広告 TECH CAMP(テックキャンプ) プログラミングスクール

テックキャンプは意味ない?実態と評判を卒業生が徹底解説

テックキャンプは意味ない?実態と評判を卒業生が徹底解説

  • テックキャンプは本当に受講する価値があるのか?
  • エンジニア転職に成功するためにはどのような努力が必要なのか?
  • テックキャンプのサポートやカリキュラムは他のプログラミングスクールとどう違うのか?
  • テックキャンプの噂を知りたい。

今回はこのようなことを考えている人向けの記事です。

どうも!テックキャンプ卒業生の てぃかし です!

テックキャンプを受講するかどうか迷っている方も多いでしょう。本当に受講する価値があるのか、エンジニア転職に成功するためにどのような努力が必要なのか気になるところです。この記事では、テックキャンプの効果やその魅力について具体的な卒業生の体験談を交えながら解説します。

テックキャンプの評判やカリキュラム、サポート体制についても詳しく紹介し、あなたが最適な選択をするための手助けをします。これからのキャリアを築くために、テックキャンプでの学びがどのように役立つかを一緒に考えてみましょう。

〜当サイト限定!最大6万円分お得!〜

特典は2種類からお選びいただけます。

  1. テックキャンプアンバサダー紹介特典:5万円分のAmazonギフト券
    こちらの特典を希望する場合は、私、てぃかしにご連絡ください。紹介コードは別途お伝えします。
  2. 紹介コード特典:1万円
    こちらの特典を希望する場合は、テックキャンプエンジニア転職の申し込みページで紹介コード「m0t2ki」をご入力ください。

:TECH CAMPアンバサダーからの紹介が最もお得です。アンバサダーからの紹介を希望される方は、こちらのアンバサダー特典の記事をご確認いただき、私、てぃかしにご連絡ください。

アンバサダー経由ではなく、紹介コードを使って1万円だけ受け取りたい方は、私に連絡する必要はありません。申し込みページで、紹介コード【m0t2ki】を入力してください。TECH CAMP エンジニア転職を受講される方は、現金1万円がもらえます。無料カウンセリング当日のお申し込みの場合は、さらに1万円OFFとなります。「TECH CAMP プログラミング教養」を受講される方は受講料が5%OFFとなります。

紹介コードを利用する方は以下のリンクから登録ページに移動し、紹介コード欄に「m0t2ki」をご入力ください。

紹介コード:m0t2ki
※紹介コードの 0(ゼロ)の入力間違いにご注意ください。o(オー)ではありません。コピーして貼り付け推奨。

上記割引とは併用できませんが、TECH CAMP アンバサダー経由の紹介なら5万円分のAmazonギフト券がもらえます。無料カウンセリング当日のお申し込みの場合は、さらに1万円OFFとなります。

テックキャンプは意味ない?

テックキャンプは受講しても意味がないのでしょうか?

結論、テックキャンプは、エンジニア転職を目指すほとんどの人にとって意味があるプログラミングスクールです。

テックキャンプを受講しても意味がないとは、どういう意味かというと、

テックキャンプを受講しても、しなくても、結果(エンジニア転職できるかどうか)は変わらないということでしょう。

確かにこれはごく一部の人には当てはまるかもしれません。

世の中にはプログラミングをするために生まれてきたような人がいて、そういう人にとっては、テックキャンプは受講しても、しなくても、エンジニア転職に成功します。

一方、世の中にはプログラミングに向いていない人がいて、そういう人にとっては、テックキャンプは受講しても、しなくても、エンジニア転職に失敗します

つまり、プログラミングにおいて、優秀な上位数%の人と下位数%の人にとっては、出てくる結果が受講しなくても同じなので、意味がないということです。

納得のいく転職できるかどうかの結果だけに注目すると、こうなりますが、実際は、スクールでしかできない経験もたくさんできますし、同じようにエンジニア転職を目指す人と出会うこともできます。それは人生に経験になります。

なので、どのような結果になろうともテックキャンプを受講することには意味があると、個人的には思います。

テックキャンプの評判

「テックキャンプが意味がない」と思う人は、テックキャンプのサービスの質が悪いと考えているケースもあると思います。

そこで実際どうなのか、テックキャンプの口コミをXで探してみました。

悪い評判・ネガティブな口コミはあるのか

テックキャンプの受講生からの悪い評判は、ほとんどありませんが、徹底調査して、なんとか見つけたものを貼ります。

悪く言っている人の多くは、テックキャンプを受講していない人たちですね。

昔からエンジニアをしている人の中には、プログラミングは独学でできると考える人が多いです。

そのため、プログラミングスクールに数十万円も払うのはおかしいと批判的な発信をする人もいます。

良い評判は?その理由

良い評判が圧倒的に多いです。一部を貼ります。

僕もテックキャンプの卒業生ですが、テックキャンプ卒業生は前向きな方が多いというのも良い評判が多いという理由の1つだと思います。

仲間がいるので、励まし合い、頑張れたという人が多いように感じます。

テックキャンプの評判については、以前調査した記事があるので、そちらもぜひご参考ください。

テックアカデミーの「最悪・ひどい」と言われている口コミと炎上事実を調査
「テックアカデミーは最悪・ひどい」という口コミや炎上事実を調査

今回はこのような疑問を持っている人向けの記事です。 テックアカデミーは、選抜された現役エンジニアが講師を務め、オンラインでの学習に特化したプログラミングスクールです。 オンラインのプログラミング学習と ...

