エンジニア エンジニア転職 就職・転職

エンジニア転職・就職で選んではいけないブラック企業の特徴10選とホワイト企業の特徴

 

選んではいけない会社どうも!プログラミング実務未経験でエンジニア転職をしたことのある、 てぃかし です。

今回は、「未経験のエンジニア転職で絶対に選んではいけない会社あるある」について書いていきます。

このテーマは、YouTubeやブログなどで多く取り上げられていて、もちろん、僕もこの記事を書く前に色々調べさせて頂きました。一通り見ました。

見ていると、「これちょっと足りないな」とか「これは少し違うぞ」って思うところもあったので、

それらを「あるある」としてまとめて、それにプラスして、僕の実体験をもとにして、

「ここは選んではいけない会社」

があるので、それらを合わせて10個用意しました。

最後に、

「こういう会社だったらエンジニアにとっていいですよ」

というポイントもありますので、それについてもお伝えします。

未経験エンジニアの会社選びのポイント

選んではいけない会社あるあるある10個書いていきますが、その前に、未経験のエンジニアの人が会社を選ぶポイントについて書いておきたいと思います。

最も重要なのは「成長ができる」というところです。

他には

  • 自宅で勉強できる
  • 時間もそこそこある
  • 給料もそこそこある

というポイントが重要です。

本当にシンプルで、成長ができる環境に加えて、この3つがあればOKです。

年収に関して、未経験のエンジニアの相場は300万円程度です。

なので、それぐらいあれば OKです。

もうちょっと上を狙えたら、ラッキーという感じです。

やはり一番大事なのは、成長できるかどうかなんです。

収入面は、成長をしてから上を目指せばいいのです。

このポイントを押さえて、選んではいけない会社あるある10個、書いていきたいと思います。

選んではいけない会社① コードを全く書かない

1つ目は、コードをまったく書かない。

エンジニアの最初のキャリアでコードが全く書けないというのはすごく危険です。

エンジニアを1年、2年、3年とやって、コードを書き続けて、そこからプロジェクトマネージャーになって、コードを書かなくなったというのは全然ありえるのですが、最初からコードを書かないのは、成長できない可能性が非常に高いです。

なので面接ではコードをちゃんと書かせてもらえるかは強調して確認した方がいいです。

選んではいけない会社② 完全未経験なのに年収が高すぎる

年収が高すぎる

2つ目は、完全未経験なのに年収が高すぎる。

最初にも書きましたが、未経験のエンジニアの年収はだいたい300万円程度です。

それと比べてめっちゃ高い年収を提示されたら、それはちょっと怪しんだ方がいいです。

具体的に言うと500万円以上。

500万円以上を提示されたらちょっと怪しいなと思ってください。

そういった高い年収を提示してくるということは、未経験のエンジニアができる業務をやらせてもらうんじゃなくて、人がやりたくないような仕事をやらされる可能性があります。

例えば、サーバールームに引きこもってずっと仕事をするとか、家電量販店で営業をするとか。

こういった仕事は別に悪い仕事ではないんですけど、手を動かすエンジニアを経験したい方にとっては、結構つらい仕事内容だと思うんです。

エンジニアになりたいと思うことは、やっぱりエンジニアとして成長したいっていう人がほとんどだと思うんです。

そういった仕事だと全然成長ができないです。

年収はそこそこ高いんだけど、その先がないとエンジニアとしての未来が潰されるということになるので、

そういった仕事ってエンジニアはやらないほうがいいんです。

なので、年収をあまりにも高く提示された時は怪しんで、仕事内容がどんなものかということを確認した方がいいです。

選んではいけない会社③ サービスの一部分しか関われない業務内容

3つ目は、サービスの一部分しか関われない業務内容であること。

これは結構あるあるなんですけど、個人的にはどっちでもいいのかなと思います。

サービスの一部分しか関われなくても良いし、サービス全体、フロントもサーバーサイドもまんべんなく関わっても良いと思います。

どっちでもいいと思います。

なぜかというと、エンジニアの最初のステップとしては一部分しか携われなくてもいいと思うからです。

そこを完璧にこなして業務範囲をどんどん広げていけばいいと思います。

最初からサービス全体に関わることは出来なくてもいいと個人的に思います。

でもエンジニアを目指す方は、サービス全体に関わりたい人が多かったりするので、全体を見ながら業務を担当したいということであれば、社員数が多いところは避けた方がいいと思います。

やっぱり社員数が多いと、それだけ分業制になるので仕事内容が一部分になってしまいます。

なので、サービス全体もフロントもサーバーサイドも全体を通して関わっていきたい人は、社員数が少ない会社がいいと思います。

具体的には、100人以下。それぐらいのところがいいのかなと思います。

選んではいけない会社④ 未経験可なのに研修制度がない

4つ目は、未経験可なのに研修制度がない、もしくは研修制度が整っていないこと。

求人票に「未経験可」とて書いてあるところは多いんですけど、研修制度がない。

そういったところはエンジニアを大切にしていないという可能性がありますので気を付けた方がいいです。

でも、研修制度がなかったとしてもメンター制度のようなものがあれば OKだと思います。

選んではいけない会社⑤ 求人票に「未経験大歓迎」と書いてある

未経験歓迎

5つ目は、求人票に「未経験大歓迎」と書いてあること。

未経験可であることを全面的に押し出しているという会社ですね。

こういった会社は危険です。誰でもいいから早く人を集めたいという会社ほど、未経験可と掲載しています。

実はエンジニアの仕事はあまりなくて、エンジニアじゃなくてもできる仕事が他にいっぱいあって、そこに人を回したいから、そういった未経験可というのを全面的に押し出して集客をしているというパターンがあります。

