれかもしれないんですけど。

能動的なことばかりやってるなと思ったら、受動的な勉強も取り入れるといいと思います。気分転換です。

能動的にプログラミングの勉強をする、つまり、開発することは勉強法としては効率が良くて効果的だとは思います。

でも、そればっかりをやってると精神がすり減ってくるということもあります。

そういうことが起きてるなと思ったら、勉強の内容をちょっと簡単にしてみましょう。

動画教材を見るという受動的な勉強をしてみるとか、いろいろ気分転換をして勉強をするのもいいと思います。

そうすることでプログラミングってやっぱり楽しいなと思えたりするんで、また明日から仕事頑張ろうと思えます。

心のケア③ 長い目で見る

最後三つ目、長い目で見る。

「つらいつらい」「嫌だ嫌だ」と思ってる人って現在のことしか見れてなかったりします。

現在だけを見て「僕の人生はもう終わりだ。最悪だ」と思ってしまうんです。現在の状況が一生続くような気がするんです。でもそんなことはないんです。

今つらいことがあっても、良いことは未来に必ずあります。もちろん嫌なこともありますよ。

良いこともあって悪いこともあって、その繰り返しなんです。

なので、今ちょっとつらいと思っていても先を見ましょう。長い目で見ましょう。

エンジニアって、一年頑張れば市場でちゃんと経験者として扱われるんです。

だいたい一年でフリーランスってなれると言われています。

何人かのエージェントにも直接聞いたことがありますが「一年くらいの経験は必要です」とみんな口を揃えて言います。

なので一年あればフリーランスでもやっていける実力はつくわけなんです。

そういった一年後の自分を想像しましょう。

「一年たてばフリーランスでもやっていけるんだ」と明るい未来を想像しましょう。

とにかく、これを見てる方には元気を出して、これから頑張ろうと思ってる方は「よっしゃ立ち頑張るぞ!」と思って欲しいです。

この記事を見てる人が元気になることを僕は願っていますので、ともに頑張っていきましょう。

以上3つ心のケアの話をさせていただきました。

嬉しい事、楽しい事は、日々転がっていると思いますので、新人エンジニアの方はぜひ実践していただきたいなと思います。

あとこの3つ以外に大事だなと思うのは気分転換です。

気分転換に自分の好きな勉強するということを書きましたが、

プログラミングやエンジニアと無関係な遊びやゲームでもいいですし、好きなことを時々した方が良いと思います。つらいですから。

プログラミングだけしか楽しみがないって人だったら全然いいんですけどね。

大半の人が自分の趣味がプログラミング意外にあると思うんで、それを気分転換にやってみるといいと思います。

僕の話ですとYouTubeって結構支えになってます。

YouTubeの動画を投稿することによってコメントとかいいねをいただけて「よっしゃ頑張ろう」と思います。他のことをするってすごくいいと思います。

一番もったいないのは「つらいな」と、そのときの気分で挫折してしまうことです。

そうならないように心のケアを日々して行って、モチベーション維持をしていくのが大事だと思います。

未経験からエンジニア転職を目指している方は、無料メール講座を用意しています。興味のある方はぜひご購読ください。

未経験エンジニア無料メール講座

本ブログでは、エンジニア関係の記事を他にもアップしていますので、興味のある方は、お気に入り登録をして、またご覧いただけたら嬉しいです。

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, プログラミング, 健康
-, ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5