続きを見る

テックキャンプのメリットとデメリット

テックキャンプのメリットとデメリットを詳しく解説します。

メリットとしては、挫折しにくい環境、オリジナル教材の質、転職保証などが挙げられ、これらはプログラミング学習を効率的かつ効果的に進めるためのサポート体制が充実しています。

一方で、デメリットとしては受講料の高さ、カリキュラム外の質問対応の制限、教材の閲覧期限があります。以下で、これらのポイントを具体的に説明していきます。

メリット

テックキャンプのメリットは下記の通りです。

2-1-1. 挫折しない環境

テックキャンプの大きなメリットの一つは、「挫折しない環境」を提供していることです。プログラミング学習は未経験者にとって難易度が高く、途中で挫折する人も少なくありません。テックキャンプでは、これを防ぐために以下のような仕組みを導入しています。

  • 質問対応の充実
    毎日11~12時間の質問対応体制が整っており、わからないことやエラーに直面した際には、すぐに講師に質問して解決できます。
  • 学習仲間の存在
    未経験者同士が集まり、共に学ぶことで孤独感を感じることなく、モチベーションを維持しやすい環境が整っています。
  • ライフコーチのサポート
    専任のライフコーチが日々の学習や生活の相談に乗り、メンタル面でのサポートも充実しています。

これらのサポート体制により、学習中に感じる不安や疑問をすぐに解消できるため、挫折せずに学習を続けることができます。

2-1-2. オリジナル教材の質

テックキャンプでは、独自に開発された高品質な教材を使用しています。これにより、未経験者でもわかりやすくプログラミングを学ぶことができます。

  • まつもとゆきひろ氏監修
    Ruby言語の生みの親であるまつもとゆきひろ氏が監修しているため、最新の技術や実践的な知識が取り入れられています。
  • 実践的なカリキュラム
    カリキュラムは実務に近い内容で構成されており、学んだ知識をすぐに現場で活かせるようになっています。
  • アプリケーション開発の経験
    最終課題としてゼロからアプリケーションを構築・リリースするプロジェクトが含まれており、実践的なスキルが身につきます。

これらの要素により、受講生は実際の開発現場で必要となるスキルを効果的に習得することができます。

テックキャンプとオリジナルアプリについては下記の記事をご参考ください。

テックキャンプでオリジナルアプリは作れる?卒業生の成果物とは
テックキャンプでオリジナルアプリは作れる?卒業生の成果物とは

今回はこのような疑問を持っている人向けの記事です。 エンジニアを目指すなら、オリジナルアプリの開発は必須です。 テックキャンプは、初心者からプロフェッショナルへと成長するためのプログラムを提供し、実践 ...

続きを見る

2-1-3. 転職保証がある

テックキャンプの大きな魅力は、「転職保証」が付いていることです。これは、受講生にとって大きな安心材料となります。

  • 転職成功率99%
    テックキャンプの転職成功率は非常に高く、受講生のほとんどが希望する職に就いています。
  • 無期限の転職サポート
    プログラム修了後も、専任のキャリアアドバイザーが無期限でサポートを提供します。履歴書の添削や面接対策など、転職活動全般を支援してくれます。
  • 39歳までの転職保証
    多くのプログラミングスクールでは転職保証の対象年齢が20代までと限定されていることが多いですが、テックキャンプでは39歳まで転職保証が付いており、30代の方でも安心して利用できます。

これらの転職支援体制により、未経験からでも安心してエンジニアとしてのキャリアをスタートさせることができます。

デメリット

反対にテックキャンプのデメリットは下記の通りです。

受講料が高い

テックキャンプの受講料は他のプログラミングスクールと比較しても高額です。短期集中スタイルのオンラインコースは657,800円、通学コースは767,800円、夜間・休日スタイルのオンラインコースは877,800円、通学コースは987,800円と、選択するスタイルによって価格が変動します。

これらの料金は、他のスクールと比較しても約10万円程度高く設定されています。例えば、DMM WEBCAMPの料金は690,800円、TECH I.Sは657,800円となっています。

受講料が高いことは、多くの人にとって大きな負担となります。しかし、テックキャンプは無期限の転職サポートを提供しており、転職成功率は99%という高い実績を誇っています。そのため、受講料の高さはサービスの質とサポート体制を考慮すると、必ずしも割高とは言えないかもしれません。

お金があまりないけど、テックキャンプを受講したいという方は、下記の記事もご参考ください。

【テックキャンプ】お金がない人のお勧め受講方法とお得に安く申込む方法
【テックキャンプ】お金がない人のお勧め受講方法とお得に安く申込む方法

今回はこのような疑問を持っている人向けの記事です。 テックキャンプに興味があるけど、受講料がネックで悩んでいる方へ。本記事では、テックキャンプの料金や支払い方法、給付金制度の活用法、実質負担を減らす特 ...

