エンジニア エンジニア転職 就職・転職

「未経験のエンジニア転職はオワコン!」と思われる理由あるある5選

エンジニア転職オワコン

現役エンジニアのてぃかしです。

今回は「エンジニア転職するのはもうオワコン」という説について書いていきます。

なぜこのテーマについて書こうかと思ったかというと、YouTube や SNS を見ていると、エンジニア転職をお勧めする人が結構います。

「エンジニア転職で内定5つ獲得しました」

「エンジニア転職3年後、年収1000万円突破しました」

こんな感じで、すごくポジティブな意見とか報告をしてる人がいるんですけど、その一方で

「エンジニア転職はお勧めしません」

「エンジニア転職はもうオワコンです」

と発言する人もいます。

今回はそういったネガティブな意見に注目して、僕の見解を書いていきます。

題して

「エンジニア転職おすすめしませんと言っている人の意見あるある5選」

それではどうぞ!

エンジニアオワコン説① エンジニア転職してお金を稼ぐのは効率が悪い

まず1つ目。

「エンジニア転職してエンジニアとしてキャリアを積むのはお金を稼ぐという意味で効率が悪い」

という意見です。

これは一理あると思います。

すぐに起業したり、すぐにフリーランスとして活躍できる人と比べると、エンジニア転職をするのは効率が悪いように思えます。

なぜかと言うと独立すると青天井に稼ぐことが可能になるからです。

エンジニア転職をすると、サラリーマンですから上限があります。

収入の上限はだいたい1,000万円〜1200万円ぐらいです。

頑張ってエンジニア転職をして、日々勉強して、何年かしてやっと年収1000万。それって効率悪いんじゃないの?という意見です。

気持ちは分かります。

ですが、みんながみんな起業したり、フリーランスになるということはできないんです。

起業やフリーランスになるなら、一人で行動を起こしていかなければいけない。

それって結構難易度が高いんです。

日本ではそういう働き方はまだ少数派です。

将来はフリーランスの人も増えてくるとは思うんですけど、まだまだ現状は少数派です。

事例も少ないし、再現性という点では不確かな部分が多いです。

なので「起業とかフリーランスの方が稼げるから、エンジニア転職はおすすめしません」というのはちょっと違うかなと思います。

多くのエンジニア志望の方は、まず転職するのが無難です。

ただ可能であれば転職せずに、起業やフリーランスをするのもあり。という感じです。

エンジニアオワコン説② エンジニアは勉強し続けなければいけない

エンジニア勉強

続いて2つ目。

「エンジニアは勉強し続けなければいけない」

これも一理あります。

でも、ある程度、収入が高い職種なら、どの職種でも勉強し続けなければいけません。

低賃金の仕事なら、勉強しなくてもいい職種もあるとは思います。単純作業とか。

エンジニアに関しては、確かに他の職種と比べると勉強量は多くなります。

技術は日々進化しますし、それを追いかけていかなければいけないので、日々勉強することは必要です。

勉強しなくてもいいパターンとして挙げられる例としては、起業して社長になって、自分がいなくても回せる仕組みを作るとか。

特殊な行動をしたらほぼ勉強しなくても稼げる状態というのは作り出せます。

もしくは普遍的な技術や知恵をコンテンツ化して、それを自動で販売するという方法もあります。

そうすることによって、あまり自分は頭を使わずに勉強もせずに、稼ぐことは可能といえば可能です。

でもそれは先ほども言いましたが、出来る人というのは限られてきます。

みんながみんな、それができるわけではありません。

確かにやろうと思ったらみんな可能なんですけど、実際にそれが成功する人は一握りなんです。

何より勉強しなくてもいいというのは、結構つまらないです。

僕は半年間ニートをしていたことがあります。ゲームしたり映画見たり、遊んでいる時期がありましたが、途中で飽きてきます。

何か勉強したい、何かを調べてみたいという気持ちが必ず出てきます。

なので勉強しなくていいという人生は、すごく面白くないと思います。

なので「勉強し続けなければいけないからエンジニアはやめとこう」という考えはやめておいた方がいいと思います。

エンジニアオワコン説③ エンジニア業界の人は恐い

続いて3つ目。

「エンジニア業界の人は恐い」

これはまったくないと思います。

どの業界も恐い人はいるし、特にエンジニア業界に恐い人がいるというわけではありません。

