エンジニア エンジニア転職 就職・転職

不採用の嵐!30代プログラミング実務未経験者のエンジニア転職!就活の闇と追憶#4

エンジニア転職不採用の嵐

この記事は、未経験は面接すら行けない?30代プログラミング実務未経験者のエンジニア転職の追憶#3の続きです。

プログラミングスクール卒業後、100日間の軌跡を追憶していく第3弾です。

2020年1月後半は面接の数で言うと、一番多かった時期ですね。(2020年2月に振り返ったことを記事にしています。)

エンジニア転職追憶4

不採用通知の連続

1月前半で応募した企業の不採用通知も連続して届いていたので、気分的には

「俺大丈夫?」

みたいな感じになってました。

結構ネガティブになる時期もありました。

そういうネガティブな気持ちで面接に臨むという、嫌な感じでしたね。

新宿のSES企業に面接

2020年1月17日。僕は新宿にいました。

その日は、いろんな事業をやっている会社の一次面接でした。

「いろんな事業」といっても、SESとか、SI事業とか、ITS事業とか色々やってて、結局何やってるか、よくわからん会社ででした。

面接は色々なことを聞かれ、結構、緊張しました。

エンジニア面接

あまり今まで聞かれたことがない、「辞めた理由」も直球で質問されて、ちょっと面食らいました。

Javaをメインに開発を行っているということでした。

Javaの案件が7割。

やっぱり受けてるとJavaの案件を扱ってる会社って結構多いですね。

あと .NET とか C# とかそういった案件も多いようでした。

「若い人に優ってる部分はどういうところですか?」

って質問があったのですが、これがちょっと答えにくかったです。

想定してなかったので、「うーん」って考えてしまったのですが、

「やっぱり社会人経験が若い人より長いので、コミュニケーション能力は優ってると思います」

という感じ答えておきました。

そういう質問もあるので、面接受ける方でアラサー以上の人は対策しておくといいと思います。

この企業の結果は不採用でした。

理由は、「より条件に合致する候補者が他にいたため」ということでした。(年齢、実務経験なしなのがネックだったようです)

AI事業を展開している会社の面接

そして日が変わり、1月18日。

僕は新横浜にいました。

この日はセンター試験の日だったんですけど、結構混んでました。

この日、面接に行ったのは、AI分野の企業でした。

募集内容を見ると数学の知識が活かせるようだったので、アピールができそうだと思いました。

数学の講師してましたから、その辺とかアピールできるかなと思っていました。

面接は、終始穏やかでしたね。

AI事業を展開している企業との面接

面接官は一人で対応いただいて、40代くらいの方でした。結構喋りやすい方、かつ、結構優しそうな方でしたね。

AI分野の事業をされているということだったので、Pythonを使っているのかと思いましたが、C言語がメインとのことでした。

あとJavaも使っているようでした。

Ruby、Pythonあたりを使っていきたいと思っていたので、その点は悩みどころですね。

でも雰囲気はすごいいいなと思いましたね。

やっていることも結構今風。

AIの分野なので、これから伸びてくると思いました。

この企業の結果は、一次面接通過

人柄を特に評価いただけたようでした。

Javaメインのシステムインデグレーション企業との面接

そして、日が変わり、1月20日。

この日、僕は秋葉原にいました。

システムインテグレーションの事業をしている会社との面接でした。

いろんなシステムを扱ってて、フロントやサーバサイドなど、ビッグデータの解析も事業としてやっているようです。

使う言語としてはJavaみたいなんですけど、Rubyが使える人も歓迎しているようでした。

面接は、50分くらいでした。

最初10分くらいアンケート用紙を書いて、それをもとに面接をするっていう感じでした。

僕的には話しやすかったです。

案の定、Javaをメインに開発しているということでしたが、RubyやPythonも今後、開発の分野を広げていきたいということだったので結構良いなと思いました。

秋葉原の面接

新しいことにチャレンジしていく会社ってすごいいいなと思います。

この企業の結果は、不採用でした。理由は、より条件に合致する候補者が他にいたからということと、スキルと希望給与が合わないと判断したとのことでした。(希望としては450万円ほどを伝えていましたが、350万円が限界のようでした。)

数学のスキルが生かせる仕事がある企業との面接

同じく、1月20日、午後。

僕は、新宿三丁目にいました。

AI分野の会社の面接でした。大学の数学のスキルを活かせるということで、応募をしてみました。

配属先がAIのニューラルネットワーク課というところで、人数は少なめ、3人とのことでした。

経験豊富な本部長がいる環境なので、学べることも多いなと感じました。

面接は、時間としては1時間くらいでした。

アンケート用紙を書く時間が10分〜15分くらいありました。

反省点は特にないです。結構楽しく喋れました。

数学のスキルを全面的にアピールしました。

AI企業面接

感触もいい感じではあったんですけど、研究開発をしていくようでした。

研究開発に行くのはどうなのかと悩みましたね。

面白そうだったんですけど、エンジニアとして個人で生きていきたいと思っている僕としては

「これってどうなん?」

って思いました。

この企業は、一次面接通過しました。今までの経験(数学の知見など)を特に評価いただけたようでした。

ビッグデータ分析を行っている会社との面接

日が変わり、1月23日。

この日、面接に行った会社は、ビッグデータの分析の仕事ができる会社でした。

ビッグデータ関係の仕事ができる企業の面接

リクルートエージェント経由だったんですが、あちらからオファーがありました。

面接確約のオファーでした。

僕が面接に行きたいって言えば必ず面接対応してくれるっていうところだったんですけど、大体1時間くらい喋りましたね。

面接してくれた人が結構喋る人で、その会社のこととか仕組みとか考えてることとか結構話してくれました。

話しすぎじゃない?っていう感じでもあったんですけど、内容としては個人的にちょっと微妙でした。

最初、エンジニアの方、二人と面接をさせていただきました。

最後に採用担当の女性一人と喋ることになったんですが、その人との会話に違和感を感じました。

何か聞きそびれた事ないですか?