続きを見る

カリキュラム外の質問があまりできない

テックキャンプでは、カリキュラムに含まれている内容に関する質問はいつでも受け付けていますが、カリキュラム外の質問には制限があります。これにより、受講生が独自に学習している内容や、カリキュラムに含まれていない技術に関する質問には対応できない場合があります。例えば、AWSやDockerなどの最新技術について学びたい場合、テックキャンプのカリキュラム外の質問には対応が難しいことがあります。

しかし、この制限は逆に、カリキュラムに含まれる内容がしっかりと学習できるように設計されていることを示しています。テックキャンプのカリキュラムは、未経験者がエンジニアとしての基礎を確実に身につけるために最適化されています。

教材の閲覧期限がある

テックキャンプでは、受講終了後に教材の閲覧期限が設けられています。以前は卒業後すぐに教材へのアクセスができなくなっていましたが、現在では卒業後1年間は教材を閲覧できるように改善されています。この期限付きのアクセスは、一部の受講生にとっては不便と感じるかもしれません。特に、実務に入ってから復習したいと考える受講生にとっては、この制限は大きなハードルとなる可能性があります。

この制限があるため、受講中にできるだけ多くの知識を吸収し、卒業後も自分で復習や学習を続けることが求められます。教材の閲覧期限を意識して学習計画を立てることで、より効果的に学習を進めることができるでしょう。

これらのデメリットは、テックキャンプの提供する高い転職成功率や質の高いサポート体制を考慮すると、ある程度は受け入れられるものと言えます。

受講料の高さについては、転職成功後の給与アップを見込むことで、長期的には十分な投資となるでしょう。また、カリキュラム外の質問対応が難しい点については、独自に学習を進める意欲がある受講生には問題とならないでしょう。

テックキャンプの転職成功率と実態

テックキャンプは多くの受講生にとってエンジニアへの転職を成功させるための有力な選択肢ですが、「転職できない」という噂も一部で存在します。ここでは、テックキャンプで転職がうまくいかない理由とその対策について詳しく解説します。転職成功のためのポイントや、具体的なサポート体制、転職保証の条件についても触れ、転職成功率を高める方法を探ります。

転職できないという噂の真相

テックキャンプは多くの受講生にとって、エンジニアへの転職を成功させるための有力な選択肢です。

しかしながら、「テックキャンプを受講しても転職できない」という噂が一部で存在します。実際のところ、この噂にはどれほどの信憑性があるのでしょうか。

以下では、テックキャンプで転職できない場合の理由と対策について詳しく解説します。

転職できない理由

  1. カリキュラムや成果物が最後まで終わらなかった
    • プログラミング学習は非常に集中的で、途中で挫折してしまう受講生もいます。特に、最終課題の提出が転職保証の条件となるため、ここを完了しないと転職保証を受けることができません。
  2. サポートを十分に活用しなかった
    • テックキャンプでは、プログラミング講師、キャリアアドバイザー、ライフコーチの3人のスタッフがサポートを提供します。これらのサポートを活用しないと、学習や転職活動が独学に近い状態となり、効率が落ちます。
  3. 転職先に過度なこだわりがあった
    • 自社開発企業にこだわりすぎると、選択肢が狭まり転職の成功率が低くなることがあります。SESや受託開発企業にも良い環境の企業は多いので、柔軟に対応することが重要です。

転職成功のためのコツ

  • 講師の学習サポートを最大限に活用する
    • わからないことがあればすぐに質問し、解決することで学習の効率を上げることができます。
  • 転職支援を活用する
    • 履歴書や職務経歴書の作成、面接対策などの支援を受け、転職活動を有利に進めましょう。
  • ライフコーチのサポートを利用する
    • 学習スケジュールの調整やモチベーション維持に役立つアドバイスを受けることができます。
  • ポートフォリオを作り込む
    • 実際のスキルを示すポートフォリオは、転職活動において非常に重要です。プロジェクトの成果物をしっかりと仕上げましょう。
  • 他の転職サイトやエージェントも併用する
    • テックキャンプ以外の転職エージェントも利用し、幅広く求人情報を収集しましょう。

テックキャンプは高い転職成功率を誇っていますが、これらのポイントを押さえて受講することで、転職成功の可能性をさらに高めることができます。

転職保証の条件

テックキャンプの転職保証は、受講後に内定が得られなかった場合に受講料を返金する制度です。この保証には以下の条件があります。

  • 指定期間内のプログラミング学習を完了
    短期集中スタイル(70日間)や夜間・休日スタイル(182日間)など、定められた期間内にカリキュラムを終了することが求められます。
  • 最終課題の提出
    カリキュラムの最終課題を基準に沿って提出し、完了する必要があります。
  • 就職活動の積極的な参加
    テックキャンプが提供する就職活動向けのセミナーに参加し、無断欠席しないことが求められます。
  • 連絡の維持
    学習受講期間およびキャリアサポート期間中に、5日以上連絡が途絶えることがないようにする必要があります。
  • 企業との面接の欠席禁止
    テックキャンプが設定した企業との面接を無断でキャンセルしないこと。
  • 提出物の期限遵守
    指定された書類を期日までに提出し、キャリアサポート開始後すぐに就職活動を開始すること。
  • 就職意思の保持
    テックキャンプが紹介する企業に対して応募し、内定提示を受けた企業には積極的に就職する意思を持つこと。

これらの条件を満たさない場合、転職保証は適用されません。

テックキャンプの転職成功率は98%と公表されていますが、この数値は所定のカリキュラムを修了し、転職活動を積極的に行った受講者を対象としています。途中で挫折した場合や、条件を満たさない場合はこの数値に含まれません。それでも、挫折率はわずか3%と低く、多くの受講者が成功を収めています。

テックキャンプの転職保証は条件が多いものの、カリキュラムを真剣に取り組むことで達成可能です。実際に転職保証を利用するケースは少なく、ほとんどの受講者がサポートを受けて転職を成功させています。転職保証の条件を細かく気にするよりも、提供されるサポートを最大限に活用し、自発的に学習と転職活動を行うことが重要です。

卒業生の転職先と成功率

テックキャンプを卒業した受講生の転職先は、主に以下の3つの業界に分かれます。(参考:テックキャンプブログ)

