エンジニア エンジニア転職 プログラミング 健康

実務未経験エンジニア1年目の苦悩とストレスの正体5つ

実務未経験エンジニアの苦悩

※本記事は、2020年7月に語った内容をもとに書いています。

どうも、実務未経験でエンジニア転職して3ヶ月仕事をした、てぃかし です。

入社してから3ヶ月。色々大変なことがありました。

実務未経験ということで、やっぱり勉強すること、やらなければいけないことが、いっぱいあり、土日は勉強に追われていました。

それが原因で動画やブログの更新が止まっていました。

それぐらい実務未経験の人は大変だなということをここ2〜3ヶ月で実感しました。

ということで、今回はタイトルの通りなんですけど、未経験エンジニアの苦悩とストレスの正体について書いていきたいと思います。

現在進行形(2020年7月現在)で、色々苦しんでるわけですけれども、そんな僕がこのテーマついて触れていこうと思います。

今回の記事でこれからエンジニアなろうと思っている人の不安や恐怖を煽ろうとは思っていません

苦悩やストレスを事前に知って、それをどう対処していくかということを参考にしていただけたらなと思って、書いてます。

その苦悩とストレスの正体を5つまとめました。

僕が思ったこともあるんですけど、周りの同じような境遇の人とかに聞いたりして、「こういうこともストレスだよね」ということを五つまとめております。

全部僕のことではないので、そこはご了承いただいて聞いていただけたらと思います。

未経験エンジニア苦悩① わからなくて全然前に進まない

1つ目。

分からないことがあって前に進まない、同じことに悩み続ける、ということです。

これはエンジニアあるある、プログラミングあるあるかもしれないんですけど、本当に分からないことがあって、ずっと悩むことがあります。

半日悩んだり、ひどい時には1日悩み続けるということもあります。

お金を頂いている身として、何も進まないと、罪悪感を感じます。

僕はそういうタイプなんです。

楽観的な人で「お金もらえてラッキー」と思う人もいるかもしれないんですけど、僕は罪悪感を感じます。

結構気が弱いタイプなんです。

色々考えちゃうんです。

そういったことをストレスに感じる人もいるというわけです。

未経験エンジニア苦悩② 覚えることが多くて短期記憶が崩壊する

短期記憶崩壊

2つ目。

覚えるべきことが多くて短期記憶が崩壊する。

エンジニアに限らず、新人の時期や転職したての頃は覚えることが多いです。

エンジニアになると、技術面のことなど、色んなことを覚えていかなければいけないんです。

プラス、社内的なルールとか、会社の使ってるツールの使い方とか、上司、先輩の指示とか、アドバイスとか、そういったことも覚えていかなけれはいけない。

忘れてたら大変迷惑ですし、「この人大丈夫?」と思われます。

その「大丈夫?」という同情が、すごく傷ついたりするんです。

プライドが高い人だともっと傷つくと思います。

でも、やっぱり人間ですから、忘れる事はあります。

それを対策するためにメモしたりするんですけど、やっぱり漏れちゃうことがあります。

短期記憶って、数日覚えられてたりするんですけど、ひどいと数十秒で忘れるそうです。

短期記憶って覚えられてる期間も限られてるし、覚えられる容量もすごく限られてるんです。

一説によると、3つまでのことしか覚えられないらしいんですけど、最初の頃は本当に覚えることが多すぎて、パンクしちゃうんです。

忘れてしまって、「あれ何でしたっけ?」っ聞いて、「え、さっき言ったのに」ということになっちゃうんです。

それで申し訳なくなって、ストレスを感じてしまうという人もいると思います。

僕もそれはありました。

それは申し訳ないですし、その申し訳ないことがストレスに感じたりすることがあります。

未経験エンジニア苦悩③ 会社に貢献できてない感を感じる

3つ目。

会社に貢献できてない感を感じる。

これは一つ目のことにつながったりするんですけど、やっぱり未経験エンジニアって、まだまだ仕事できません。いや、全然できません。

この記事を書く前に、「実務未経験1年目」とか検索していろんな記事を読んでみました。

その結果、思ったのが、やっぱり1年目は本当に使い物にならないんだなということです。

全然できないっていう人が多いです。

というか、ほとんどそういう話でした。

なので、1年目って全然できないんだなと思いました。

全然できてないということは、会社に貢献できてないということなので、やっぱりそれだけ罪悪感を感じるんです。

お金をもらってるのに、全然貢献できてない。

そんなの全然気にしないという人もいると思うんですけど、やっぱり気にする人も結構いると思います。

1年目の僕が言うことじゃないかもしれないんですけど、「1年目はもう大目に見ましょう」と言いたいです。

かといって、甘えて勉強しないのはダメだと思いますが、やることやってれば全然そうやって落ち込むことはないと思います。

未経験エンジニア苦悩④ 思っているより地味な作業が多い

単純作業

4つ目。

思ってるより地味な作業が多い。

プログラマ、エンジニアというと、何か開発をして、何かを作るという、クリエイティブな考える仕事だと思ってる人もいると思います。

考える仕事ではあるんですけど、中にはやっぱり単純な作業、地味な作業があったりするんです。

それが結構果てしなかったりするんです。

めちゃめちゃ量が多かったり。

僕のやったこととして、ひたすらinputタグを貼り付けていくという作業がありました。

単純にコピペだけでやるというのは無理なので、ネーム属性を一個一個変えて、もうひたすらinputタグを書いていくという、そういった作業があったりしたんですけど、結構地味だなぁとか思ったりしました。

