エンジニア エンジニア転職 就職・転職

未経験は面接すら行けない?30代プログラミング実務未経験者のエンジニア転職の追憶#3

この記事は、エンジニア転職orフリーランスを目指すプログラミング実務未経験者の追憶 #2 の続きです。

プログラミングスクール卒業後、100日間の軌跡を追憶していく第3弾です。

2020年迎えた時は、滋賀の実家に居ました。(2020年2月に振り返ったことを記事にしています。)

エンジニア転職追憶

未経験エンジニアは面接すら行けない?

東京戻り、1月は本格的に面接に力を入れていこうと思って、結構多くの企業に応募しました。

というのも、12月の最後の方に、2社ほど応募したのですが、それが落ちたのです。

「面接すらしてもらえないのか」

とちょっと焦りました。

結構、通るかなと思ってたんですけど、予想に反しましたね。

自分ではマッチしていると思っても、実際は面接に行ける確率はそう高くないということを実感しました。

一般的には、未経験エンジニアの書類通過率は20%ぐらいだそうです。

なので、今度は多めに応募してしまおうと20社ぐらい一気に応募しました。

20社応募して、それで書類通過したのが4、5社でした。やはり通過率は20%って感じでした。

逆に言うと15社ぐらいはお見送りという事で、面接すらしてもらえないという事です。

20代の時にも転職したのですけど、その時と明らかに手応えが違うなと思いました。

30代になって、しかもプログラミング実務未経験でプログラミングの開発する仕事に就こうとするのは、結構厳しいなと覚悟をしました。

Wantedly経由の面談で失敗

1月最初の転職活動。

まずは2社について面談、面接がありました。

1つはWantedlyで面談しましょうという話になったところです。

2つ目がエージェント経由で面接する事となった企業です。

どちらとも自社開発の企業でした。

とりあえず1社目、面談をしましたが、辞退することにしました。(相手からお断りって感じになっていたかもしれませんけどね。)

Wantedlyでの面談

なぜかと言うと、僕があまりいい人材ではなかったという所もあるかもしれませんが、話があまり盛り上がらなかったんですよね。

今後どのようなものをエンジニアとして作っていきたいですかという質問があったのですけど、正直な所、あまりそういうのがありませんでした。

とにかくRubyを勉強していたのでそれが活用できればいいかなと思っていまして、なのでその答えは正直用意していませんでした。

これは用意しとくべきでしたね。これからエンジニア転職する方は気をつけてください。

入社出来たとして弊社でどのように貢献してくれますか?

っていう質問もありました。

これもあまりうまく答えられなかったです。その会社のことを深く知ってなかったからです。

この会社は面談のつもりで臨みました。

なので、正直あまり調べていませんでした。わからないところは面談で質問すればいいやと思っていました。

不動産関連の会社だっていうのは、把握はしていたのですが、深い所までは分かっていなかったので、逆に質問する形になりました。

Wantedlyの面談だと思って、甘く見ていました。これは反省です。

面談だとしても、その会社のことはよく調べておくべきですね。

盛り上がったけど不採用

で、その日はもう1社面接がありました。

内容は、1時間30分で、30分会社の説明をして頂いて、1時間ぐらいは面接って形でした。

受かったら是非行きたいと思っている企業ですので、少し緊張しました。

Pythonを使っている企業との面接

感触としては、結構いい感じかなと思っていました。話して楽しかったですし、盛り上がりましたし、お呼びがかかれば行きたい所でした。

エンジニアの方と、もう1人人事の方がいらっしゃって喋りました。人事の方は気さくで喋りやすくて冗談も言う方で、結構楽しい方でした。

エンジニアの方は物静かな感じの方でしたが、結構僕的には喋りやすそうな方でした。

でも、結果は不採用でした。話ていて知識や経験が足りないと思われたようでした。

Rubyを使っている自社開発企業と面談

そして、日が変わり…

Wantedlyでコンタクトを取った企業へ面談にいきました。

自社開発のスタートアップの企業でした。

向こうからスカウトが来て知りました。

見た所、今までスクールで学んできたRubyとかを使って開発をしているとの事でした。

あとフレックスタイム制のようでした。結構融通もきくみたいで慣れればリモートワークも可能という。

働き方改革にも注力している会社という事でした。

面談は、40分ほどでした。

結果を言うと、選考には進まない事になりました。

Rubyを使っている企業との面談

ミスマッチですね。

向こうからスカウトしてきたのですけど、本当にRubyの実務経験がある人が対象という事で、そこはちゃんと見といて欲しいなと思いました。

JavaメインのSES企業と面談

そして、日が変わり…

SES企業へ面談に行きました。

Wantedlyで興味を持ったと連絡したら、返信がきた企業です。

カジュアル面談しましょうという事で面談になりました。

 

SES企業との面談

開発はJavaがメインで、ITスクールも運営しているみたいで、教育制度も結構しっかりしてるみたいです。

未経験でも、エンジニアを目指せるといった所です。

Javaメインで開発しているとの事だったのですけど、機械学習の新規事業もあるとの事でそれを勧められました。数学の教師もしていたので。

年収が皆さん一緒のスタートで、年収324万円スタートという話でした。

選考進むのなら連絡して下さいとの事なのですが、とりあえず保留って感じで進めていくことにしました。

こんな感じで、1月は5社、訪問しました。

残念なのですけど、この中ではご縁があった企業は出てこなかったです。

1月後半の話に入ろうと思いますが、続きは次回の記事で!

次回の記事はこちら↓

100日後に進路を決定する人#4
不採用の嵐!30代プログラミング実務未経験者のエンジニア転職!就活の闇と追憶#4

この記事は、未経験は面接すら行けない?30代プログラミング実務未経験者のエンジニア転職の追憶#3の続きです。 プログラミングスクール卒業後、100日間の軌跡を追憶していく第3弾です。 2020年1月後 ...

続きを見る

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, エンジニア転職, 就職・転職
-, , , , , , , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5