  • 自社開発企業(18.9%): 自社でシステムやソフトウェアを開発し、公開・販売する企業。
  • 受託開発企業(24.5%): 他社のシステムやソフトウェア開発を請け負う企業。
  • SES企業(56.6%): System Engineering Serviceの略で、他社にエンジニアとして派遣される形態の企業。

就職先の雇用形態

テックキャンプ卒業生の就職先における雇用形態は、以下の通りです。

  • 正社員(96.2%): 大多数の卒業生が正社員として採用されています。
  • 契約社員(3.8%): 一部の卒業生が契約社員として働いています。

就職先企業の一例

テックキャンプ卒業生の主な就職先企業には、以下のような企業があります。

  • 株式会社マネーフォワード
  • 株式会社ニューズピックス
  • GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
  • 株式会社リブセンス
  • 株式会社U-NEXT
  • 株式会社アイリッジ

転職成功率

テックキャンプの転職成功率は98%です。この数値は、所定のカリキュラムを修了し、転職活動を行った受講者を対象としています。実際には途中で挫折した受講者も含めると、成功率はもう少し低くなりますが、依然として80%〜90%の高い転職成功率を誇ります。

独自の見解

テックキャンプは、転職先の業界や企業のバリエーションが豊富で、特にSES企業への就職が多いことが特徴です。この点については、労働環境やキャリアパスの多様性を考慮する必要があります。しかし、正社員としての採用率が高く、転職成功率も非常に高いことから、多くの受講生が満足のいくキャリアを築いていることがわかります。テックキャンプの転職サポートを最大限に活用し、自発的に学習と転職活動に取り組むことで、高い成功率を実現できるでしょう。

テックキャンプのコース・カリキュラムの学習内容

テックキャンプには、主に「テックキャンプエンジニア転職コース」と「テックキャンププログラミング教養コース」があります。それぞれどんな内容なのかお伝えします。

テックキャンプのエンジニア転職コース

テックキャンプのエンジニア転職コースは、未経験者でも最短10週間でプロのエンジニアへと育成するための徹底したサポート体制を提供しています。このコースは以下のような特徴と内容で構成されています。

学習スタイルと料金

  1. 短期集中スタイル
    • 対象: 就業していない方
    • 期間: 約10週間
    • 料金:
      • オンラインプラン: 一括657,800円(税込)、分割月々19,600円(税込)
      • 通学プラン: 一括712,800円(税込)、分割月々21,200円(税込)
  2. 夜間・休日スタイル
    • 対象: 仕事をしながら学びたい方
    • 期間: 約6ヶ月
    • 料金:
      • オンラインプラン: 一括877,800円(税込)、分割月々43,800円(税込)
      • 通学プラン: 一括932,800円(税込)、分割月々46,600円(税込)

学習内容

  • Webサービス開発
    • 内容: HTML、CSS、JavaScript、Ruby on Rails、SQL
    • 学習時間: 120時間
  • オリジナルサービス開発
    • 内容: 自分だけのWebサービスをゼロから構築
    • 学習時間: 100時間以上
  • DXプログラミング
    • 内容: Pythonでの業務効率化(Excel操作、データ取得)
    • 学習時間: 35時間
  • AI(人工知能)入門
    • 内容: Pythonを用いたデータ分析、機械学習の基礎
    • 学習時間: 40時間
  • デザイン
    • 内容: Illustrator、Photoshopの基礎、Webデザイン
    • 学習時間: 30時間

サポート体制

  1. プログラミング講師
    • いつでも質問し放題で学習の不明点を解消
  2. ライフコーチ
    • 学習スケジュールの管理とモチベーション維持を支援
  3. キャリアアドバイザー
    • 履歴書作成、求人紹介、面接対策などの転職支援をマンツーマンで実施

給付金制度

  • 専門実践教育訓練給付制度
    • 条件を満たすことで受講料の最大70%(上限56万円)が給付金として支給されます。

返金保証

  1. 全額返金保証
    • 学習開始から14日以内であれば、全額返金可能
  2. 転職返金保証
    • 転職活動を経ても内定が得られなかった場合、受講料を全額返金

テックキャンプのエンジニア転職コースは、学習内容が実践的で、即戦力となるスキルを短期間で身につけられる点が大きな魅力です。特に、手厚いサポート体制と充実した返金保証制度により、未経験者でも安心して学べる環境が整っています。料金面では高額に感じられるかもしれませんが、受講後のキャリアや収入増を考慮すれば、十分な投資価値があると言えるでしょう。

テックキャンプのプログラミング教養コース

テックキャンプのプログラミング教養コースは、プログラミングやデザイン、AIなどの技術を幅広く学べるコースです。特に未経験者や、業務の幅を広げたいビジネスパーソンに最適な内容となっています。

学習内容

  1. Webプログラミング
    • 内容: HTML/CSS、Rubyなどを使ってゼロからWebサービスを作るスキルを習得
    • 学習時間: 120時間
  2. AIプログラミング
    • 内容: Pythonを使って人工知能のプログラムを学習
    • 学習時間: 40時間
  3. DXプログラミング
    • 内容: Pythonを使ってExcel操作や情報取得の自動化
    • 学習時間: 35時間
  4. デザイン
    • 内容: IllustratorやPhotoshopを使ったデザインの基本技術を習得
    • 学習時間: 30時間
  5. 副業スキル
    • 内容: Webサイト制作に必要な知識を学び、副業としてのスキルを習得
    • 学習時間: 25~60時間