これについては以上です。

エンジニアオワコン説④ NoCodeが発展してエンジニアが不要になる

続いて4つ目。

「NoCodeが発展してエンジニアが不要になる。もしくはレベルの高いエンジニアしかいらなくなる」

これは過去の記事でも述べていますが、エンジニアはNoCodeでは淘汰はされません。

その理由としては、

  • NoCode自体の開発をするエンジニアが必要になってくる。
  • NoCodeで作ったサービスをNoCodeなしのプログラムに置き換えるという人も必要。
  • NoCode自体にも課題がまだまだある。

それが改善される可能性もありますけど、エンジニアの需要は減る可能性はあっても、0になることはないかなと思います。

それが心配なら、データベースの設計などがおすすめです。

そのような上流な仕事はNoCodeで置き換えるのが難しいので、上流を担当するエンジニアを目指すのはいいと思います。

あと、ハイレベルな人材しか必要なくなるという話なんですが、確かにハイレベルな技術は今後もっと求められます。

でもそれは今も変わりません。

エンジニアが不足していると言っても、経験のあるエンジニアが不足しているのです。

未経験のエンジニアの需要は、実はあまりないのです。

経験のあるエンジニアが採れないから、仕方なく未経験を採用するという感じです。

だからレベルが高いことを求められるのは、今も未来も変わらないということです。

何も考えずに作業するだけのエンジニアは、確かにオワコンだと思います。

レベルの高い人材が必要といっても、みんな最初はレベルが低いのです。

そこからレベルが上がっていって、ハイレベルな人材になるわけです。

なるなら早いうちにエンジニアになりましょう。

NoCode
エンジニアが消えるか?NoCodeまとめて紹介!Bubbleに登録して使ってみた!〜ノーコードとローコードの違い〜

てぃかしです。 今回はNoCodeについて書いていきたいと思います。 YouTubeを見ていると、最近NoCodeについてYouTubeで話をしている人って多くないですか? 僕もそのNoCodeの動画 ...

続きを見る

エンジニアオワコン説⑤ エンジニア市場に活気を感じない

エンジニアブームが去る

最後、5つ目。

「エンジニア市場に最近活気を感じない」

エンジニア転職しましょうって、結構ブームになっていると思うんです。

このブームは2018年頃からだと思います。

プログラミングスクールが増えてきたり、マコなり社長が出てきてエンジニアブームが始まったと思います。

ただ2020年〜2021年はコロナの影響もあると思うんですけど、エンジニア転職しようという人が結構減ってきてるなと感じます。

それはスクールやオンラインサロンを運営している人も結構感じているところです。

だからブームは去ったんだろうな、という風に思います。

ブームは去ったんだけど、これでオワコンというわけではないと思います。

ただブームが去っただけで、ブーム前の需要はずっと続くと思います。

ブームが下がってきる状態だから、オワコンだと思ってる人がいるだけで、以前の状態に戻るだけだと思います。

オワコンというのは勘違いなのかなという風に思います。

まとめ

以上、5つ書きましたが、僕が伝えたいのは、ブームとか、インフルエンサーが言うことに振り回されないでおきましょう、ということです。

大事なのは自分が何をしたいのか、何ができるのかということをしっかり考えて、行動するということです。

その上でエンジニア転職をするのか、しないのか、を決める。

もちろん、エンジニア転職をした方がいい人もいるし、せずに何か違うことをした方がいい人もいます。

いろんな人がいて世の中が回っていると思います。

僕はそういった、色んな価値観を尊重していきたいと思っています。

エンジニア転職を目指している人は、本ブログの他の記事もぜひ参考にしていただきたいと思います。

最近、エンジニア転職を目指している方のメルマガもはじめましたので、興味のある方はぜひチェックしてください。

未経験エンジニア転職無料メール講座はコチラ

<動画版>

※本記事は2021年2月に上記動画にて話した内容をもとに作成しています。

YouTubeでも役立つ情報を配信しています!

ボタンをクリックしてチャンネル登録お願いします!

-エンジニア, エンジニア転職, 就職・転職
-, , , ,

© 2021 てぃかしのブログ Powered by AFFINGER5