でも未経験エンジニアにとっては、それは結構ためになる仕事だと思うので、それは積極的に、楽しんでやったらいいと思うんです。

でもやっぱりこういった単純な地味な作業ばっかりやってると、このままでいいのかなって思っちゃう人もいると思うんで、ストレスの正体の1つとして入れさせていただきました。

未経験エンジニア苦悩⑤ 人間関係の悩み

5つ目。

人間関係での悩み。

僕に関しては、全然問題ないです。

飲みに連れて行ってもらったりとかしてますし、すごく優しい方だと思うんで、全然そこは僕は問題ないと思います。

でもやっぱり人間関係の悩みを持ってる人もいると思います。

それはどういうふうに対処していけばいいのかということを、最後に書いて終わりたいと思います。

対策としては意識面、生活面、技術面、この三つがあると思います。僕も実践してます。

意識面の対策

どんなことをしているかというと、まず意識面なんですけど、人間関係を良好に保つために仲良くなるようにしています。

仲良くするためには、その人が喜ぶようなことをしたら良いです。

エンジニアが日常的に多く関わっているのはエンジニアです。

未経験の方だったら、先輩や上司のエンジニアに教わります。

その人たちに好かれるには、人それぞれだとは思いますが、やはりエンジニアですから、基本的にプログラミングや開発が好きなんです。

その習性をうまく利用すると良いです。

例えば、業務外でも積極的に開発をしてみる。土日に何かを作ってみる。

作ってみたものを共有してみたり、そのエンジニアの方達と「僕こんなの作りました。どうですか」とか「この技術使ってみたんですけど」とか、そういう話をどんどんしていくと良いです。

エンジニアの方は技術好きですから、「お、そんなの作ってきたのか。ちょっと見せて」とか、それで話が盛り上がったりします。

それは自分の勉強にもなるので、絶対するべきだと思います。

生活面の対策

次に生活面です。

これはもう当たり前の事なんですけど、ちゃんと出勤するということ、業務中はしっかり業務をする。

本当に当たり前のことですが、これは結構大事です。

睡眠ちゃんと取って、ちゃんと業務中はうとうとしないとか、本当に当然のことをしっかりやりましょう。

そういう小さなことの積み重ねで信頼って生まれてくると思うので、そういう事をしっかりやっていきましょうという話です。

個人的にやってることを言うと、魚中心の食事にするとか、ランチはあんまり食べないとか。

全く食べないとそれはそれで結構つらい、そういう体質なんで、量を少なめにしています。

あんまり食べるともう眠たくなっちゃうので、もう全然使い物にならないので、ちょっとランチは抑えてるという感じです。

あとは脳に良いサプリとかそういったものを食べたりしてます。

最近僕こういう本を読んだりしてます。

ヤバい集中力

メンタリストのDaiGoさんが勧めてる本ですが、脳に良い食べ物や脳にいい行動などについて書かれているので、参考にしています。

内容に関しては、下記の動画で話しています。

技術面の対策

技術面に関しては、勉強を頑張っていくしかありませんが、ここ2〜3ヶ月で思ったのが、ただ勉強するだけでは弱いと思いました。

プログラミングやエンジニアの勉強は、「自分のものにしていく」という意識がないと厳しいなと思いました。

自分のものにしていくということはどういうことかというと、「やったことを覚えておく」ということです。

「プログラミングに暗記は不要です」と言う人、結構いると思います。

確かに1文字1文字覚える必要ないと思うんですけど、どういう仕組みで動いているか、どういう流れで動いているか、ということは覚えておかないといけないと思います。

少しは暗記しないといけないと思います。

そこを忘れてしまったら、もう勉強してないのと一緒ですから。

これはもう当たり前のことかもしれないんですけど、僕はそのことをここ2〜3ヶ月実感しました。

ただ勉強するだけじゃだめなんだな、自分のものにしていく、積極的に何か自分で開発をして、自分のものにしていく。そういう意識が大事なんだなと思いました。

そういうことしていけば、スキルはどんどん上がり、役に立つ人材になり、色んな悩みを解決できると思います。

なんだかんだ言って、自分自身が成長することが一番のストレス対策です。

ということで、僕は現在進行形で頑張っている身ですけども、同じような境遇の人や、これから頑張ろうと思ってる人、前を向いて頑張っていきましょう。

今回はエンジニアになりたての苦悩とストレスの正体について書きました。

この正体を知って、自分が今何に恐れているのかを知っていただいて、それに立ち向かっていただきたいなと思います。

まず敵を知ることから始まると僕は思います。

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, エンジニア転職, プログラミング, 健康
-, , , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5