サポート体制

  • パーソナルメンター
    • 個別面談を通じて学習計画のアドバイスや学習進捗の管理を実施
    • オンラインでの質問対応(毎日13時〜22時)
  • オリジナル教材
    • 「未経験でも一読して分かる」をコンセプトに改善を重ねた教材を使用

学習の特長

  • 柔軟な学習スタイル
    • 自分のペースで学べる月額制の料金体系(初月無料、月額14,850円)
    • 自宅やカフェなど、場所を選ばず学習可能
  • 挫折させない環境
    • メンターが常にサポートし、質問に即答
    • 個別最適化した学習プランで無理なく目標達成をサポート

テックキャンプのプログラミング教養コースは、技術習得だけでなく、キャリアアップや副業の実現を目指す方にとって非常に価値のあるコースです。実際に、多くの卒業生がキャリアの幅を広げ、収入アップを実現しています。受講料も月額制で続けやすく、初めての方でも安心して学べる環境が整っています。

テックキャンプを選ぶべきか

テックキャンプを選ぶべきか否か判断していただくために、テックキャンプが向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。これからテックキャンプでの学習を検討している方は、自分がどちらのタイプに当てはまるのか確認してみましょう。ここでは、テックキャンプの特徴と他のプログラミングスクールとの比較も行いますので、ぜひご参考ください。

テックキャンプが向いている人の特徴

テックキャンプが向いている人の特徴について具体的に解説します。テックキャンプは、特に以下のような特性を持つ人々に適しています。

  1. プログラミング未経験者:
    • テックキャンプは、プログラミングの基礎から教えるため、全くの初心者でも安心して学べます。
  2. 短期間で集中して学びたい人:
    • テックキャンプは最短10週間でエンジニアになるためのカリキュラムを提供しており、集中して短期間でスキルを習得したい人に最適です。
  3. モチベーションを自ら維持できる人:
    • 短期間での学習には高い集中力とモチベーションが必要です。自己管理ができ、目標に向かって努力できる人が向いています。
  4. 実践的なスキルを身につけたい人:
    • テックキャンプでは、実際にアプリケーションを開発するなど、実践的なスキルを重視しています。実際のプロジェクトを通じて学びたい人には最適です。
  5. サポートを活用できる人:
    • テックキャンプはプログラミング講師、キャリアアドバイザー、ライフコーチの3名体制でサポートを提供しています。これらのサポートを積極的に活用し、学習と転職活動を進められる人が向いています。
  6. 柔軟な学習スタイルを求める人:
    • オンラインと通学の両方のプランがあり、自分のライフスタイルに合わせた学習が可能です。仕事をしながら学びたい人にも対応しています。
  7. 目標を持っている人:
    • 明確な目標や作りたいサービスがあると、学習意欲がさらに高まります。具体的な目標を持ち、それに向かって努力できる人に向いています。

独自の見解: テックキャンプは、短期間で集中的に学びたい人や、未経験からプロのエンジニアを目指す人に非常に適した環境を提供しています。ただし、自己管理能力やモチベーションを維持する力が求められます。サポート体制が整っているため、サポートを積極的に活用できる人にとっては、非常に有益なプログラムです。受講料は高額ですが、その投資に見合うだけの価値を提供していると言えるでしょう。

テックキャンプが向いていない人の特徴

テックキャンプが向いていない人の特徴について具体的に説明します。

  1. 勉強時間が確保できない人:
    • テックキャンプでは、短期集中スタイルで週55時間、夜間休日スタイルでも週23時間の学習が推奨されています。この時間を確保できない人には難しいです。例えば、毎日2時間の学習時間が取れないと、進捗が遅れがちです。
  2. 現役エンジニアから直接学びたい人:
    • テックキャンプの講師は教育研修を受けているものの、現役エンジニアでない場合も多いです。実務経験豊富な現役エンジニアから学びたい場合は、他のスクールを検討した方が良いでしょう。
  3. できるだけ費用を抑えたい人:
    • テックキャンプの受講料は657,800円~932,800円と高額です。分割払いが可能であり、補助金制度を利用すれば最大70%オフになりますが、それでも費用がネックになる人には向いていません。
  4. 自分で学ぶ意欲が低い人:
    • テックキャンプはサポートが手厚い反面、受講者自身の努力が求められます。覚悟を持って学習に取り組む意欲がない人には適していません。例えば、毎日コツコツと学習を進める自制心が必要です。
  5. メンターの質を重視する人:
    • メンターの対応にはばらつきがあり、質問の返答が遅れることもあります。質の高いメンターから一貫したサポートを受けたい人には不向きです。

独自の見解

テックキャンプは確かに高額ですが、その投資に見合う価値を提供しています。しかし、時間管理が難しい人や現役エンジニアからの直接指導を望む人には合わないでしょう。また、費用対効果を最大化するためには、自ら積極的に学び、サポートを活用する姿勢が求められます。各自の学習スタイルや目標に合ったスクール選びが重要です。

向いていない人の特徴理由
勉強時間が確保できない人短期集中スタイルで週55時間、夜間休日スタイルで週23時間の学習時間が必要
現役エンジニアから直接学びたい人講師は必ずしも現役エンジニアではない
できるだけ費用を抑えたい人受講料が高額(657,800円~932,800円)
自分で学ぶ意欲が低い人学習の進捗には受講者自身の努力が必要
メンターの質を重視する人メンターの対応にばらつきがあり、質の高さが一貫していないことがある