そういった会社に騙されないように気をつけましょう。

選んではいけない会社⑥ レガシーな技術を使っている

6つ目は、レガシーな技術や独自のツールを使っていること。

これはもうまさに僕がハマっていたことです。

開発は出来ていたんですけど、独自のツールがすごい特殊なものを使って開発をするという会社だったんです。

その技術は、他の会社に行ったら全然通用しないということになりますので、考え方は少しは役に立つかもしれないんですけど、その技術自体は全然役に立たないということだったので、僕はそれに危険を感じて転職をしたんです。

そういった会社は自分の将来が危険になるということもありますのでやめておいたほうがよいということです。

選んではいけない会社⑦ エンジニアの割合が極端に少ない

7つ目は、エンジニアの割合が極端に少ないこと。

割合が少ないとなぜダメかと言うと、会社の中でエンジニアの影響力が小さい傾向にあるからです。

エンジニアの割合が多いと、それだけエンジニアの意見が採用されやすいので、エンジニアにとって働きやすい環境であることが多いです。

なので、エンジニアの割合が多いところをできるだけ受けるようにしましょう。

選んではいけない会社⑧ リモートワークができない環境

リモートワークができない環境

8つ目は、リモートワークができない環境であること。

最近は、コロナウイルスの影響でリモートワークが推奨されています。

にもかかわらず、リモートワークを推奨していない会社は結構危ないんじゃないかと思います。

しかも特別な理由もないのに常駐をさせている会社はやめておいたほうがいいです。

もちろん、未経験の間は常駐して先輩や上司に直接教わったほうがいいんですけど、半年とか1年も経っているのに全然リモートできる環境にないという会社は、制度も文化も結構古いと思いますので、そういった会社はできるだけ選ばない方がいいです。

選んではいけない会社⑨ プライム案件が全くない

9つ目は、プライム案件が全くない。

プライム案件とは顧客と直接契約を交わした案件のことです。

プライム案件を獲得できれば企業に入るお金はそれだけ多くなります。

なので、プライム案件を持っている会社は余裕がある、労働環境が良い傾向にあります。

逆にプライム案件がない会社は、労働環境が悪い傾向にあります。

残業も長かったりしますので、このプライム案件があるかないかというのは一つの会社選びの目安になると思います。

選んではいけない会社⑩ ブラックSES

10個目は、ブラックSES。

SES自体ブラックだと噂されますが、良いSESもあります。

一方で悪いSESですもあります。

ブラックSESのよくあるパターンとしては、開発経験が積めない現場に送り込まれるというパターンです。

とりあえず送り込まれて、雑用業務をさせられて全然開発経験を積めない…これってエンジニアとっては最悪です。

なので、こういったブラックなSESにはまらないように気をつけましょう。

10個話していきましたけど、これらはエンジニアにとって選んではいけない会社、ブラックな企業というところです。

一般的なブラック企業の見分け方というのは過去の記事で紹介しているので興味のある方はそちらの方も見てください。

ブラック企業の特徴(入社前)
【体験談あり】入社前に見抜け!ブラック企業の特徴10選と転職してはいけない会社の求人票の見分け方

てぃかしです。 今回はブラック企業の特徴について書いていきたいと思います。 僕自身、転職経験したり、ブラック企業と言われるようなところで働いた経験もありまして、その経験を生かし、今回ブラック企業の特徴 ...

続きを見る

ブラック企業を入社後に見抜く
入社後にチェック!ブラック企業の特徴10選〜エンジニアにとってブラック企業とは?〜

どうも、ブラック企業のような会社で働いた経験のある、てぃかし です。 前回は「ブラック企業を入社前に見抜くための特徴を10個」について書きましたが、今回は「入社後に分かるブラック企業の特徴10個」につ ...

続きを見る

エンジニアにとって良い会社(ホワイト企業の特徴)

必須ではないけどエンジニアにとって良い会社であるポイントを上げていきたいと思います。

書籍購入費用を負担してくれる

1つ目が、書籍購入費を負担してくれること。

試験料も負担してくれたり、そのような会社はエンジニアのキャリアをしっかりと考えてくれる会社だと思いますので良い会社だと思います。

技術を発信するメディアを持っている

2つ目が、技術を発信するブログやSNSがあること。

こういった会社は技術に貪欲な人がいる環境だと思います。そのような環境にいると成長する可能性はすごく高いと思います。

ちなみに技術を発信するブログやSNSがある会社はLINE、メルカリ、DeNA、GREE、などこういった会社があります。

CTOがいる

3つ目が、CTOがいること。

CTOは「最高技術責任者」の意味です。エンジニアのトップです。

CTOがいる会社はなぜいいかというと、エンジニアの意見が反映されやすい会社であることが多いからです。

CTOがいる会社はエンジニアにとって働きやすい会社である可能性が非常に高いです。

エンジニア系のイベントを主催している

エンジニア系のイベントを主催している会社は人材や技術を大切にしている会社ですので、エンジニアにとってすごく成長できる環境だと思います。

ということで、

今回はエンジニア転職で選んではいけない会社あるある10個と必須ではないけどエンジニアにとって良い会社のポイント4つを話していきました。

エンジニア転職しようと思っている方はぜひ参考にしてください。

未経験からエンジニア転職を目指している方は、無料のメール講座を用意しております。

こちらでも有益な情報を配信していますので、興味のある方は是非登録しておいてください。

未経験からのエンジニア転職無料メール講座はコチラ

<動画版>

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, エンジニア転職, 就職・転職
-, , , , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5