って聞かれたので、副業に関して聞いてみました。

ブログ運営のことを話すと、

「え、それはどいういう事ですか。取材活動ですか?それは社内で審査が必要です」

とか、なぜか口調が喧嘩越しでした。

そんな悪いこと言ったかなと思いました。

その辺の対応が疑問だったので個人的には微妙な印象でした。

受かっても行かなそうだなと思っていたところに、不採用通知が来ました。理由は企業側の組織構成上、ポジションが合わなかったため、という話でした。

データドリブンマーケティングを行っている企業との面接

日が変わり、1月27日。

この日は有楽町で面接でした。

データドリブンマーケティングという事業をしている会社です。

データサイエンティスト、データエンジニアとか呼ばれたりしてますね。

AIに関する職種です。この時期、AI業界が気になってきてたので、結構応募していました。

面接は、時間としては1時間弱でした。

喋れた方だと思います。

データドリブンマーケティング

技術的な質問とかはあんまりなくて、今までの転職理由の話や志望同期の話などを深く突っ込まれましたね。

その辺は、常に考えてる事なので話せました。

しかし、この企業の結果は、不採用でした。理由は「より条件に合致する候補者が他にいたため」でした。

スマホアプリを開発している企業との面接

日が変わり、1月28日。

この日は渋谷で面接でした。

午前中の面接でしたが、やっぱり朝は辛いですね。

今日行ってきた会社は、スマホアプリをメインに開発している会社でした。

スマホアプリを開発している会社

使っている言語はKotolinだとか、PHPだとか、Javaとかそういったところですね。

話していて、二人いらっしゃったんですけど、いい方でしたね。喋りやすかったです。

僕がやっていること(ブログ運営など)を聞いてくれて、そういったことも受け入れてくれて、良さそうな人だったなと思いました。

あとはいろんなことが経験できるところだなと思いましたね。

スマホアプリがメインなんですけど、新しい分野、データ分析だとかAIだとかそういった分野も事業としてやっていきたいとのことでした。

入社したらいろんなことができる会社なのかなと思いました。

しかし、この企業の結果は、不採用でした。理由は、活躍いただける場を提供することが難しいとのことでした。

AI事業を展開している企業との2次面接

そして日が変わり、1月31日。

この日は新横浜にいました。

以前、新横浜行きましたけど、それの2次面接です。AI分野の会社ですね。

1次選考の時にAI分野の知識が心配だということでした。

2次先行では、それをどうキャッチアップするかということを聞かれるということでした。事前にエージェントから教えてもらえました。

面接は、社長の方が対応してくださったのですが、沈黙が多かったですね。

僕の職務経歴書を見つめて、うーん、と考え込む場面が多かったです。

スキルに関してちょっと厳しい部分があるというふうに思ってらっしゃいました。でもすごく真剣に考えてくださっていました。

AIエンジニア募集の企業

しかし、結果は、不採用でした。理由は「今までの経験とスキルが企業の求めるものと若干異なったことと、用意できるポジションが現状見つからなかった」とのことでした。

1月の転職活動の感想

こんな感じで、1月後半は受けるところを変えて、AIを事業としている会社に応募したりもしました。

今まではRubyやPHPなどを使った開発経験が積めるところがいいなと思って応募していたんですけど、AIの分野も結構興味が出てきたので、そちらに関しての企業も結構応募したという感じですね。

面接も行くことになって、特にデータ分析はプライベートでも分析したりできそうなんで、すごく面白そうだなというのはありました。

昔から、何かを分析するは結構好きなんですよね。

AIの分野はPythonを使うことが多いんですよね。

Pythonは結構人気な言語でこれから伸びてくると個人的に予想してるので、Pythonを使っての開発とか分析とかは興味があります。

そういったところも応募していたという感じですね。

という感じで、1月は内定0という結果でした。

12月は内定1件という感じだったんですけど、1月は内定0ということで、この結果はやべえなと思いましたね。

30代プログラミング実務未経験転職はやべえです。

ちなみに同期のスクール卒業生30代の知り合いは、僕の2倍近く応募して、この時点で内定0と言っていました。

やはり、一般的に実務未経験の30代のエンジニア転職は難易度が高いようです。

条件にこだわらず、どこでも良いならすぐ決まるんですけどね。20代の卒業生は比較的多く内定が出ているようです。

で、2月の話に入っていきたいと思いますが、続きは次回の記事で!

次回の記事はこちら↓

30代エンジニア転職活動軌跡
採用決定?30代プログラミング実務未経験者のエンジニア転職!就活の希望と追憶!年収は…#5

この記事は、僕のエンジニア転職の追憶、第5弾です。 前回の記事は下記の記事をご覧ください。 目次1 〜前回までのあらすじ〜2 エンジニア転職で不採用の多い理由3 AI分野でデータ分析を行っている企業と ...

続きを見る

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, エンジニア転職, 就職・転職
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5