他のプログラミングスクールとの比較

テックキャンプと他のプログラミングスクールを比較すると、それぞれの特徴やメリット・デメリットが浮かび上がります。以下に、主要なスクールの比較とともに、独自の見解を述べます。

テックキャンプの特徴

  1. 授業形態: オンラインおよび通学
  2. 学べる言語・技術: HTML、CSS、Ruby、Ruby on Rails、JavaScript、Python
  3. 学習期間: 短期集中(10週間)、夜間休日(6ヶ月)
  4. 費用: 短期集中657,800円~、夜間休日877,800円~
  5. サポート体制: 専属のプログラミング講師、ライフコーチ、キャリアアドバイザーが学習と転職をサポート
  6. 就職・転職サポート: 充実した転職サポートと保証

他のプログラミングスクールとの比較

スクール名授業形態学べる言語・技術学習期間費用(税込)サポート体制就職・転職サポート
テックキャンプオンライン・通学HTML、CSS、Ruby、JavaScript、Python10週間~6ヶ月657,800円~932,800円専属講師、ライフコーチ、キャリアアドバイザー充実したサポートと返金保証
GEEK JOBオンラインJava、Ruby、HTML、CSS、SQL2ヶ月~3ヶ月217,800円~437,800円チャット・ビデオ通話対応無料コースあり
tech boostオンライン・通学Java、PHP、Ruby、AWS、HTML、CSS3ヶ月~12ヶ月126,500円+月額料金現役エンジニアによるメンタリング専門エージェントのサポート
DMM WEBCAMPオンラインHTML、CSS、Ruby、JavaScript3ヶ月~1年690,800円~910,800円現役エンジニアによるサポート卒業生コミュニティあり
TechAcademyオンラインHTML、CSS、JavaScript、Ruby、PHP4週間~16週間547,800円毎日15~23時のチャットサポート無料転職サポート

独自の見解

テックキャンプは、手厚いサポート体制と高い費用が特徴的です。特に未経験者向けのカリキュラムが充実しており、専属のキャリアアドバイザーによる転職サポートが強力です。

しかし、他のスクールと比べて費用が高い点はデメリットと言えます。

GEEK JOBやTechAcademyなどは費用が抑えられており、短期間で学びたい人に向いています。特にGEEK JOBは無料コースも提供しているため、費用を抑えたい人には魅力的です。

テックキャンプの実際の体験談

テックキャンプを受講するか迷っている方へ、卒業生の声を集めました。

ここでは、未経験からエンジニアに転職した成功事例や自由な働き方を実現した体験談を紹介します。プログラミングの基礎から実践的なスキルまで、どのように学んでキャリアを築いたのかを具体的に解説します。テックキャンプの効果や魅力を理解し、あなたの学びの選択に役立ててください。

テックキャンプ卒業生の声

テックキャンプの卒業生の声には、未経験からの転職成功や自由な働き方の実現といった前向きな体験が多く見られます。以下に、具体的な卒業生の体験談を基に、テックキャンプの効果とその魅力を解説します。

卒業生の成功事例

  • 自由な働き方の実現
    • 野口さんは、営業職からエンジニア職に転職し、テレワークを実現しました。これにより、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能になり、「昔の自分が今の自分を見たら憧れるだろう」と語っています。
  • 複数の内定獲得
    • 柳谷さんは、テックキャンプで学んだ後、独学でスキルを高め、最終的に4社から内定を獲得しました。彼女は、メンターやチームメンバーの支えが大きかったと語っています。
  • ママとエンジニアの両立
    • 森島さんは、出産後にキャリアを見直し、テックキャンプを受講。平日夜間や休日を利用して学習し、子育てとITエンジニアの仕事を両立しています。
  • ワークライフバランスの向上
    • 青木さんは、テックキャンプを受講後、リモートワーク・フレックス制度を導入している会社に転職。家族との時間を持てるようになり、理想のワークライフバランスを実現しました。

テックキャンプの魅力

  1. 高い転職成功率
    • テックキャンプの転職成功率は98%で、3,200名以上の卒業生が転職を成功させています。
  2. 手厚いサポート体制
    • プログラミング講師、ライフコーチ、キャリアアドバイザーの3名が専属でサポートし、学習から転職活動までを支援します。
  3. 即戦力を育成するカリキュラム
    • 現場で即戦力として活躍できるスキルを養うカリキュラムが特徴です。コーディングだけでなく、チーム開発やトラブル対応も学べます。
  4. 多様な学習スタイル
    • 短期集中スタイルや夜間休日スタイルなど、自分のライフスタイルに合わせた学習方法が選べます。

独自の見解

テックキャンプの最大の強みは、未経験者でも短期間でエンジニアとして転職できる実績と、それを支える手厚いサポート体制にあります。学習期間中にしっかりとした基礎と応用力を身につけ、転職活動では専属アドバイザーのサポートを受けることで、成功率が高いのが特徴です。一方で、強い意志と継続的な努力が必要なため、自己管理能力が求められる点も考慮する必要があります。

私の体験談

私、てぃかしは、テックキャンプの10週間コースを受講しました。

当初は未経験からの挑戦に不安もありましたが、結果として多くのスキルを身につけ、エンジニアとしてのキャリアをスタートさせることができました。

ここでは、テックキャンプでのチーム開発や学習の進め方についてのお伝えします。

チーム開発プロジェクト

テックキャンプの魅力の一つは、チーム開発プロジェクトです。私たちは某フリマアプリのクローンサイトを作成しました。このプロジェクトを通じて、データベース設計、マークアップ、サーバーサイド開発など、実践的なスキルを習得しました。

  • データベース設計: チームで必要なテーブルやカラムを洗い出し、ER図を作成。
  • マークアップ: トップページやユーザー関連のページなどのビューを作成。
  • サーバーサイド: 新規登録、SNS認証、商品出品などの機能を実装。

学習の進め方

テックキャンプのカリキュラムは非常に充実しており、毎日8時間、週55時間の学習を続けました。特に、講師やライフコーチのサポートが手厚く、困ったときにはすぐに質問できる環境が整っていました。

卒業後の進路

私の卒業後の進路は以下の通りです。

  • 転職: IT企業にエンジニアとして転職。転職成功率は98%と高く、実際に私も内定を獲得できました。
  • スキルアップ: 内定後もテックキャンプのカリキュラムで継続的に学習を続け、自分のスキルをさらに高めることができました。

数値情報

  • 学習期間: 10週間
  • 学習時間: 毎日8時間、週55時間
  • 転職成功率: 98%

テックキャンプは、未経験者でもエンジニアとしてのキャリアをスタートできるプログラムです。実践的なプロジェクトと手厚いサポート体制により、効率的にスキルを習得できました。卒業後もスキルアップを続け、エンジニアとしての道を歩んでいます。

私のテックキャンプ体験談については以下の記事をご参考ください。

プログラミング
てぃかしのプログラミングスクール体験記【エンジニア転職への挑戦】

広告 僕が実際に受講したプログラミングスクールは、主にTECH CAMP(テックキャンプ)とCodeCamp(コードキャンプ)の2つです。 TECH CAMPは、オフラインで受講し、CodeCampは ...

続きを見る

テックキャンプ受講前のおすすめの行動

テックキャンプ受講を検討している方に向けて、ここでは受講前に必ず考慮すべきポイントをまとめました。

高い転職成功率を誇るテックキャンプですが、その効果を最大限に引き出すためには、事前学習や学習スタイルの選択、経済面の確認など、いくつかの重要な要素をしっかりと理解することが必要です。

テックキャンプを受講する前に考えるべきこと

テックキャンプは未経験からITエンジニアを目指すプログラミングスクールで、転職成功率98%と高い実績を誇ります。しかし、受講前にいくつかの重要なポイントを考えることが必要です。以下に具体的な考慮点を挙げます。

1. 事前学習の必要性

テックキャンプのカリキュラムは短期間で集中して行うため、難易度が高いです。事前学習をしておくことで、入学後の学習がスムーズになり、理解度が深まります。公式では「事前学習なしでも問題なく卒業できる」としていますが、以下のようなメリットがあるため、事前学習を推奨します。

  • 高度なアウトプット: 事前に知識を入れることで授業中に実践や質疑応答に時間を割けるため、より高度なアウトプットが可能になります。
  • 余裕を持った学習: 事前学習により、カリキュラムの進行に余裕を持てます。

2. 学習スタイルの選択

テックキャンプには短期集中スタイルと夜間・休日スタイルがあります。それぞれの特徴を理解し、自分の生活スタイルに合ったコースを選ぶことが重要です。

  • 短期集中スタイル: 10週間で600時間の学習を行うため、毎日8時間の学習時間が必要。仕事を辞めて集中して学びたい人向け。
  • 夜間・休日スタイル: 24週間で600時間の学習を行うため、週に23時間の学習時間を確保。仕事をしながら学びたい人向け。

3. 事前学習の方法

事前学習として、以下のようなプログラミング学習サービスを利用するのが有効です。

  • Progate: 基礎から学べるオンラインプログラミング学習サービス。
  • ドットインストール: 短い動画でプログラミングを学べるサービス。
  • 侍テラコヤ: 自主学習を支援するオンラインプログラミングスクール。

これらを利用することで、HTML、CSS、Ruby、JavaScriptなどの基礎を固めておくと良いでしょう。

4. 自己管理とモチベーション

プログラミング学習には継続的な努力が必要です。特に、事前学習は自主的に行う必要があるため、以下のポイントに注意してください。

  • 学習の目的を再確認: なぜプログラミングを学ぶのか、明確な目標を持つことがモチベーション維持に繋がります。
  • スキマ時間の活用: 日々の忙しい生活の中でも、少しずつ学習を進めることが重要です。

テックキャンプを受講する前に、事前学習をしっかりと行うことで、入学後の学習がスムーズになり、より高度なスキルを身につけることができます。また、自分に合った学習スタイルを選び、継続的な努力を怠らないことが成功の鍵となります。

無料カウンセリングの利用方法

テックキャンプでは、受講前に無料のオンラインカウンセリングを提供しています。このカウンセリングを利用することで、自分のキャリアプランやプログラミング学習の進め方について専門家からアドバイスを受けることができます。以下に、カウンセリングの利用方法と流れについて具体的に解説します。

1. カウンセリングの予約

まず、テックキャンプの公式サイトから無料カウンセリングの予約をします。予約完了後にメールが届きますので、その中のリンクをクリックして事前に提供されたサービス説明資料を確認し、カウンセリングシートを提出します。

2. 接続方法

カウンセリングはビデオ通話アプリ「Whereby」を使用します。特定のURLを開くだけでビデオ通話ができる簡単なシステムです。予約完了メールには、接続方法に関する詳細な説明が含まれていますので、事前に確認しておきましょう。

3. カウンセリングの内容

カウンセリングでは、以下の内容をカウンセラーがヒアリングします。所要時間は約40〜45分です。

  • お名前
  • 年齢
  • 住まいのエリア
  • 現在の仕事
  • テックキャンプやエンジニアに興味を持った経緯
  • 今後のキャリアプラン
  • 学習ペースの希望

カウンセリングは、キャリアに関する不安や希望を共有する場でもあります。無理な営業は行われず、あなたのキャリアに最適な選択肢をアドバイスしてくれます。

4. 当日の準備

カウンセリング当日は、以下のものを用意してください。

  • ビデオ通話ができるPCまたはスマートフォン
  • メモと筆記用具
  • 落ち着いて話せる場所(自宅や静かなカフェなど)

電波状況が良好な場所を選び、ゆっくりと話せる環境を整えることが重要です。

5. 日程変更・キャンセル

カウンセリングの日程変更やキャンセルが必要な場合は、予約完了メールに記載された専用フォームから手続きができます。15分以上遅れる場合も、事前にカウンセラーに連絡してください。

6. カウンセリング後の流れ

カウンセリング終了後は、以下のステップに進みます。

  1. エントリー(本申込み): カウンセリング後に、テックキャンプのエントリーフォームに必要事項を入力し、本申込みを行います。
  2. キックオフと受講開始: 受講開始日にはオンラインでキックオフを実施します。ここで受講スケジュールの説明やPC設定、ライフコーチとの初回面談が行われます。

テックキャンプのカウンセリングは、プログラミング学習の第一歩を踏み出すための貴重な機会です。自分のキャリアを考えるきっかけとして、ぜひ利用してみてください。

最後の決断を下すためのチェックリスト

テックキャンプを受講する前に、以下のポイントを確認することで、最終的な決断を下す際の参考にしてください。各項目をしっかりと確認し、自分に最適な学習環境とキャリアパスを選びましょう。

1. 自分のキャリア目標を明確にする

  • エンジニアとしてどのようなキャリアを目指しているか
  • 短期的な目標と長期的な目標を整理する

2. 学習スタイルの確認

  • 短期集中スタイル
    • 学習期間:10週間
    • 1日8時間、週に55時間の学習時間を確保できるか
  • 夜間・休日スタイル
    • 学習期間:6ヶ月
    • 仕事と両立しながら週に23時間の学習時間を確保できるか

3. サポート体制の確認

  • オンライン質問サポートが利用できることを確認
  • 専属トレーナーのサポートが受けられることを確認
  • 同じ目標を持つ仲間とのアウトプットの場があることを確認

4. 経済面の確認

  • 料金プラン
    • 短期集中スタイル:657,800円(税込)
    • 夜間・休日スタイル:877,800円(税込)
  • 給付金制度の適用を確認(最大70%の給付)
  • 分割払いのオプションを確認(最大48回の分割可能)

5. 無料カウンセリングの活用

  • カウンセリング予約を行い、以下の内容を相談
    • 自分がITエンジニアに向いているかどうか
    • プログラミング未経験でも学習についていけるか
    • 仕事を続けながら学習を進める方法
    • 転職サポートの具体的な内容

6. 返金保証制度の確認

  • 14日間無条件返金保証の内容を確認
  • 転職返金保証の条件を確認(転職活動の規定の遵守が必要)

7. 卒業後のキャリアパスの確認

  • 転職成功率が98%であることを確認
  • 転職以外の選択肢(フリーランス、副業)の可能性を確認

これらのチェックポイントを確認し、自分にとって最適な学習プランとサポート体制が整っているかを判断してください。テックキャンプは、未経験からのエンジニア転職を目指す多くの人に成功をもたらしていますが、自分のライフスタイルや目標に合わせた準備が重要です。

まとめ

テックキャンプを受講する前に考慮すべきことを理解し、自分に最適な学習プランを選ぶことで、エンジニアとしてのキャリアを成功させる第一歩を踏み出せます。テックキャンプは、高い転職成功率と充実したサポート体制を誇る一方で、自己管理能力や継続的な努力が求められます。

この記事で紹介したチェックリストを参考に、事前学習や無料カウンセリングの活用など、準備を怠らずに進めることで、安心して受講を開始できます。自分に合った学習スタイルを選び、目標を明確にしてテックキャンプの効果を最大限に引き出しましょう。これからのキャリアを築くために、テックキャンプでの学びをぜひ有効に活用してください。

テックキャンプの特典については、記事冒頭をご確認ください。

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

  • この記事を書いた人
てぃかし プロフィール画像

てぃかし

当ブログの運営責任者。 エンジニア、プログラマー、YouTuber、ブロガー、Webマーケター。 1987年生まれ。 滋賀県出身。 同志社大学 工学部 エネルギー機械工学科 卒業。 滋賀に18年、京都に4年、大阪に3年半、東京に7年ほど移り住む。 その後、滋賀に戻り、これまでの経験をもとにフルリモートで様々な仕事をこなしている。 経験した仕事は、数学の塾講師、マーケティングコンサルタント、エンジニア、SEOコンサルタント。個人では、ブログ運営、YouTubeの企画・撮影・動画編集を1人で行なっている。 YouTubeでは主にプログラミングスクールの体験談やエンジニア転職の方法を実体験をもとに配信することから始め、人生で役立つハウツーを発信。 blogでは、YouTubeでは話さない役立つ内容やお得情報を執筆。 プログラミングスクール「テックキャンプ」のアンバサダーに認定され、テックキャンプアンバサダーとして、テックキャンプ関連の情報発信や相談も行なっている。

-TECH CAMP(テックキャンプ), プログラミングスクール
-, ,